お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

ロングアンドショートステッチのやり方 刺繍の基本ステッチ

目黒愛

刺繍の基本で必ず出てくる、ロングアンドショートステッチ。長いステッチと短いステッチを交互に刺していく方法ですが、「やり方が分からない」「合っているのか分からない」という意見も多くあります。この記事では、そんなロングアンドショートステッチの基本的なやり方と、綺麗に刺すためのコツをご紹介。ぜひ参考にしてください。

■刺繍の基本の道具や材料について確認したい方はこちら
■サテンステッチのやり方はこちら
■アウトラインテッチのやり方はこちら 
■フレンチノットステッチのやり方はこちら 
■お花の刺繍のやり方はこちら

毎月届くハンドメイド定期便で刺繍を始めよう♪

毎月テーマに沿ったハンドメイドをお届けする「Craftie Home Box」。今月はボタニカルなデザインが可愛い刺繍のスターターキットをお届けします。刺繍をしたことがない方も基本のステッチから練習ができ、作り方動画でマスターしながら4つのアイテムが作れる盛りだくさんの内容です。必要な道具が揃うので、届いたらすぐに刺繍を楽しめますよ♪

Craftie Home Boxについてさらに詳しく

ロングアンドショートステッチとは

目黒愛

その名の通り、長いステッチと短いステッチを繰り返しながら刺すのがロングアンドショートステッチです。図案の比較的広い面を埋める際に使われることが多く、立体感や色のグラデーションを表現する時にもおすすめ。

たとえば今回ご紹介するような葉っぱや木などの植物、動物の毛並みなどに使われることが多いでしょう。一度覚えておくと幅広く活用できる便利なステッチでもあります。

刺繍の材料と道具

材料

道具

ロングアンドショートステッチのやり方

やり方

  1. ステッチで埋めたい場所を、事前に書いておきます。

    目黒愛

  2. 面の内側から刺し初め、なみ縫いを数針しておきます。刺し初めの玉結びはこの後埋めるので、このままで大丈夫です。

    目黒愛

  3. 最初に、長いステッチを1回刺します。

    目黒愛

  4. 続いて、短いステッチを長いステッチの真横に刺します。

    目黒愛

  5. さらに続いて、長いステッチを短いステッチの真横に刺します。

    目黒愛

  6. このように、長い→短い→長い→短い、を繰り返しながら、面を埋めるようにステッチを刺していきます。

    目黒愛

  7. 段を変えるときは、1段目とステッチが平行になるように刺しましょう。

    目黒愛

  8. 2段目以降は、下の段にステッチが重なったり、糸の間を割ってしまっても大丈夫です。刺している最中は、一番上の段の縫い目がデコボコとなります。その間を埋めるように、1段ずつ刺して埋めていきましょう。

    目黒愛

  9. 隙間ができないよう、長い→短いを繰り返しながら刺していきます。

    目黒愛

  10. 葉っぱの形が綺麗になるよう、最後のステッチで輪郭を整えます。

    目黒愛

  11. 刺し終わりは、裏面の縫い目にくぐらせるようにして始末しましょう。こちらで完成です。

    目黒愛

ロングアンドショートステッチを綺麗に仕上げるコツ

目黒愛

ステッチは平行に刺す

ロングアンドショートステッチは、全ての段のステッチが平行になるように刺すのが大きなポイントです。今回の葉っぱのように丸みのある面でも、埋める際に平行にステッチを刺していくことで美しく仕上がります。

ステッチの長さは面の形に合わせて調整する

ステッチの長さは基本的に長い→短いを繰り返しますが、埋めたい面のデザインに合わせて調整をしながら刺しましょう。葉っぱのように丸みのある線に差し掛かった場合は、より短いステッチを交えながら輪郭がきれいに出るように刺していきます。

面を埋めていく最中も、必ずしも同じ長さのステッチを繰り返す必要はありません。仕上がりに合わせて長さを調整しながら刺していくのがおすすめです。

ロングアンドショートステッチの本数の比較

目黒愛

ロングアンドショートステッチは、糸の本数で仕上がりに差が出ます。1本どりだと平面的な仕上がりになりますが、本数が増えるごとに、より立体的で存在感のある印象になります。どんな作品を作りたいかに合わせて、糸の本数を選んでみましょう。

ロングアンドショートステッチを活用しよう

目黒愛

ロングアンドショートステッチは、段ごとに糸の色を変えるとグラデーションを楽しむことができます。また、長さが異なるステッチの組み合わせである仕組みを活用し、糸の色を複数組み合わせると、とてもカラフルな仕上がりにもなりますよ。

サテンステッチとロングアンドショートステッチの違い・選び方

ロングアンドショートステッチと同じく、面を埋める方法としてサテンステッチがあります。サテンステッチは、ロングアンドショートステッチのように段を作らず、面の大きさに合わせたステッチを刺していく方法です。つやのある表面に仕上がるのもポイント。どちらが良いのか迷いがちですが、目安として

  • 図案の長さが1cm以内の面を埋める場合:サテンステッチ
  • 図案の長さが1cm以上の面を埋める場合:ロングアンドショートステッチ

を基準にするのが良いでしょう。より広い面を埋める場合はロングアンドショートステッチを、より狭い面を埋める場合はサテンステッチが最適です。

サテンステッチのやり方を見る

刺繍の基本をマスターしよう

刺繍の基本の道具や使い方、ステッチのやり方をご紹介しています。ロングアンドショートステッチができるようになったら、次のステッチをチャレンジしてみましょう

■刺繍の基本の道具や材料について確認したい方はこちら
■サテンステッチのやり方はこちら
■アウトラインテッチのやり方はこちら 
■お花の刺繍のやり方はこちら

刺繍に必要な道具はCraftie Homeのキットで揃えよう♪

人気のハンドメイドキットを扱うCraftie Homeでは、刺繍に必要な道具を販売中です。刺繍糸や刺繍枠はもちろん、これから初めて道具を揃えるという方におすすめの刺繍道具セットや、初心者〜経験者向けのキットまで。あなたにぴったりな刺繍キットで、素敵な刺繍ライフを始めてみませんか?

刺繍道具セットはこちら

刺繍枠を持っている経験者向け♪

ステッチ練習にも◎ボタニカルリースが作れる刺繍キット

ボタニカルリースが作れる刺繍キットはこちら

布地とお花の色がマッチ♪ ミモザのプレイスマットが作れる刺繍キット

ミモザのプレイスマットが作れる刺繍キットはこちら

刺繍枠にそのまま飾れる!スモールフラワーのフープリースが作れる刺繍キット

フープリースが作れる刺繍キットはこちら

チューリップのファブリックポスターが作れる刺繍キット

ファブリックポスターが作れる刺繍キットはこちら

刺繍キットを全て見る

このレシピのデザイナー

目黒愛

男の子2人の子育てに奮闘中。育児の合間に出張で刺繍のワークショップを開催したり、雑誌に刺繍の図案やレシピを提供している。現在、個展開催を目標に作品を制作中。Instagram:@ai.meguro

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」3期生受付中♪

3期生4月Boxは、ハンドメイドの中でも大人気の刺繍を扱ったBoxです!

刺繍をしたことがない方も基本のステッチから練習ができ、そのステッチをマスターしながら4つのアイテムが作れる盛りだくさんの内容を詰めました。

まさにずっと憧れていた刺繍の扉を開けるようなキットをお届けします!

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みはお申し込みは【4月30日(火)15:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。