お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

総まとめ!Craftie Style編集部と振り返る2019年

クリスマスも過ぎ、いよいよ年末ムードが高まっています。

2019年は、どんなものづくりをしましたか? 2019年のCraftie Styleでは、ものづくりにチャレンジしたい人がより気軽に取り組めるようにとものづくりレシピを主に紹介してまいりました。

この記事では2019年を振り返りながら、今年公開したレシピや記事を10個改めてご紹介します。何かと慌ただしい時期ですが、少しだけ手を止めてお茶でも飲みながら読んでもらえたらうれしいです。

お気に入りのハンカチ1枚で作る、お弁当袋

rino

ハンカチ1枚で作れる、かんたんお弁当袋の作り方

お弁当袋は意外と「これ!」と思うものと出合えないアイテムなのではと思います。「作りたい!」と強く感じるのは、たくさん探しても自分にぴったりのアイテムが見つけられないときなのかもしれません。

この記事ではお気に入りのハンカチをお弁当袋にかんたんハンドメイドする方法をご紹介しています。そのまま開いてランチョンマットにできちゃう優れものでもあるので、2019年を通してたくさんの方に見ていただきました。

お花のようなつけ襟がかわいいベビースタイ

rino

つけ襟風ベビースタイの作り方

同じく洋裁で人気だった記事が『つけ襟風ベビースタイの作り方』です。お花のようなデザインがとってもキュートな上にリバーシブルでも楽しめるので、これから子どもを迎える人や子どもを持つみなさんに見てもらいました。

記事の中では、お子さんの成長に合わせてサイズを大きくする方法やハロウィンなどのイベントごとに応用させる方法なども載せています。

夏休みの自由研究&工作特集

<夏休みの自由研究&工作>玉ねぎの皮で草木染めをしよう!
<夏休みの自由研究&工作>藍染めをしてみよう!

夏休みはお子さんの自由研究に向けて、レシピを作っていました。Cratie Styleの母体でワークショップの企画や運営をしちるCraftieでは自由研究にまつわるイベントの開催もしていたので、お子さんの自由研究や工作への意欲を伸ばせていたらうれしく思います。

中でも好評だったのは、染め物のレシピです。身近な食材の玉ねぎを使って染めるレシピや市販の染液を使いながらの藍染レシピは、学びという点でも新しい発見が多いレシピでした。

ハロウィンに楽しみたいものづくり

ハロウィンの仮装に!かぼちゃの帽子の編み方

秋に向けてご紹介していたのはハロウィンにまつわるレシピです。ハロウィンなどのイベントにハンドメイドの要素を加えると、イベントまでの過程も楽しめるとの声もありました。

オレンジが鮮やかなお子さん向けのジャコランタンの帽子は、ハロウィンに合わせて作られたレシピです。毛糸の色を変えるアレンジをしたら、これからの季節にも大活躍間違いなしです。

ドライフラワーを使ったレジンアクセサリーの作り方

kino

ドライフラワーを閉じ込めた、レジンアクセサリーの作り方

ハンドメイドアクセサリーで人気のレジン。2019年のCraftie Styleでもレジンアクセサリーのアイデアをたくさん紹介してまいりました。

中でもドライフラワーを使ったレシピは、選ぶドライフラワーの色によって表情が大きく変わるので初心者の方でもオリジナリティを出しやすく挑戦しやすい内容になっています。

剣つまみでつくる菊のブローチ

つまみ細工 優

剣つまみの菊の作り方。ブローチ&ヘアアクセサリーに。

今年のCraftie Styleでは、毎月つまみ細工のレシピもご紹介していました。初心者の方でも取り組めるように、とレシピを作っているので興味がある方はぜひチェックしてみてほしい内容になっています。

中でも凛とした美しさを感じる菊をモチーフにしたブローチは、花びらの先が尖らせる『剣つまみ』という手法を使ったシンプルなレシピです。

おいしくてかわいいアイシングクッキー

スノーマンやツリーが可愛い!クリスマスのアイシングクッキー

同じく、2019年毎月ご紹介しているレシピにアイシングクッキーもあります。かわいいから食べるのをためらってしまうような、でも食べるとおいしいものづくりがここにあります。

SNSなどで特に人気だったのは、冬にぴったりのスノーマンのアイシングクッキーです。これからの季節も活躍するデザインなので、冬本番に向けて作るのもいいですね。

旅するものづくりライターによる現地レポートコラム

Textile file Mai

チェンマイで感じる、手仕事がすぐそばにある暮らし

今年のCraftie Styleではものづくりレシピの他に、世界を旅するものづくりライターさんにコラムも書いてもらいました。

こちらのコラムで書かれているのはタイ・チェンマイのローカルな手仕事マーケットの様子です。カラフルな山岳民族の手工芸品や伝統と革新が融合したデザインが垣間見れますよ。

編集部が体験したワークショップをレポート

Craftie Style編集部

ワークショップで金継ぎ体験!東京の教室で食器の修復をしてきました

Craftieに登録されているワークショップに編集部が参加してレポートする記事も書きました。

中でも印象的だったのは金継ぎのワークショップです。割ってしまったうつわを修復したら、さらにお気に入りのアイテムになりました。ワークショップはものづくりの楽しさと一緒に新しい考え方にも出会える機会なんだと感じています。

熱い気持ちでものづくりに取り組む企業にインタビュー

Craftie Style編集部

リカシツが広げる理化学ガラスの可能性。本物の実験器具だからできることがもっとある|リカシツ(関谷理化株式会社)

魅力的なものづくりに取り組む企業にインタビューも行いました。

東京・清澄白河のお店『リカシツ』のお話を伺ったインタビューでは、医療現場で実際に使われる本物の耐熱ガラスメーカーだからこそのこだわり、だからこそ感じられる普段の生活での利点などを語ってもらいました。

2019年もありがとうございました!

2019年のCraftie Styleではたくさんの記事を作ってまいりました。少しでも、ものづくりに取り組みたい気持ちと寄り添えていたらうれしく思います。

冬休みや年末年始にものづくりにチャレンジしてみたいなという方はぜひ年末年始に作ってみたい。編集部が選ぶハンドメイドレシピもチェックしてみてくださいね。

Craftie Styleでは2020年もインターネットを介してものづくりのある暮らしが豊かになるような情報を伝えられるよう努めて参ります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

それでは2019年もありがとうございました。よいお年をお過ごしくださいませ。

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。