お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

ドライフラワーとレジンで作るお花のキーホルダー

kino

透明な中にモチーフが浮かぶようなレジン作品。初心者の方でも手順を追って丁寧に作っていけば、立体感があってきれいなレジンのパーツを作ることができるんです。今回は、透明なレジンにお花とパールを封じ込めたキーホルダーの作り方をご紹介します。

デザインの自由度が高い、レジンのキーホルダー

今回のレシピでは、市販のフレームの中にレジンと花びらなどのパーツを交互にのせて封じ込め、キーホルダーを作ります。花びら以外にも、ネイル用のラメやパール、レースの端切れ、メタルパーツなどさまざまなものを封じ込めて、自由にデザインすることができます。フレームやパーツは手芸屋さんや100円ショップなどでも手に入りますので、ぜひ自分だけのデザインに挑戦してみてください。

kino

材料

  • C型キーホルダー金具 (40mm)1個
  • カン付きレジンフレーム (28mm)1個
  • 丸カン(線径0.8mm / 直径6mm) 1個
  • UVレジン液 適量
  • ドライフラワー(サンプルはバラの花びらと葉っぱ数枚)
  • 金箔やパールなどのパーツ お好みで

道具

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • UVライト
  • レジン用シリコンマット
  • 爪楊枝
  • ピンセット

できあがりサイズ

  • 全体の長さ約7cm

所要時間

約1時間

kino

作り方

  1. 薔薇の花びらをピンセットでちぎって細かくします。大きさはあえて揃えず、大きいものも、小さいものも作っておくとバランスがとりやすいです。

    kino

  2. レジンのベースを作っていきます。フレームをシリコンマットにのせ、全体にレジン液を薄く流し込み、UVライトを当てて硬化させます。

    kino

  3. 硬化できたら、その上からもう一度薄くレジン液をのせ、1で細かくしたバラの花びらを、爪楊枝を使ってのせていきます。この時、爪楊枝に少しだけレジン液をつけると花びらを移動しやすいです。

    kino

  4. 花びらをのせ終わったら、次はパールをのせていきます。バランスを見ながらピンセットで一粒ずつパールを配置します。今回はフレームの中心にお花やパールをのせ、周辺は空けるデザインにしていますが、お好みに合わせて変えてみてもOKです。花びらやパールの位置が決まったら、もう一度UVライトを当てて硬化させます。

    kino

  5. もう一度薄くレジン液をのせ、追加で花びらをのせます。さらに葉ものせ、硬化させます。

    kino

    kino


    このように花びらやパーツをのせる工程と硬化を繰り返すことで、奥行きができ、立体感を出すことができます。1種類の花びらを使う作品では、これを行うと仕上がりが違ってくるので、ぜひやってみてください。
  6. 硬化が終わったら金箔をのせます。もう一度薄く伸ばしたレジン液の上に、バランスを見ながら爪楊枝で金箔をのせていきます。位置が決まったら、UVライトを当てて硬化させます。

    kino

  7. 金箔をのせ終わったら、次はレジン液を全体にたっぷりと(少し盛り上がるくらい)のせます。もしレジンの中に大きな気泡ができた場合は、爪楊枝の先で潰しましょう。全体にきれいにレジン液が行き渡ったら、UVライトを当てて硬化させます。

    kino

  8. 次に裏面にもレジン液をのせて硬化させます。レジン液が全体に行き渡りにくい時は、爪楊枝で塗り伸ばすようにしてみましょう。

    kino


    裏面の硬化が完了すれば次へ進んで構いませんが、もし表面の仕上がりが気になるようであれば、もう一度表面にレジン液をのせて硬化します。
  9. 出来上がったパーツに、キーホルダー金具を取り付けます。丸カンの両側を平ヤットコと丸ヤットコで挟んで開け、キーホルダー金具と、レジンパーツのフレームについているカンを繋ぎます。

    kino

    kino

  10. そのまま、ヤットコを使って丸カンを閉じれば完成です。

    kino

    kino

アレンジレシピ

違う形のレジン用フレームを使ったり、お好みのお花やパーツをのせたりすれば、さまざまなデザインのキーホルダーづくりを楽しめます。ドライフラワーを買って作るのはもちろん、お家で育てているお花をドライフラワーにして作るのもおすすめです。

こちらはフレームをしずく型のものに変え、お花やパーツも別のものを選んで作ってみました。

kino

普段使うカバンや、お財布、鍵につけたりして、自分だけのキーホルダーを楽しんでみてくださいね。

手作りのレジンキーホルダーはプレゼントにもぴったり

上品なキーホルダーは、シンプルなバッグやポーチもぐっと華やかにしてくれます。また、自分で使うだけでなくちょっとしたプレゼントにもおすすめです。例えば、お祝いなどでいただいた花束のお花をドライフラワーにしてキーホルダーを作れば、記念に残る品にもなりますし、花束の贈り主へのお礼にも喜ばれますよ。

kino

このレシピのデザイナー

kino プロフィール画像
kino
アクセサリー作家として活動しています。つまみ細工やレジン、ワイヤーアクセサリーなど幅広いジャンルで作り方をお伝えします。Instagram: @hmkino

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。