和の習い事 江戸つまみ細工 応用編

つまみ細工といえば、舞子さんの花かんざしなどが代表的なものですが、当講座では古典的なかんざしから現代の暮らしに合ったアレンジ作品を作っていきます。

★6月2日(日)10:00~
『朝顔のフォトスタンド』

軽やかな正絹羽二重で朝顔をつまみます。
色は紫、水色、ピンクの3色からお選びいただけます。
竹垣を作ったり、蔓をまいたりと工作気分で楽しんでください。
朝顔は昔ながらのでんぷん糊を使い、つまみ細工の基本丸つまみの応用で作ります。
最後に花弁にペイントして出来上がり。
涼しげな朝顔のフォトスタンドにお気に入りの写真やCDを飾りましょう。

おまけの雑学は『江戸の朝顔』
朝顔は浮世絵にもよく登場する江戸っ子の好きな花の一つ。
蒸し暑い夏を涼しく過ごすアイテムでした。
そんな朝顔の雑学を時間が許す限りお話しいたします。

★作品の大きさ
(W) 10 x (D) 8 x (H) 4 ㎝ぐらい
(大きさは個人差があります)
はがきサイズの写真、CDなどが飾れます;

★難易度
★★★☆☆ 少し難しい  作ることが好きな方にお勧めです。
(初めての方でも受講できます)

★学べること
裏つまみ(丸つまみ)
つぼみの作り方
竹垣の作り方
江戸の雑学・植物の話(進捗により省く場合があります)

当日の流れ・雰囲気

1: 色選び。
2: 丸つまみで花を作る。

つぼみ、葉、つるをつくる。
竹垣をつくる。

朝顔にペイントする
3: パーツを組み立てる。

残りの時間は乾燥とお茶をします。

質問の時間は特に取っていません。
その都度、お尋ねください。

必要な持ち物

ハンドタオル(濡らしてよいもの)
濡れたハンドタオルを入れる袋
作品を持ち帰る為の箱や袋 (作品の大きさは (W) 10 x (D) 8 x (H) 4 ㎝ぐらい
時間の都合上、のりが乾く前にお持ち帰り頂いております。
道具はこちらで用意します。 ご購入をご希望の方はお知らせください。
教室はフローリングで足元が冷えるかもしれません。心配な方は靴下などお持ちください。

料金に含まれるもの

教室使用料
道具レンタル料

料金に含まれないもの

別途材料費がかかります
1630円 (1個分)

当日、教室でお支払いください

予約の受付とキャンセルについて

予約受付期限: 2019-06-01 17:00まで

キャンセルポリシー: 2019-06-01 17:00以降、100%のキャンセル料がかかります

支払い方法

予約時にクレジットカードでお支払い

このワークショップの先生

風来

江戸好きが高じ、江戸明治期のちりめん細工、つまみ細工に出会い先達に教えを請う。
2016年銀座教室、よみうりカルチャー(恵比寿、川口)を開講。
アトレやイクスピアリなどの商業施設でのイベントも行っています。
2018年には東急ハンズの年賀状デサインコンペで大賞を受賞。

コマーシャルを中心としたスタイリストの前職を生かして、江戸の手作りを取り入れた
ライフスタイルを提案しています。

Copyright © 2016-2019 Craftie inc. All Rights Reserved