ドライフラワーを閉じ込めた、レジンアクセサリーの作り方

kino

透明樹脂の『レジン』を使えば、様々なデザインのアクセサリーをかんたんに手作りできます。今回は『ドライフラワー』を使って、本物のお花を閉じ込めたアクセサリーを作るレシピをご紹介します。

作り方はとってもシンプルなので、レジンアクセサリー作り初心者さんにもおすすめです。ぜひお好きな色のドライフラワーやパーツを取り入れて作ってみてくださいね!

色鮮やかなドライフラワーを使って作るレジンアクセサリー

今回はカラフルなドライフラワーとレジンを使用してこちらのピアスを作ります。

kino

中心にはゴールドベースのお花のパーツを合わせて、鮮やかな色合いでありながら季節を問わずに使えるデザインに仕上げました。

ドライフラワーは手作りでもOK

材料として使うドライフラワーは市販のものを購入してももちろん良いですが、自分でお花をドライにして使っても大丈夫です。

生のお花をドライフラワーにする時は、新鮮な状態のまま、日陰で風通しの良い場所に吊るして乾かします。季節にもよりますが、早ければ3〜4日程で完全に乾燥してドライフラワーになります。

ドライフラワー初心者さんにおすすめのお花は、スターチスやローズです。アクセサリーと合わせてドライフラワー作りにも挑戦してみては。

アクセサリー作りの道具と材料を揃えましょう

材料と道具

kino

  • シリコンモールド(リング型)
  • レジン液
  • お好みの素材(ドライフラワーや金箔など)
  • 丸カン(大・リングパーツが通る大きさ)2つ
  • 丸カン(小)4つ
  • ピアス(イヤリング)金具 2つ
  • お花チャーム
  • ピンセット
  • ラジオペンチ
  • 丸ペンチ
  • ペンチ
  • UVライト

今回のサンプルで使用したドライフラワーは下記の通りです。

  • スターチス(黄色・白)
  • ローズ(赤)
  • かすみ草の蕾(ピンク)
  • ユーカリなどの葉(緑)

理想の色味にあったお花を選んで、自由に組み合わせてくださいね!

ドライフラワーを使ったレジンピアス(イヤリング)の作り方

作り方

  1. ピンセットで花びらをちぎります。細かいものから大きなものまで、サイズや形をランダムにすると自然に仕上がります。

    kino

  2. シリコンモールドの8分目までレジン液を流し、金箔や花びらを爪楊枝でレジン液の中に入れます。色や配置のバランスを見ながら行いましょう。(レジン液がはみ出さないように注意してください)

    kino

  3. UVライトにあてて硬化させます。
  4. 硬化が終わったらシリコンモールドから取り出し、バリ取りをします。(モールドからはみ出したレジンをペンチで切り取っていくことをバリ取りといいます。はみ出していなければこの工程は省略します。)

    kino

  5. バリ取りができたら、表側の表面がぷくっと仕上がるようにレジン液を上から少し乗せて、UVライトで硬化させます。また、裏側も同じようにレジン液を少し乗せて硬化させます。
  6. 作ったレジンパーツに丸カン(大)を取り付けて閉じます。さらに丸カン(小)を使ってお花のチャームを通します。

    kino

  7. 最後に、小さな丸カンを使って、大きな丸カンとピアス(またはイヤリング)金具を繋いだら完成です!

    kino

花材と形を変えて作れるアレンジアイデア

季節のお花を使ったり、モールドの形を変えたアレンジも楽しめます。

春は桜やローズ、スターチスを。夏は紫陽花の花びらの紫を合わせてさわやかに。秋はかすみ草やミモザなどの明るい色を差し色に、冬はラメやホログラム、パールを加えてキラキラとした雪を表現してみたり。

kino

クリスマスやハロウィンなど、イベントのカラーに合わせてもいいですね!ぜひ、色々なデザインでオリジナルアクセサリーを楽しんでください。

アクセサリーづくりをワークショップで学ぼう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

Craftieでアクセサリーづくりのワークショップを探す

ライター

kino
kino
アクセサリー作家として活動しています。つまみ細工やレジン、ワイヤーアクセサリーなど幅広いジャンルで作り方をお伝えします。Instagram: @hmkino