お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

はじめてのUVレジンで作るハンドメイドアクセサリー

Craftie

きらきら、つややかなレジンクラフト。人気アイテムから定番アイテムになりつつあることもあり、作ってみたいと思う人も多いのでは。

Craftie Styleでもたくさんのレジンアクセサリーのレシピを紹介しています。このページではレジンアクセサリー作りに欠かせないUVレジン液にまつわる基本的な紹介やCraftie Styleで掲載しているレジンアクセサリーのレシピをまとめました。

初めてレジンクラフトに挑戦する人はぜひ見てみてくださいね!

UVレジン液を使ってハンドメイドを楽しもう!

UVレジン液は紫外線に反応して固まる液体です。金属やプラスチック、布など幅広い素材に使えるので、大変使い勝手がよいところも人気のポイントです。

市販のUVライトを使って硬化すると、3分ほどで固まるので比較的短時間で完成させることもできます。天気の良い日に太陽に当てることでも固まります。(硬化に必要な時間は、使用するUVレジン液や太陽光によっては気候や紫外線の強さ、作品の大きさなどにより異なります。使用するUVレジン液の取扱説明書をよく読み、それに従ってください。)

レジンアクセサリーは樹脂アクセサリーとも呼ばれていて、ガラスのような透明感がありつつもガラスよりも軽くて割れにくいために、できあがったアクセサリーも扱いやすい特徴があります。

透明なので使う型や色、合わせるアイテムによってゆめかわいい印象にもかっこよく大人っぽい印象にも。そのほかアイデアの分だけ表情が大きく変化するうえに、アレンジの幅やオリジナリティを強く発揮できるため、自分だけの特別なアクセサリーをかんたんに作ることができます。シリコンモールドの種類も多彩なので基本を習得したらピアスやイヤリング、ペンダント、ブレスレット、ヘアアクセサリーなどあらゆるアクセサリーをつくることもできます。

UVレジンクラフトで使う道具の紹介

UVレジン液を使ったアクセサリー作りで使う道具を紹介します。なお。使う道具は作るアクセサリーによって異なります。ここでは基本的な道具の紹介をするので、ほかの道具はこの後に記載する作り方の詳細ページをご確認してください。

UVレジン液(ソフトタイプ)

UVレジン

kino

UVレジン液には、ハードタイプとソフトタイプがあります。ソフトタイプは硬化後も折り曲げられるくらいの柔らかさが特徴です。柔らかいゆえ、カットがかんたんにできることやオリジナルパーツを作れるため人気があります。ハードタイプのレジンにパーツとして取り込むこともできます。スイーツデコに利用したり、食品サンプルなどを作ることなどに用いられることが多いです。

UVレジン液(ハードタイプ)

UVレジン

kino

ハードタイプのレジン液は硬化後にプラスチックのように硬くなるのが特徴です。一般的にレジンクラフトというと、こちらのハードタイプのレジン液を用いたタイプを使用することが多い傾向です。

UVランプ(紫外線照射器)

kino

太陽光でも固まりますが、UVレジン液を短時間で固めるにはUVライトが欠かせません。ネイルアートに使う大きめのものから、手のひらサイズのものまであるので作りたいアクセサリーの大きさに合わせて選ぶとよいです。

モールド

kino

シリコン素材の型をモールドと言います。シリコン素材のモールドにレジン液を流し込み、硬化させます。上級者さんはモールドも手作りする人もいます。

土台

kino

モールドではなく、ミール皿や空枠を使ってレジンアクセサリー作りを楽しむこともできます。

UVレジン着色剤

着色されたUVレジン液も販売されていますが、着色剤を使って自分でレジン液に着色することもできます。粉タイプや液体タイプなど種類があります。市販のマニキュアやジェルネイル用のカラージェルを使って着色する方法もありますが、使用するレジン液との相性などもあります。お使いのレジン液が推奨している以外の着色方法でクラフトする場合は一度テストしてから使うことをおすすめします。

UVレジン液保存容器

レジンの色を作るためのパレットです。使うレジン液によってはすでに色がついているものもありますが、自身で着色するタイプの場合は持っていたほうがいいアイテムです。シリコンカップなどで代用する人もいます。

太陽光などの紫外線に当てなければ一定期間は保存ができるので、しっかり蓋をするなどして再利用することもできます。

UVレジン用筆

kino

細かい装飾をする場合などに用います。

レジンクリーナー

モールドや筆のお手入れに使います。

UVレジン液を使ったアクセサリーを作ってみよう

Crafite Style内で紹介している、UVレジン液を使ったアクセサリーの作り方を掲載します。お気に入りを見つけたり、アレンジを楽しんだりしてみてくださいね。

透明感あふれるアクセサリーをレジンで手作り

金属製のフレーム(枠)を使ったUVレジンアクセサリーの作り方を紹介しています。枠にレジン液を流し込んでお好きな着色料やパーツを入れるだけなので、レジン初心者さんが初めの一歩にぴったりの作り方です。

レシピはこちら

レジンで作る、シェル入りピアスの作り方

kino

シェルフレークやクラッシュガラス、ホログラムを使って光にあたるとキラキラと輝くアクセサリーの作り方を紹介しています。シェルやヒトデのチャームと組み合わせることで夏らしさを感じるアクセサリーです。

最後にはチャームを変えて作ったものや、少し雰囲気の違うアクセサリーへのアレンジ方法もご紹介します。

レシピはこちら

ドライフラワー入りレジンアクセサリーの作り方

kino

ドライフラワーを使った、花を閉じ込めたアクセサリーを作るレシピをご紹介します。

作り方はとってもシンプルなので、レジンアクセサリー作り初心者さんにもおすすめです。ぜひお好きな色のドライフラワーやパーツを取り入れて作ってみてくださいね!

レシピはこちら

ハロウィンにつけたいレジンアクセサリーの作り方

kino

ハロウィンカラーのドライフラワーをちぎって入れたアクセサリーです。このようにイメージカラーをあしらうことで、さり気なく季節のイベントごとを楽しんだアクセサリーを作ることができます。

レシピはこちら

透明レジンとお花で作るへアゴムの作り方

kino

最近では、レジンクラフト用の台座が付いているヘアゴムも販売されているます。こちらのページでは台座が大きめで初心者の方でも取り組みやすいヘアゴムをレジンとお花で彩っていきます。細かい作業が苦手、と感じている方は大きな台座のヘアゴムから気軽にチャレンジしてみては。

レシピはこちら

写真入りアクセサリーのレシピ

kino

お気に入りの写真をレジンに閉じ込めて、自分だけのアクセサリーを作ることもできます。実は、作り方はとてもかんたん。レジンアクセサリー作りの初心者さんもトライしやすいレシピなのです。素敵な思い出をアクセサリーにしまってみませんか。

レシピはこちら

UVレジンで作る「宇宙塗り」のピアスの作り方

kino

ハンドメイドでレジンアクセサリーを作るようになると、一度は耳にする「宇宙塗り」。その名の通り宇宙を写し取ったような複雑なグラデーションが表現できるもので、見た目よりもずっとかんたんな手順でできるのが人気の秘密です。「宇宙塗り」にはレジンアクセサリーの基本テクニックである、複数色使い、混色、ラメやパーツの埋め込みなどがぎゅっとつまっています。ぜひチャレンジしてみて。

レシピはこちら

暮らしの中で使おう

UVレジン液を使ったハンドメイドはアレンジの幅が広いので、アイデア次第でオリジナルアクセサリーをもっともっと楽しめます。使用するUVレジン液の取扱説明書に沿った安全な使い方をして、UVレジン液のアクセサリー作りを楽しんでくださいね。

アクセサリーをワークショップで作ろう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

アクセサリーのワークショップはこちら

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。