教室登録する

はじめての裂き織りワークショップ

  • はじめての裂き織りワークショップの写真1枚目
  • はじめての裂き織りワークショップの写真2枚目
  • はじめての裂き織りワークショップの写真3枚目
布をビリビリ裂くのってとても気持ちいい♪もの作りって楽しい!そう思ってもらえるあっという間の2時間半です。
織物といっても細い糸を織るのと違って、初めての方でもたったの105分で1枚のランチョンマットが織り上がります。

裂き織りは海外では”Rag weaving”, ”Rag Rug”等と呼ばれており、皆さんもよく目にするTシャツの生地を織ったラグマット。あれも裂き織りの一種です。

元々は古くなった布を捨てるのはもったいないから別のものに作り変えようと言うエコロジーな発想から裂き織りの文化が始まりました。今回はこのエコな精神にのっとって、端切れを使いながら世界に1つだけのオリジナルインテリアマットを作ってみましょう。

使う布は基本的に厚すぎなければ何でも大丈夫です。布を手で思いっきりビリビリと裂いてひも状にしたら、素材を混ぜながら織っていきます。織り目や色の具合で織った人の性格・個性が表れるのも裂き織りのひとつの楽しみです。はじめてから30分もすれば、無心で手が止まらなくなりますよ!

裂き織りは初めてという方がほとんどですので、初めての方もお気軽にご参加下さい。
☆小学生以上のお子様もご参加いただけます。☆

作品
約12cm×20cmのインテリアマットが作れます。玄関飾りのアクセントや花瓶などにご利用いただけます。

会場
3/16:京浜東北線東十条駅から徒歩10分、カフェ'cafe L'Atelier(カフェ アトリエ)'
3/19:東横線・日比谷線中目黒駅から徒歩6分、ものづくりスペースFLATMATE(フラットメート)
  • 受付終了
    東京都北区神谷1-33-15 fino 1st 1F
    cafe L'Atelier(カフェ アトリエ)
    JR東十条駅8分、南北線王子神谷駅10分
    予約受付締切: 2018年03月14日 (水) 00:00まで
    地図

当日の流れ・雰囲気

1: 使う布を選び、手で裂いて紐状にする
2: 布を替えたり端切れを混ぜたりして、好きな色合いに横糸を織っていく
3: 織り終えたら木枠からはずし、仕上げをする

必要な持ち物

・端切れや着なくなった洋服などがご自宅に眠っている方は当日ぜひお持ち下さい。(こちらでも様々な布をご用意しております。)

料金に含まれるもの

レッスン代、場所代、材料費

料金に含まれないもの

ドリンク代

その他特記事項

キャンセルは3日前23:59までにご連絡ください。それを過ぎますとキャンセル料がかかりますのでご注意ください

会場はカフェですので、お一人1ドリンクオーダーをお願いします。

予約の受付とキャンセルについて

予約受付期限: 2018-03-14 00:00まで

キャンセルポリシー: 2018-03-14 00:00以降、100%のキャンセル料がかかります

支払い方法

予約時にクレジットカードでお支払い

Maiの写真 このワークショップの先生

Mai

ロンドン芸術大学, Fashion portfolio卒
文化女子大学短期大学部卒


幼い頃からモノ作りが大好きで、大学卒業後も自分のスタイルで制作活動を続けています。モノ作りを広めていきたいという想いからシェアスペースFLATMATEを中目黒にオープン。


モノ作りの楽しさや可能性を少しでも多くの方にお伝え出来たらと思い活動しています。

この教室の他のワークショップ

同じカテゴリーのワークショップ

同じエリアのワークショップ