教室登録する

和の習い事 江戸つまみ細工 『夏花 半くす』応用講座

つまみ細工といえば、舞子さんの花かんざしなどが代表的なものですが、当講座では古典的なかんざしから現代の暮らしに合ったアレンジ作品を作っていきます。

★8月4日(日)13:00~
『夏花 半くす』

つまみ細工の基本、丸つまみでこんもりとした半円の花を作ります。
こちらの素材も縮緬で約10色の中から選んでいただきます。

早く終わられた方は葉を作っていただきます。
土台はおちりん(かんざしの土台)かかんざし(パーツに取り付けるだけです)が選べます。
おちりんを使ったかんざしの組み上げ(仕上げ)は9月1日になります。

こちらの講座は残り3名様になりました。

★作品の大きさ
(W) 6x (D) 6x (H) 4 ㎝ぐらい
(大きさは個人差があります)

★難易度
★★★☆☆ 少し難しい  作ることが好きな方にお勧めです。
(初めての方でも受講できます)

★学べること
半くすの土台
糊のひき方
丸つまみ
パーツの取り付け
江戸の雑学・植物の話(進捗により省く場合があります)

当日の流れ・雰囲気

1: 色選び。

作りやすい一越縮緬を約10色揃えました
2: 土台を作る

丸つまみを重ね花を作る
3: パーツを取り付ける

おちりん(かんざしの土台)
クリップピン
から選べます

必要な持ち物

ハンドタオル(濡らしてよいもの)
濡れたハンドタオルを入れる袋
作品を持ち帰る為の箱や袋 (作品の大きさは(W) 6x (D) 6x (H) 4 ㎝ぐらいぐらい
時間の都合上、のりが乾く前にお持ち帰り頂いております。
道具はこちらで用意します。 ご購入をご希望の方はお知らせください。

料金に含まれるもの

教室使用料
道具レンタル料
材料費

予約の受付とキャンセルについて

予約受付期限: 2019-08-03 15:00まで

キャンセルポリシー: 2019-08-03 15:00以降、100%のキャンセル料がかかります

支払い方法

予約時にクレジットカードでお支払い

このワークショップの先生

風来

江戸好きが高じ、江戸明治期のちりめん細工、つまみ細工に出会い先達に教えを請う。
2016年銀座教室、よみうりカルチャー(恵比寿、川口)を開講。
アトレやイクスピアリなどの商業施設でのイベントも行っています。
2018年には東急ハンズの年賀状デサインコンペで大賞を受賞。

コマーシャルを中心としたスタイリストの前職を生かして、江戸の手作りを取り入れた
ライフスタイルを提案しています。

この教室の他のワークショップ

同じカテゴリーのワークショップ

同じエリアのワークショップ

おすすめのワークショップ