お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

かぎ針編みで編むベビーヘアバンド・前編(ヘアバンド本体を作ろう)

i8mai8main

赤ちゃんに編み物でなにか作ってあげたいけれど、難しそうだし何を作ったらいいかわからない……という方におすすめのアイテムがベビーヘアバンドです。

赤ちゃんのおめかしにぴったりなヘアバンドの作り方を前後編にわたってご紹介します。この記事は前編、ヘアバンド本体の作り方です。

小さい赤ちゃんもドレスアップできるベビーヘアバンド

ヘアバンドは、まだ髪の毛が短くヘアアレンジをするのが難しい赤ちゃんでも、女の子らしくドレスアップできるアイテムです。

それではさっそく、ベビーヘアバンド(本体)を作ってみましょう。

完成サイズ

頭周り 約41cm
高さ 約4.5cm

所要時間

4時間程度

このレシピで使う編み方

このレシピで使う編み方は下記3つです。初めての方は別ページでの説明も合わせてご覧ください。

細編みはこちら

鎖編みはこちら

長編みはこちら

ベビーヘアバンド(本体)の材料と道具

材料

  • オーガニックコットンヤーン(ピンク・合太)約12g
  • ヘアゴム(直径5cm)1個

道具

  • かぎ針 5/0号
  • 毛糸とじ針
  • ハサミ
  • メジャー

写真にある下記材料と道具は後編で使います。
・綿素材の毛糸(赤) 合太 
・かぎ針6/0号

ベビーヘアバンド(本体)の編み図

編み図記号と編み図

ベビーヘアバンド(本体)の編み図

ベビーヘアバンド(本体)の作り方

①ヘアバンドの土台と1段目の作り方

  1. まずは1段目を編むための土台を編みます。一番最初の作り目を作ります。
  2. 続いて鎖編みを1目編みます。かぎ針に糸を引っかけて輪の外に引き出せば、鎖編みが1目編めます。(鎖編みの詳しい編み方はこちらへ)
  3. そのまま鎖編みを合計86目編みます。編み終わると長さ約41cmになります。
  4. かぎ針を右側に持ってきて、右端から2番目の目にかぎ針を入れて細編みをします。(細編みの詳しい編み方はこちらへ)
  5. 次に鎖編みを1目編みます。
  6. ここからは長編みを編みます。かぎ針に糸を引っかけます。(長編みの詳しい編み方はこちらへ)
  7. 先ほど細編みした目から3目めの場所にかぎ針を入れます。
  8. かぎ針に糸を引っかけます。
  9. 糸を輪の外に出します。かぎ針に糸が3本掛かっています。
  10. かぎ針に糸を引っかけます。
  11. 引っかけた糸をかぎ針に掛かっている3本中2本の輪に通します。かぎ針には2本糸が掛かっています。
  12. かぎ針に糸を引っかけます。
  13. すべての輪に通します。これで長編みが1目編めました。
  14. 今編んだ長編みと同じところに長編みを2目編みます。
  15. 次に鎖編みを1目編みます。
  16. 先ほど編んだ長編みの場所から3目目のところに細編みを編みます。これで模様が1セット編めました。
  17. 鎖編み1目→長編み3目編み入れる→鎖編み1目→細編み1目の編み方を繰り返して編みます。
  18. 最後の1目は細編みをして、1段目の完成です。

②2段目の編み方

  1. 鎖編みを6目編みます。
  2. 編み地を左右反転させます。
  3. 長編みの真ん中の目にかぎ針を入れます。
  4. 細編みを1目編みます。
  5. 鎖編みを3目編みます。
  6. 1段目で細編みを編んだ、少しへこんでいる部分に細編みを1目編みます。
  7. 鎖編み3目→細編み1目を繰り返して編んでいきます。2段目の最後まで編めました。

③3段目〜8段目の編み方

  1. 2段目まで編んだ編み地を左右反転させて鎖編みを3目編みます。
  2. 同じ目に長編みを1目編みます。
  3. 鎖編みを1目編みます。
  4. 2段目で細編みをした少しへこんでいる部分に細編みを1目編みます。
  5. 1段目と同じように鎖編み1目→長編み3目編み入れる→鎖編み1目→細編み1目を繰り返して編みます。
  6. 長編みと細編みはそれぞれ2段目の細編み部分に編みます。
  7. 3段目の最後は鎖編みを1目→長編みを2目編みます。
  8. 偶数の段(4段目・6段目・8段目)は2段目と同じ編み方、奇数の段(5段目・7段目)は3段目と同じ編み方で編んでいきます。

④糸始末をする

  1. 編み終わりの糸をカットしてとじ針に通します。編み地を裏に返して、編地に針を通します。
  2. 繰り返し2、3目ほど編み目に通し、糸を切ります。同じ要領で、編みはじめの糸も始末します。

⑤ヘアゴムをつけて完成させる

  1. 赤ちゃんが成長しても使えるように、今回はサイズ調整用のヘアゴムをつけます。まずは編み地の端→ヘアゴムの順にかぎ針を通します。
  2. かぎ針に糸を引っかけます。
  3. 糸を、ヘアゴム→編み地の順に引き出します。
  4. かぎ針に糸を引っかけます。
  5. 糸を輪の外に出せば細編みが1目編めました。
  6. 合計12目の細編みを編みます。編み地にかぎ針が入りやすい場所に編めばOKです。
  7. 糸をカットして、反対側も同じように細編みでヘアゴムをつけます。
  8. ④で行った糸始末と同じように両端とも糸の始末ができたら赤ちゃん用のヘアバンドの完成です。

アレンジしてかぎ編みヘアバンドを楽しもう

今回作ったベビーヘアバンドはヘアゴムを編み込んでいるので、動き回る赤ちゃんにもフィットしますし、ぐんぐん大きくなるこの時期でも、そのまま長く使えます。

後編ではバラの飾りを作って付けます。ぜひ合わせて作ってみてください。

後編・バラ飾りの作り方はこちら

ワークショップで編み物をやってみよう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

編み物のワークショップを見る

このレシピデザイナーのワークショップを見る

i8mai8main
毎月違う植物で染めた毛糸でかぎ針編みを楽しむワークショップを開催。身近な植物の秘める色に驚くはずです!草木染の話と編み物の話をしながらゆったりとした時間を過ごしましょう。

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。