お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

裁縫の基本「なみ縫い」をマスターしよう!【縫い方の教科書】

コノトガク

裁縫にはさまざまな縫い方があります。その中でも基本となる縫い方のひとつが、「なみ縫い」です。
今回は、なみ縫いの縫い方や綺麗に縫うポイント、活用方法を詳しくご紹介します。

裁縫の基本となる「なみ縫い」

なみ縫いの縫い方を紹介する前に、まずはなみ縫いとは何かについて解説します。
「なみ縫い」とは、和裁で最も基本となる縫い方で、表裏揃うような針目で真っ直ぐかつ等間隔に縫います。
洋裁でも使われる、裁縫そのものの基本となる縫い方のため、初心者の方は初めに「なみ縫い」をマスターしましょう。

そんななみ縫いは、「ぐし縫い」と混同されることがありますが、これらは縫い目の間隔に違いがあります。
「なみ縫い」は約3〜4mm間隔で縫うことが多く、「ぐし縫い」は約2mm間隔で縫うことが多いのです。
縫い方は共通しているので、なみ縫いとぐし縫いをはっきり分けていないケースも見られます。

なお、ぐし縫いについてはこちらのページをご覧ください。

ぐし縫いについて見る

なみ縫いが活躍する場面とは?

裁縫の基本であるなみ縫いは、さまざまな場面で活用できます。ここからはなみ縫いの活躍方法をご紹介します。

①縫い目を魅せる仕上がりを目指す時

等間隔で見た目が綺麗に仕上がるなみ縫いは、パッチワークや刺繍の縫い目など、縫い目をデザインの一部にしたい時に活躍します。
糸の色をカラフルにすると、縫い目がポップに見えて可愛く仕上がります。

②ギャザーを作りたい時

手縫いで縫うなみ縫いは、ギャザー作りにも活躍します。
「ギャザー」とは布が寄った状態のこと。プリーツと違い、寄せたひだが放射線状に伸びた状態のことです。
ギャザーを作りたい箇所をなみ縫いし、玉止めをする前に糸を絞るだけで、ギャザーは簡単に作れます。

また、より細かなギャザーを作りたい時は、「ぐし縫い」を活用することが多いので、あわせて覚えておきましょう。

③洋服づくりの前のしつけ縫いとして

洋服づくりなどの大きなものを作る際に、布同士がずれないように仮縫いをする「しつけ縫い」としても活躍します。
しつけ縫いは最終的に外してしまうため、比較的大きな縫い目で縫っても問題ありません。

ただし、カーブや角などはあまり大きな縫い目にするとズレやすくなるので、注意しましょう。

「なみ縫い」をマスターしよう!

ここからは、なみ縫いの縫い方と、綺麗に仕上げるポイントをご紹介します。

なみ縫いの縫い方

  1. 針を生地の表から刺して、裏から表にもどします。
  2. 糸を引いて、1と同じ幅になるように表から刺し、裏から表にもどします。これを繰り返します。
  3. なみ縫いが完成しました。裏側も同じ仕上がりです。

ポイント①布はたるませずに縫う

なみ縫いは布がたるんでいると縫いづらくなります。
針を持つ手と反対の手が離れすぎていると布がたるんでしまうため、布をしっかり伸ばした状態で縫うことを心がけましょう。

ポイント②針を刺す高さを揃えて縫う

なみ縫いをきれいな直線で縫っているとき、段々斜めになって真っ直ぐに縫えないという方もいるでしょう。
真っすぐ縫うコツは、布端と縫い目を並行にすること。
また、針を刺す高さを揃えると真っ直ぐに縫えます。
慣れるまでは、チャコペンなどで印をつけて縫ってみましょう、その上を縫っていくと、徐々に慣れてコツが掴めてきます。

ポイント③縫い目の間隔を統一させる

針目が表に見えるなみ縫いは、等間隔に縫うと仕上がりが綺麗に見えます。
表だけではなく、表も裏も同じ幅で糸が見えるよう、等間隔で縫いましょう。

ポイント④まとめて布をすくうと早く縫える

ひと針ずつ縫うことに慣れてきたら、数針まとめて布をすくう練習をしましょう。
まとめて布をすくいながら縫えるようになると、スピードが速くなります。
また、スピードを上げるコツとして、針の長さを調節するのもおすすめ。針が長すぎたり短すぎたりすると、縫いづらく時間がかかります。
針をつまんで持った際、針先が数ミリ出るくらいの長さがベスト。自分の指に合う針の長さを見つけましょう。

なみ縫いが活躍するレシピ

出産祝いにもおすすめのスタイは、なみ縫いで手作りすることができます。
スタイはカーブが多く一見難しそうですが、下記のレシピでは生地を四角いまま縫ってから裁断するため、初心者の方でも作りやすいです。
大切な我が子に、友人の出産祝いに、手作りのスタイをプレゼントしてみませんか。

スタイの作り方をみる

 

好きな生地でボタンを作るくるみボタン。作り方はさまざまありますが、なみ縫いでも作れます。
なみ縫いで作る際は、ボタンに合わせて一周縫うため、直線縫いで作れるスタイに比べ難易度は高めです。
そのためくるみボタンは、ワンランク上のレシピに挑戦したい方におすすめ。
くるみボタンの一般的な作り方には専用パーツや打ち具が必要ですが、なみ縫いを使う作り方は、穴あきボタンと綿さえあれば打ち具やパーツも必要ないため、より手軽に作れます。

くるみボタンの作り方をみる

裁縫の楽しみは縫い方をマスターすると広がる

おうち時間にハンドメイドを楽しむ方が増えている今、裁縫に挑戦してみてはいかがですか。
なみ縫いの縫い方をマスターしたら、作れる作品の幅が大きく広がります。
裁縫を始めたいと思ったら、まずは基本の縫い方でありさまざまな場面で活躍するなみ縫いをマスターしましょう。

毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」受付中♪

Craftieでは、毎月届くハンドメイドのサブスク定期便「Craftie Home Box」を受付中です。

2022年の最初にCraftie Homeがお届けするのは、カリグラフィーのセットです。“西洋の書道”とも呼ばれるカリグラフィー。専用のペンを使って心穏やかに文字を綴る時間、そして、書き上げた言葉で暮らしを彩るクリエイティブな時間・・・。「新しい体験」がつまった新年のスターターボックスで、2022年を軽やかに駆け抜けていきましょう!

お申込みは【2021年12月20日(月)】まで、お見逃しなく! ※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。