お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

フレンチノットステッチのやり方 刺繍の基本ステッチ

目黒愛

さまざまな図案で登場することが多い、フレンチノットステッチ。針に糸を巻き付けて結び目を作るステッチで、やり方をマスターすれば色々なデザインで活用することができますよ。この記事では、基本のフレンチノットステッチのやり方や綺麗に仕上げるコツについてご紹介します。

■刺繍の基本の道具や材料について確認したい方はこちら
■サテンステッチのやり方はこちら
■アウトラインテッチのやり方はこちら 
■ロングアンドショートステッチのやり方はこちら 
■お花の刺繍のやり方はこちら

Craftie Homeの「4つのアイテムが作れる刺繍キット」で刺繍を始めよう♪

毎月届くハンドメイドキット定期便「Craftie Home Box」の5月Boxでお届けした刺繍キットを、今回皆様のご要望にお応えして1回のみのお届け商品として再販中です♪

刺繍をするときに覚えておきたい基本のステッチから練習ができ、そのステッチをマスターしながら4つのアイテムが作れる盛りだくさんの内容。作った作品はインテリアとして楽しめますよ。初心者の方でも安心して始められるキットで、憧れの刺繍を始めてみませんか?

刺繍キットをさらに詳しく

フレンチノットステッチとは

目黒愛

フレンチノットステッチは、一見玉止めのようにも見えますが、実際には玉止めよりも綺麗な丸い形に仕上げるのが特徴です。図案の一部分に使うだけでなく、フレンチノットステッチで面を埋めることで、ポコポコとした立体的な表現を楽しむこともできます。

また、フレンチノットステッチは糸の本数や巻き回数によって仕上がりの大きさが変わります。どんなデザインにしたいのかに合わせてサイズを選べるのも大きな特徴と言えるでしょう。

刺繍の道具と材料

材料

  • 刺繍糸
  • 木綿布 

道具

  • 刺繍針
  • 定規
  • フリクションペン
  • 糸切りバサミ
  • 刺繍枠(刺繍枠の使い方はこちらの記事をご覧ください。)

フレンチノットステッチのやり方

やり方

  1. 布の表面に、フレンチノットステッチをしたい場所へ印をつけておきます。(面を埋める場合や印が不要な場合はなくてもOKです)

    目黒愛

  2.  縫い始めは玉結びを作り、布の裏側から縫い初めの位置に糸を出します。

    目黒愛

  3. 針に糸を巻き付けます。布から少し離れた場所で行うと巻きやすいです。まずは1回巻きで行います。

    目黒愛

  4. 糸を巻いたまま、手順2で出した穴と同じ穴に針を刺します。

    目黒愛

  5. この時、片方の手で針を持ち、もう片方の手で糸を持ちながら、糸がピンと張るように行いましょう。

    目黒愛

  6. このまま糸を抜きます。糸を抜くとき、結び目を軽くおさえるようにしてもOKです。

    目黒愛

  7. フレンチノットステッチの完成です。

    目黒愛

  8. 手順3で巻く回数を増やすと、仕上がりのサイズが大きくなります。お好みで調整してください。

    目黒愛

  9. 左から巻く回数を増やしていきました。ころんとした印象で可愛らしいステッチですね。

    目黒愛

フレンチノットステッチの刺し終わりのやり方

フレンチノットステッチの刺し終わりは、他のステッチと同様、玉止めか糸をくぐらせる方法どちらかで行なってください。今回は裏糸にくぐらせる方法をご紹介します。

刺し終わり方

  1. フレンチノットステッチをした布の裏側になります。

    目黒愛

  2. 針が出ている一番近い場所の裏糸にくぐらせます。

    目黒愛

  3. 2回ほどくぐらせておくと安心です。

    目黒愛

  4. 糸切りハサミでカットします。

    目黒愛

  5. 完成です。

    目黒愛

フレンチノットステッチを綺麗に仕上げるコツ

 

糸を引き締めて同じ穴に通す

目黒愛

フレンチノットステッチは、巻き付けた後に糸がたるんでいると浮いたり崩れたりする原因になります。やり方の手順5〜6の時、巻き付けた後は糸をピンと張り、引き締めて穴に通すようにしてください。

また、最初に針を通した穴と違う場所に通すことも、浮いたり形が崩れたりする原因に。綺麗な丸に仕上げるためには、必ず同じ穴に通すようにしましょう。

フレンチノットステッチの本数・巻き回数によるサイズ比較

目黒愛

フレンチノットステッチの1本どりの1回巻きは、とても小さめの仕上がりです。反対に、4本どりの3回巻きはかなり大きく仕上がることが分かりますね。

どんな仕上がりにしたいのかに合わせて選ぶのはもちろん、縫い付ける布の繊維の大きさに合わせて調整するのがおすすめです。布をすり抜けてしまいそうな場合は、糸の本数や巻く回数を増やすのが良いでしょう。

フレンチノットステッチを活用しよう

目黒愛

フレンチノットステッチをいくつかまとめて花束に仕上げるデザインです。同系色でまとめたお花がとっても可愛いですね。

目黒愛

糸の本数や巻く回数を変えてデザインするのも素敵です。他にも動物の毛の部分や、目や鼻など顔のパーツを刺繍するときにもフレンチノットステッチが使えます。お好みで色々なデザインを楽しんでください。

刺繍の基本をマスターしよう

刺繍の基本の道具や使い方、ステッチのやり方をご紹介しています。フレンチノットステッチができるようになったら、次のステッチをチャレンジしてみましょう

■刺繍の基本の道具や材料について確認したい方はこちら
■サテンステッチのやり方はこちら
■アウトラインテッチのやり方はこちら 
■お花の刺繍のやり方はこちら

このレシピのデザイナー

目黒愛

男の子2人の子育てに奮闘中。育児の合間に出張で刺繍のワークショップを開催したり、雑誌に刺繍の図案やレシピを提供している。現在、個展開催を目標に作品を制作中。Instagram:@ai.meguro

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。12月のBoxは、日本の伝統工芸である水引を使ったお正月飾りです。
松や稲穂、南天など、お正月にふさわしい縁起のよい花材に加え、ヒメワラビやユーカリといったトレンド感のあるプリザーブドフラワーもプラス。スペシャルギフトとして、お正月に出番の多い箸袋とぽち袋が作れる水引と折り紙がついています!

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【12月26日(月)10:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。