お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

手織りでウィービングを始めよう!点線とボーダーの織り方

Textile file Mai

こんにちは。ウィービング作家のMaiです。

これまで、経糸の張り方平織りのやり方フリンジの作り方羊毛の織り方をご紹介してきました。今回は少しだけ難易度を上げて、模様を作る方法をご紹介します。まずは、シンプルな点線とボーダーを作ってみましょう!

このレシピに入る前に必要なスキル

経糸を張る

平織りで織る

毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」でウィービングを始めよう♪

Craftieでは、毎月届くハンドメイドのサブスク定期便「Craftie Home Box」を受付中です。10月はふわふわとした立体感が素敵な、ウィービングタペストリーをお届け。コンパクトな木製織り機と道具、毛糸がセットになっています。送料無料でいつでもスキップできるため、季節に合わせたハンドメイドを気軽に始めることができますよ。

お申込みは【2021年9月20日(月)】まで、お見逃しなく! ※受付状況により、早く締め切る場合がございます

Craftie Home Boxを見る

織物で模様が作れる仕組み

織物は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の組み合わせでできています。

糸の色や織り方を変えることで、表から見える色を調整し、さまざまな模様が織られています。例えばデニム生地は『綾織り』という織り方で作られていて、経糸と緯糸の太さと色が違うので、仕上がった生地の表面は青っぽく、裏面は白っぽく見えます。

今回は、この表側から見える糸の色を変えながら点線とボーダーを織っていきます。

点線とボーダー模様の織り方を練習しよう

模様が織れるようになるとデザインの幅がぐんと広がるので少しずつマスターしていきましょう。今回はコースターを作りながら、織り方を紹介します。所要時間は30〜45分程度です。

材料

  • 好きな色の毛糸(中細〜合太)4色 各10g程度
  • 土台用毛糸(4色の毛糸より細目のもの。経糸用の糸でも代用可)少量
  • 経糸用コットン糸 少量

道具

  • 織り機
  • 織り針
  • くし
  • ハサミ

ベースの準備

ベースの作り方

  1. 経糸の張り方のページを参考に、経糸を張ります。
  2. 経糸と同じ糸を使って、2~3往復、平織りをします。

    Textile file Mai

  3. 次に、全体のベースにしたい毛糸(ここでは白の太めの毛糸)を2往復平織りします。織り終わったら切らずに針にセットしたままにします。これでベースの完成です。

    Textile file Mai

点線の織り方

それでは、模様を織っていきましょう。

点線は平織りの特徴をうまく使って、表に見える部分と見えない部分を作ることで模様になります。つまり、お裁縫の『波縫い』と同じです。そう思うと簡単にイメージできるのではないでしょうか?

点線の織り方

  1. ベースを作った時と、綜絖(そうこう)の向きを変えます。
  2. 点線にしたい毛糸(ここではミントグリーンの毛糸)を1方向だけ平織りします。※細い糸なので、目立つように2本どりにして織っています。

    Textile file Mai

  3. 右側に数cmほど糸の端を残します。これは織り込まずに残しておいて大丈夫です。

    Textile file Mai

  4. 再び、ベースの糸(白い毛糸)で1往復半平織りします。

    Textile file Mai

  5. 綜絖の向きを変えて点線用の糸を1方向平織りします。

    Textile file Mai

    Textile file Mai

  6. ベースの糸で2往復織ります。点線の模様ができました!

    Textile file Mai

ボーダーの織り方

ボーダーは、毛糸の色を変えるのみで、基本的な織り方です。ただ、縞模様の太さによって少し方法が異なりますので、太いボーダーにしたい場合と細いボーダーにしたい場合とで2種類の方法をご紹介します。

①太いボーダーの織り方

  1. 太いボーダーは水色の毛糸で説明します。まずは2往復平織りします。織り始めと織り終わりの糸端は内側に織り返して裏に隠します。(平織りの工程4.参照)

    Textile file Mai

    Textile file Mai


    もっと太くしたい時や、使っている糸が細い時は3〜4往復しても大丈夫です。
  2. 再びベースの糸で1往復半~2往復平織りします。

    Textile file Mai

  3. 太いボーダーはこれで完成です。

    Textile file Mai

細いボーダーの作り方

  1. 細いボーダーは黄色で説明します。細めにするため、往復はせず1方向だけ平織りします。糸の中心がおおよそ真ん中の経糸の位置に来るように配置します。

    Textile file Mai

  2. 左右の糸端を内側に向かってそれぞれ平織りします。糸の端が重なるところで、糸端を裏に出します。(中心で重なっていなくても大丈夫です。)

    Textile file Mai

    Textile file Mai

    これで細いボーダーの線が入りました。

  3. ベースの糸を1往復します。

    Textile file Mai

  4. 先ほどと同じ方法で黄色の糸を織り、最後にもう一度ベースの糸を1往復半織ります。

    Textile file Mai


    細いボーダー模様ができました。

コースターを完成させよう!

模様ができたら、コースターを仕上げましょう。

作り方

  1. ここまで織ってきた方法で、ボーダーと点線模様を繰り返して作ります。(この写真では、黄色い線を中心にして対称になるように模様を入れました。)織り終わったら、最初にベースとして織ったものと同じ糸(経糸用の糸)で2~3往復平織りします。

    Textile file Mai

  2. 経糸ごと枠から外します。
  3. 裏返して、左右に飛び出している緯糸の糸端をかぎ針を使って内側に入れ込み、2cmほど残してカットします。

    Textile file Mai

    Textile file Mai

    Textile file Mai

  4. 経糸は2~3本ずつの束にして結びます。(経糸の本数が奇数だったので、ここでは左端だけ3本ずつで、そのほかを2本ずつまとめて結んでいます。)

    Textile file Mai

  5. 結び終わったら、糸を好きな長さで切りそろえて、完成です!

    Textile file Mai

模様を組み合わせてウィービングを楽しもう!

Textile file Mai

点線とボーダーの組み合わせはシンプルでインテリアとも合わせやすいので、いろいろな糸で織ってデザインを楽しんでみてください。

今回はコースターを織りましたが、慣れてきた方は、もっと大きく織ればタペストリーやランチョンマットにアレンジすることもできますよ。

織物の作り方をワークショップで学ぼう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

織物のワークショップを見る

ライター

Textile file Mai
Textile file Mai
ウィービング作家・講師、Textile file主催。ワークショップを通じてウィービングの楽しさを伝えています。Craftie登録講師。Instagram: @textile_file