お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

やさしい風合いのコットンパールで作るピアスとネックレスのレシピ

kino

手作りのアクセサリー素材として定評のある「コットンパール」。本物のパールとはまた違った優しい輝きを放つため、普段のお洋服にもなじみやすく、軽くて身に着けやすいといった魅力があります。今回は、コットンパールを使ったオリジナルのピアスとネックレスの作り方をご紹介します。

「コットンパール」とは?

コットンパールとは、イミテーションパールとも呼ばれ、綿(コットン)を球体に圧縮して作られた球体に、パールエッセンスと呼ばれる塗装をして加工を施した模造真珠のことです。本物のパールとはまた違う、温かみのある優しい質感があり、手作りのアクセサリーパーツとして非常に人気があります。

コットンパールならではの魅力

本真珠やプラスチックパールでは重くなりがちなデザインであっても、コットンパールは素材がコットンなので非常に軽く、ロングネックレスや何連にも重なった華やかなデザインのアクセサリーも作ることができます。

また、コットンパールは比較的安価なため、手に入れやすいことも魅力。ピアスやネックレスなど、いろいろなアクセサリーを手作りできるのも嬉しいですね。キラキラ感を抑えたセミマットな質感とアンティークな色合いを出せるので、ナチュラルな雰囲気のアクセサリーを作りたい方にもぴったりです。

耳元で優しく揺れる、コットンパールピアス

kino

耳元で揺れるコットンパールは、顔周りを華やかにしてくれます。温かみのある風合いがでるので、カジュアルなシーンにも活躍するでしょう。ここでは、レースのようなデザインのゴールドメタルパーツとコットンパールを使用した、シンプルな「コットンパールピアス」の作り方を紹介します。

完成サイズ

長さ4cm

所要時間

10分ほど

コットンパールのピアスの材料と道具

kino

材料

  • ピアス金具 1セット(3mm丸玉カン付き)
  • コットンパール 2個(直径6mm)
  • レース風メタルパーツ 2個(2cm)
  • マルカン 2個(0.8×6cm)
  • 9ピン 2本(2cm)

道具

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ

コットンパールのピアスの作り方

作り方

  1. ピンにコットンパールを1個通し、残った部分を直角に曲げたら、曲げた部分を丸ヤットコを使ってカンを作ります。詳しい方法は他のレシピで紹介していますので、こちらの記事をご覧ください。

    kino

  2. カンができたら、平ヤットコを使って開けて、ピアス金具を通します。ピアス金具を通したら、再びカンを閉じます。

    kino

    kino

  3. 次に、マルカンを開けます。工程2でコットンパールのピアス金具を通していない方に、リーフ風メタルパーツを通します。

    kino

  4. マルカンを閉じれば、リーフ風メタルパーツのコットンパールピアスの完成です。

    kino

コットンパールを連ねた上品ネックレス

kino

コットンパールを連ねたネックレスは、コーディネートに上品さをプラスしてくれます。カジュアルなお洋服はもちろん、結婚式などのフォーマルなシーンでも活躍するでしょう。ここでは、大きさの異なるコットンパーツを使った、存在感のあるネックレスの作り方をご紹介します。

完成サイズ

長さ52cm

所要時間

約1時間

コットンパールネックレスの材料と道具

kino

材料

  • 手芸用テグス 10cm
  • コットンパール 6個(大10mm2個、中7mm2個、小5mm2個)
  • ネックレスパーツ 50cm
  • ボールチップ 3.5mm
  • つぶし玉 2mm
  • Cカン  0.45×2.5×3.5 2個
  • ゴールドパーツ 5mm 2個

道具

  • ペンチ
  • ハサミ
  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ

作り方

  1. ネックレスパーツをペンチを使って半分のところで切り離します。

    kino

  2. 10cmに切ったテグスを、端1cmほど残して玉結びします。

    kino

  3. 次に、玉結びをしたところにつぶし玉を通します。つぶし玉を平ヤットコでつぶしたら、1cmほど残していたテグスを切ります。

    kino

  4. 玉結びをしていない方からカンが外側にくるようにボールチップを通します。その後つぶし玉を中に入れて、ボールチップを閉じます。この時、ボールチップを横からも見て、しっかりと閉じているか確認しましょう。

    kino

    kino

  5. ボールチップを閉じたら、テグスにコットンパールとゴールドパーツを通します(ゴールドパーツ→コットンパール小→中→大→中→小→ゴールドパーツの順番)。
    すべてパーツを通したら、もうひとつのボールチップをカンが外側にくるように通して、つぶし玉を通します。

    kino

  6. パーツを通し終えたら、パーツのギリギリのところでボールチップを潰して、テグスを玉結びします。玉結びができたら、余ったテグスはカットしましょう。

    kino

  7. テグスをカットした後、ボールチップをしっかりと閉じればネックレスのパーツ部分の完成です。

    kino

  8. 最後に、工程1でカットしたネックレスチェーンに、ネックレスのパーツを取り付けます。Cカンを開けてチェーンとボールチップのカンを通します。

    kino

    kino

  9. 工程8と同様に、反対側にもネックレスパーツを取り付けます。

    kino

  10. チェーンとネックレスパーツを取り付けたら完成です。

    kino

コットンパールで魅せるアレンジ

コットンパールは非常に軽く安価で、アレンジの幅の広い素材です。
では、コットンパールを使用した存在感のあるアレンジと、個性的なアレンジの2つ紹介します。

複数のコットンパールとビーズを組み合わせたピアス

コットンパールだけで作るピアスもシンプルで可愛いですが、スワロフスキーのビーズを組み合わせることで、キラキラ華やかな印象に仕上がります。身に着けたときに揺れるデザインで、顔周りをエレガントに演出してくれます。ビーズの色や大きさによってデザインがガラリと変わるので、ご自身のお好みにあったパーツを選んでみてください。

ネックレスのチェーンをリボンにアレンジ

Craftie

今回ご紹介したレシピはネックレスチェーンを使用しましたが、代わりにリボンを通すアイデアもおしゃれです。首元をリボンで結ぶデザインは、シンプルなニットやタートルネック、ドレスなどによく映えます。バックスタイルも可愛いので、髪をまとめてアップにしてみても良いですね。

素朴な上品さを演出するコットンパールで自分だけのアクセサリーを作ろう

kino

自然素材で作られたコットンパールは、優しく温かみのある風合いが魅力です。マットな質感なので、キラキラしすぎずほどよい上品さを与えてくれます。まさに大人の女性にぴったりなアクセサリーパーツといえますね。カジュアルなお洋服に合わせるのはもちろん、ドレスにもぴったりです。手軽な材料で初心者さんにも作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。

このレシピのデザイナー

kino プロフィール画像
kino
アクセサリー作家として活動しています。つまみ細工やレジン、ワイヤーアクセサリーなど幅広いジャンルで作り方をお伝えします。Instagram: @hmkino

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。