お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

プレゼントにも!レジンのキーホルダーの作り方♪ モールドで簡単に

kino

幅広いハンドメイド作品に重宝するレジンは、透明感と立体感を出せるのが特徴です。モールドと呼ばれる型枠を使えば、レジンを初めて扱う方でも失敗しにくく、本格的な立体作品を手作りできます。

今回は、そんなレジンとモールドを使ったキーホルダーのレシピを紹介します。

レジンの魅力

レジンとは、液体状の樹脂のことです。アクセサリーや小物など、さまざまなハンドメイド作品を作れるのが魅力です。

また、レジン液に色を付けたり、ラメやドライフラワーなどお好みのパーツを入れたりと、アレンジも自由自在。デザインを考えながら、カタチにしていく工程も楽しみのひとつです。

なお、レジンには「UVレジン」と「エポキシレジン」の2種類があり、今回のレシピはUVレジンを使用しています。レジンの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

レジンの種類と特徴を見る

モールドで作るキーホルダー

レジン キーホルダー

kino

今回は、初心者さんでも扱いやすい「UVレジン液」と「UVライト」を使用します。

チャームはモールドを使って、チャレンジしやすくしました。レシピでは立体感のある花のモールドを使っていますが、お好みのモールドで試してみてくださいね。

必要な材料と道具

キーホルダーのベースとなる色には、ジェルネイルを使用します(色粉でも代用可)。モールドや封入パーツは、100円ショップでも購入できるので手軽に楽しんでみてください。

■できあがりサイズ
長さ7cmほど

■所要時間
1時間ほど

材料

レジン キーホルダー

kino

レジン キーホルダー

kino

  • UVレジン液
  • 青色のジェルネイル(色粉などでも代用可能です)
  • ラメ(パープル)
  • ホログラム(ブルー)
  • ホログラム(クリア)
  • キーホルダーパーツ 0.4×0.2mm  1個
  • 丸カン 1.0×5mm  2個
  • ラインストーン 2mm  9個
  • パール 4mm 1個

道具

  • クラフトジェルマット(今回は60×20mm程にカットして使用しています)
  • シリコンモールド(今回は立体の花形を使用)
  • カットしたクリアファイル
  • つまようじ 2本ほど
  • UVライト
  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ

レジンに必要な材料については、こちらの記事でより詳しくご紹介しています。

レジンに必要な材料について、さらに詳しく

レジンキーホルダーの作り方

作り方

  1. レジン液に青色のジェルネイルを足します。好きな色になるまで少しずつ入れていき、つまようじで混ぜながら調整します。
    レジン キーホルダー

    kino

  2. 色が決まったら、シリコンモールドにレジン液を流していきます。レジンがあふれないように、つまようじで少しずつ入れていきましょう。今回は、花びらが3枚のお花になっている型を2カ所使います。複雑な型の場合は、複数カ所か少しずつレジン液を垂らしていくと失敗しにくいです。
    レジン キーホルダー

    kino

  3. 「ちょっと少ないかな」というところまでレジン液を入れたら、つまようじで全体に行き渡らせます。
    最初からたっぷり入れると厚くなり、今回のように花びらを重ねるようなデザインの場合は、隙間ができ過ぎてしまうことがあります。
    色に濃淡ができてしまった場合は、少しずつレジン液を足して、全体で均一になるようにならしましょう。全体が同じ濃さになればOKです。
    レジン キーホルダー

    kino

  4. 次はラメやホログラムを追加してみましょう。量は好みで調節してくださいね。
    ここまでできたら、UVライトで1度目の硬化をします。
    レジン キーホルダー

    kino

  5. 1回目の硬化が終わりました。
    レジン キーホルダー

    kino

  6. 型の表面にレジン液を少し足して、ホログラムの凸凹をなくします。ここから透明のレジン液を使うので、青が混ざらないように、つまようじを替えておきましょう。つまようじでレジン液を行き渡らせたら、硬化します。
    レジン キーホルダー

    kino

  7. モールドからパーツを外します。2つのうち1つをクラフトジェルマットに固定させてから、中心に少しレジン液を垂らして、もう1つを下の花びらと互い違いになるよう乗せてUVライトで硬化します。
    レジン キーホルダー

    kino

    レジン キーホルダー

    kino

  8. 重ねたパーツの隙間を埋めるようにレジン液を垂らし、硬化します。
    レジン液を追加したあとに横からみると、このようになります。
    レジン キーホルダー

    kino

  9. 上の花びらの中心に、つまようじを使ってパールやラインストーンをのせます。
    まず中心のパールをのせてから、周りのラインストーンをのせ、その後UVライトで硬化します。
    レジン キーホルダー

    kino

  10. パーツをのせたら、レジン液を足してコーティングします。
    横から見てもしっかりレジン液で覆われているようにします。
    レジン キーホルダー

    kino

    レジン キーホルダー

    kino

  11. 次は裏側をコーティングしていきます。
    まずは少しだけレジン液をのせ、丸カンの半分くらい残して硬化します。
    丸カンが固定できたら、全体にもレジン液を垂らして、コーティングします。
    レジン キーホルダー

    kino

  12. 全体のコーティングができたら、丸カンを丸ヤットコと平ヤットコで開けて、キーホルダーの金具とパーツをつなげて、丸カンを閉じます。
    レジン キーホルダー

    kino

  13. 完成です!
    レジン キーホルダー

    kino

丸型や四角のモールドを使えばネームプレートにも

レジンで作ったキーホルダーに、文字を入れてアレンジするのもおすすめです。アウトライナーという画材やレジン用シールなどを使えば、手軽に文字入れができます。

お名前などを入れたオリジナルのキーホルダーは、イベントや結婚式のネームプレートにしたり、ラッピングアイテムとして添えたりしてもおしゃれです。

ネームプレートを作る時には、丸型や四角など、凹凸のないモールドを使うと文字入れしやすくなり、きれいに仕上がります。

マスクチャームにすれば華やかな気分に

レジンで小さなキーホルダーを作って、マスクチャームにアレンジしても可愛いです。

ドロップ型のモールドに、小さな押し花を封入したマスクチャームは、歩くたびに上品に揺れ、顔周りを明るくしてくれます。マスクを着けているときでも、華やかな気分にしてくれることでしょう。

作り方を見る

ドライフラワーが浮かぶ、レジンのキーホルダー

カン付きレジンフレームを使った、フォトフレームのようなキーホルダー。

小さなドライフラワーやパール、金箔を閉じ込めて、上品にきらめくデザインにしました。使用するドライフラワーの種類や封入パーツを変えて、アレンジを楽しんでみてください。

作り方を見る

レジンにおすすめの花材はこちら

手づくりのキーホルダーはプレゼントにもぴったり

レジン キーホルダー

kino

レジンを使ったキーホルダーは、色や封入パーツを自由にアレンジできるのが魅力。心を込めて手作りしたキーホルダーは、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。

たとえば、思い出のお花をドライフラワーにしてレジンに封入したり、名前を入れてお子さまの持ち物にネームプレートにしたり、アイデア次第で作品のバリエーションが広がります。

「失敗しないか不安…」という方は、モールドを使うのがおすすめ。初心者さんでも本格的な作品を作れますよ。

このレシピのデザイナー

kino プロフィール画像
kino
アクセサリー作家として活動しています。つまみ細工やレジン、ワイヤーアクセサリーなど幅広いジャンルで作り方をお伝えします。Instagram: @hmkino

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。2023年の最初にCraftie Homeがお届けするのは、カリグラフィーのセットです。“西洋の書道”とも呼ばれるカリグラフィーは、暮らしのシーンを彩るアイテムとして昨今、人気が急上昇。
専用のペンを使って心穏やかに文字を綴る時間、そして、書き上げた言葉で暮らしを彩るクリエイティブな時間・・・。ワクワクするような「新しい体験」がぎゅっとつまった新年のスターターボックスで、2023年を軽やかに駆け抜けていきましょう!

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【1月31日(火)15:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。