お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

アクリルたわしの作り方。可愛くてお掃除が楽しくなる!

i8mai8main

可愛くて実用性に富んだアクリルたわしは、毎日のお片付けやお掃除を楽しくしてくれるアイテムです。親しい友人へのちょっとしたプレゼントに贈ると喜ばれるアイテムでもあるので、ご自宅で手作りを楽しんでみませんか。今回は、可愛いアクリルたわしの作り方をまとめました。

可愛くてお掃除にも大活躍なアクリルたわし

アクリルたわしは、アクリル100%の毛糸を編んで作られており、アクリル特有の細かい弾力性のある繊維同士が汚れを絡め取って、きれいに落としてくれます。洗剤を使用しなくても汚れが落ちやすく、長持ちすることから「エコたわし」とも呼ばれています。

食器はもちろん、シンクやコンロの汚れ、窓ガラスの埃取り、浴槽や洗面台の湯垢取りなど、お部屋のお掃除にも使えるので、いくつか持っておくと便利です。好きなデザインで手作りすると、愛着が湧いて洗い物やお掃除がより楽しくなるはずです。

アクリルたわし作りに必要な道具と材料

アクリルたわし作りに必要な道具には、以下があります。

■毛糸(アクリル素材のもの)

アクリルの毛糸は、種類によって見た目や手触りが違います。光沢のある毛糸は、見た目は素敵ですが、汚れ落ちを考えると物足りなさを感じるかもしれません。汚れ落ちにも影響するので、アクリル100%の毛糸を選ぶのが望ましいといえます。最近では、抗菌や防臭などの効果がある毛糸も販売されており、清潔に使用することができるのでおすすめです。

■かぎ針(毛糸の太さに合ったサイズを使用しましょう)

選んだアクリル毛糸の太さに応じたかぎ針を用意します。毛糸のラベルに記載されている使用針を目安に、かぎ針のサイズを選びましょう。並太の毛糸を使用するなら、5/0号~7/0号ほどのサイズが適しています。

■とじ針

糸の始末に使用します。毛糸の太さに合わせて選びましょう。

アクリルたわしの可愛い編み方をご紹介

小さめサイズが可愛い。ミニハートのアクリルたわし

洗い物やお掃除をしていると、部屋の隅や手の届きにくい水筒の内側などきれいにしにくい箇所が多々あります。また、洗えたつもりでいても流してみると汚れが残っていて、がっかりしてしまうことも。そんな問題やお悩みも解決してくれるのがこちらのミニハートのアクリルたわしです。

ぷっくりハートのアクリルたわしに、自宅にあるストローや割り箸の持ち手を付けるだけで、細かいところまでよく届く魔法のたわしが完成します。水筒やコップなどの筒状のものを洗うときや、窓のレールの汚れを拭くときなどに大活躍します。面倒で手が掛かるお掃除も、便利なアイテムで少しでも楽しく手早く済ませられるといいですよね。

詳しく作り方を見る

ピンクが目を引くうさぎのアクリルたわし

可愛いうさぎのアクリルたわしは、内側が袋状になっているので、手を入れて洗うことができます。浴室や洗面台・鏡など持ち替えるのが大変な箇所のお掃除に、とっても重宝します。

うさぎの耳部分にも指を入れることができるので、小さい範囲を力を入れて洗いたい場合や、細かい汚れを重点的に磨きたいときなど、お好みに合わせて使用できるのもポイント。

お掃除用以外にも、愛らしい姿をうまく活用して、お子様用のおもちゃのパペットとして作っても楽しいのではないでしょうか。毛糸もふわふわのモヘアやうさぎの柔らかい毛をイメージした素材を使用して作ると、お子様も大喜びしてくれるでしょう。

詳しく作り方を見る

表情が可愛らしいイノシシのアクリルたわし

親子イノシシのアクリルたわしは、ミトンのように親指を通す穴が開いているので、細かい部分や窓ガラスの上部など届きにくいところも楽にお掃除ができます。小さいうり坊は、お子さまがお掃除に使用しても可愛いですし、大人でも指が3本入る大きさなので、細かいところのお掃除や汚れを取るのに適しています。頭の上に見えるしっぽは、使用して水洗いした後に引っ掛けて干したり、吊るして収納したりととても便利です。

詳しく作り方を見る

おしゃれな一輪の花。バラのアクリルたわし

バラの花と葉の部分まで再現されたアクリルたわしは、お掃除道具として使うのもよいですが、ブローチとして着けたいほど魅力的な仕上がりです。バックに数個まとめて縫い付けたり、ピンで止めたりすると、また違う雰囲気のおしゃれアイテムに変身します。

極太のアクリル毛糸で編むと、もっとふんわりと優しいバラにアレンジできるので、赤や黄色などさまざまな色でアレンジしてみても楽しいですね。アクリルたわしを作って毛糸が余ったら、アクセサリーとしてブローチ作りにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

詳しく作り方を見る

アクリルたわしのお手入れ方法

アクリルたわしは、アクリル特有の細かな繊維でできています。繊維が傷んでしまうため、漂白剤や柔軟剤の使用は禁物です。また、耐熱性が低い素材なので、アイロンを当てたり、火に近づけたりすると、熱によって軟化や溶融などを起こす可能性もあります。洗う際は、熱湯を使わずに、水かぬるま湯で手洗いするようにしましょう。

水の吸収率が高いので、しっかりと水を切らないとカビの原因にもなることも。通気性のよい繊維でもあるので、使用後はしっかりと水洗いして、ぎゅっと絞ってから風通しのよい場所に吊るして乾かすようにしましょう。

可愛いアクリルたわしでお掃除を楽しく

鎖編みや長編みなど、編み物の経験がない人には最初難しく感じるかもしれませんが、覚えてしまえば色々なモチーフのアクリルたわしを作ることができます。材料も安価なもので充分ですので、毎日のお掃除や家事が楽しくなるような手作りアクリルたわしを作ってみませんか?

掃除で気分をすっきりできるほか、可愛いアクリルたわしはキッチンや壁面収納に飾って楽しむこともできますよ。

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。