お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

おしゃれなキーホルダーを手作りしてみよう!おすすめレシピ6選&アレンジ集

rino

キーホルダーは、鍵やバッグ、定期入れなどさまざまな用途に活用できるほか、手軽な材料で作れるものが多くあります。休日の趣味時間や、子どもと一緒に楽しむハンドメイドとして取り入れられるのが魅力です。

そこで今回は、色々な形やデザインのキーホルダーのレシピやアイデアを、Craftie Styleのレシピからご紹介。自分用として作るのはもちろん、プレゼントにもおすすめです。

子どもと一緒に作れるキーホルダーレシピ

まずご紹介するのは、子どもと一緒に作れるレシピ集です。外で遊べないときにも、好奇心や想像力を引き出しながら、キーホルダーを作りでおうち時間を楽しく過ごすことができるでしょう。※キーホルダーを作る際にはいろいろな道具を使用するので、子どもだけでなく必ず大人の方と一緒に作るようにしてください。

1. 好きな絵を描いて焼くだけ!「プラバンキーホルダー」

オーブントースターで温めると硬化する「プラバン」を使って、お気に入りのキーホルダーを作りましょう。プラバンにお好きな絵を描いて焼くことで、自分好みのキーホルダーに仕上がりますよ。自分の描いた絵がキーホルダーになる様子を見ると、お子さまもきっと驚くはず。なお、トースターを使用するときは、火傷などにご注意ください。

プラバンキーホルダーの作り方を見る

また、プラバンに色鉛筆で絵を描くレシピもご紹介しています。色鉛筆を使えば、色の濃淡を付けたりナチュラルな風合いを演出できるので、ぜひお試しください。

色鉛筆を使ったプラバンアイテムの作り方を見る

2. 軽量粘土で作る「マシュマロキーホルダー」

軽量粘土を使えば、まるで本物のお菓子のような可愛いマシュマロキーホルダーを作れます。軽量粘土は自然乾燥で硬化するほか、軽くて扱いやすいため、子どもはもちろんハンドメイド初心者の方にもおすすめ。カラーの組み合わせを工夫して、さまざまな色のマシュマロを作ってみましょう。

軽量粘土には、樹脂粘土などに比べて強度が劣る特性があります。キーホルダー加工をする際は防水性や撥水性のあるニスを塗って強度を上げるのがポイントです。

マシュマロキーホルダーの作り方を見る

もこもこ毛糸のキーホルダーレシピ

次にご紹介するのは、毛糸を使ったキーホルダーのレシピです。毛糸は手芸店やホームセンター、100円ショップなどで購入できるので、手軽に挑戦できるでしょう。手芸で余った毛糸を有効活用するのもおすすめです。

3. 色の組み合わせが楽しい「タッセルキーホルダー」

色や太さの異なる毛糸をまとめて、タッセルキーホルダーを作ってみましょう。もこもことボリューム感のあるキーホルダーは、見た目が可愛いらしく、存在感たっぷり。シンプルなバッグのアクセントとして活用すると良いですね。作り方をマスターして、いろいろな色の組み合わせや、毛糸の種類を変えてみるのもおすすめです。

毛糸のタッセルキーホルダーの作り方を見る

4. とってもキュートな「ポンポンキーホルダー」

ふわふわでコロンとした見た目が可愛い毛糸のポンポンキーホルダーは、少ない材料を揃えれば短時間で作ることができます。キーホルダーとして使うだけでなく、ニット帽やマフラーの飾りとして取り入れるのも可愛いですね。毛糸をカットしながら丸いシルエットを作り上げていく工程は、作る楽しさを感じられるはずです。毛糸の色や質感によって見た目に変化が出るので、お好みの仕上がりを探してみましょう。

ポンポンキーホルダーの作り方を見る

プレゼントにも最適。本格的なキーホルダーのレシピ

普段使いもできる大人っぽいデザインのキーホルダーを作りたい!という人もいるでしょう。そこで最後は、プレゼントにもおすすめな、本格的なデザインのキーホルダーレシピをご紹介します。

5. ドライフラワーとレジンで作る「お花のキーホルダー」

レジンは、さまざまなハンドメイド作品に活躍するアイテムのひとつ。透明なレジンにドライフラワーを閉じ込めることで、おしゃれで華やかなキーホルダーが完成します。お気に入りの草花を選んで、自分だけのキーホルダーを作りましょう。誕生月の花を選んで、大切な人への贈り物にしても素敵ですね。

お花キーホルダーの作り方を見る

6. まるでキャンディのような「おゆまるキーホルダー」

「おゆまる」とはプラスチック粘土のことで、80度以上のお湯に入れると柔らかくなり、さまざまな形に変形できるものです。そんなおゆまるを使えば、キャンディーのようにカラフルなキーホルダーを作ることができますよ。個性的なキーホルダーを作りたい方や、レトロな雰囲気がお好きな方におすすめです。色の組み合わせを変えて、さまざまなキャンディを作ってみましょう。

おゆまるキーホルダーの作り方を見る

まだまだある♪ キーホルダーのアレンジ案

キーホルダーとして活用できるレシピを、Craftie Styleの人気レシピからご紹介します。パーツを変えれば、お好きなアクセサリーをキーホルダーとして楽しむことができますよ。

天然石を使ったアレンジレシピ

水晶やアメジストといった天然石を使ったキーホルダーは、アクセサリーのような上質な仕上がりになるのが魅力。バッグやポーチ、スマホケースなどの飾りとして付けると、華やかな印象をプラスしてくれます。また、天然石にはそれぞれ意味があるので、ラッキーアイテムとして身に付けたり、プレゼントしたりするのにもおすすめ。

こちらのレシピでは、天然石を使用したアクセサリーのレシピを紹介しています。キーホルダーにする際は、アクセサリーパーツをキーホルダーに変えてください。

天然石のキーホルダーの作り方を見る

ドット絵の怪獣やフルーツがかわいい、アイロンビーズレシピ

小さなビーズを集めて、さまざまなモチーフを作れるアイロンビーズ。ビーズを専用のボードに並べてアイロンをかけ、最後にパーツを装着すれば、ドット絵が可愛いキーホルダーを作ることができます。

ビーズの配置やカラーを変えれば好きなモチーフにアレンジできるので、作りたいキャラクターの写真を見ながらひとつひとつ並べてみましょう。なお、アイロンビーズはアイロンを使うため、必ず大人の方と一緒に作ってくださいね。

アイロンビーズの作り方を見る

あわじ結びで作る和風なキーホルダー

おめでたい意味合いが込められた「あわじ結び」は、キーホルダーにしてもおしゃれ。水引きで作る繊細な結び目によって、和モダンな印象に仕上がります。友人の結婚祝いや出産祝いなど、お祝いのシーンでのプレゼントにもぴったりです。和装に合わせると、ぐっと上品なイメージになりますよ。

水引きキーホルダーの作り方を見る

オリジナルのキーホルダー作りに挑戦してみよう

使用する素材や作り方によって、バリエーション豊かなキーホルダーを手作りできます。お子さまと一緒に作れば盛り上がるレシピや、プレゼントにも使える本格的なレシピまで、作りやすいものからチャレンジしてみてください。

色々なキーホルダーを手作りして、ハンドメイドのコレクションにしてもワクワクするはずです。キーホルダー作りでお家時間を楽しく過ごしましょう。

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。12月のBoxは、日本の伝統工芸である水引を使ったお正月飾りです。
松や稲穂、南天など、お正月にふさわしい縁起のよい花材に加え、ヒメワラビやユーカリといったトレンド感のあるプリザーブドフラワーもプラス。スペシャルギフトとして、お正月に出番の多い箸袋とぽち袋が作れる水引と折り紙がついています!

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【12月26日(月)10:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。