教室登録する

水引で結ぶ、梅結びのアクセサリー

日本の伝統文化、「水引」でアクセサリーを作ってみませんか?
水引の結びの中でも代表的な結び、梅結び。最も伝統的で古くからあるとされる「淡路結び」から展開し、結ばれる結びです。その結びを使って、小さく可愛らしい耳飾りを作ります。

鮑結び(淡路結び)は、古来より、長生きの象徴とされた鮑の形を模したことから「鮑結び」と言い、長寿と末長いお付き合いの意があります。引くほどに、さらに強く結ばれ解けないことから人と人との繋がりを意味し、「切れない契り」、「末長い縁」を表し、とても縁起がよく、ハレの場でよく使われる結びです。
梅結びは、鮑結びからの展開結び。寒い冬も色褪せない松竹と並ぶ、歳寒三友の一つ。梅春に先駆け、どの花よりも先に花を咲かせる事から、縁起が良く、様々なお祝い事、縁起事のモチーフとされています。

そんな、とても縁起がよく、水引の中でも最も基礎となる「淡路結び」と「梅結び」の結び方を、丁寧にお教えいたします。
  • 受付終了
    埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1
    浦和PARCO1階センタースペース特設会場
    JR浦和駅より徒歩3分
    予約受付締切: 2019年08月03日 (土) 18:00まで
    地図

当日の流れ・雰囲気

1: ・約50色ある様々なお色、種類の水引からお好きな色をお選びいただき、45cmの水引3本を使って、「淡路結び」から「梅結び」を結びます。
2: ・結んだ梅結びの背面に、すかしパーツと金具を接着します。
・接着材は15分〜20分で固定されるので、約20分後、お渡し可能になります。
(内部が完全硬化されるまで24時間必要)

必要な持ち物

手ぶら参加OKです。材料、必要な工具は全てこちらで準備いたします。

その他特記事項

・制作時間は30分〜40分、その後接着に20分程必要です。
・金具ピアス、またはイヤリングをお選びいただだけます。
・金具の素材は、キャッチが真鍮、その他がステンレスです。
・金属アレルギー対応はしておりません。

予約の受付とキャンセルについて

予約受付期限: 2019-08-03 18:00まで

キャンセルポリシー: 2019-08-03 18:00以降、100%のキャンセル料がかかります

支払い方法

当日現地にてお支払いください

このワークショップの先生

田中 杏奈

水引作家/水引デザイン"hare"主宰 田中 杏奈
1989年、兵庫県淡路島生まれ。元広告代理店勤務。一児の母。水引雑貨の企画・制作を行い、WEB、セレクトショップ、イベント等で販売。企業とのコラボ商品開発、水引講座の講師等幅広く活動中。2019年7月、祐天寺にて、自身のshopをオープン、水引講座を開講。
◉著書:2018.11.8発売​「暮らし・行事・ハレの日を結ぶ 水引レシピ」グラフィック社

このワークショップのレビュー

fun
楽しい!
1
nice
素敵!
1
acmp
達成感
1

16-51さん
2019年08月07日

久々の物作り、とても楽しかったです。色の組み合わせで雰囲気も変わるので、いろいろ作ってみたいと思いました。もう少しゆっくり時間かけてできたら良かったかな…。

この教室の他のワークショップ

同じカテゴリーのワークショップ

同じエリアのワークショップ

おすすめのワークショップ