剣つまみの菊の作り方。ブローチ&ヘアアクセサリーに。

つまみ細工 優

つまみ細工と聞いて、大輪の丸菊を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。その先が尖っている花びらを作るための基本的な手法が「剣つまみ」です。

今回は、剣つまみで作る菊の花のアクセサリーの作り方をご紹介します。ブローチにもなるヘアアクセサリーを完成させましょう。

花びらも葉も表現できる「剣つまみ」

つまみ細工の基本的な手法の一つ「剣つまみ」は、菊の花びらのように、丸みがありつつも花びらの先のとがった形が特徴です。

花びらを立体的に表現できるのはもちろん、折り目からひっくり返すことで葉の形も表現できるなど、さまざまな作品にアレンジすることができます。

剣つまみの菊アクセサリーの作り方概要

つまみ細工 優

完成サイズ

約5.5cm×4.5cmほど。

所要時間

約2時間(個人差があります。)

剣つまみの菊アクセサリーづくりに必要な材料と道具

つまみ細工 優

材料

  • キュプラ(黄)3cm角×12枚
  • キュプラ(緑)3cm角×5枚
    キュプラは洋服の裏地によく用いられるつるつるとした薄手の生地です。
  • コットン(花柄)3cm角×1枚
    コットンの代わりにキュプラ(黄)を使うと、より落ち着いたデザインになります。
  • 花座(大・小)各1個
    お好みで大1個にしてもOKです。
  • パールビーズ 直径4mm×1個
  • 2way台座 1個
    台座にブローチピン(安全ピン)とワニ型クリップがついたもの。100円ショップなどで販売されています。
  • 厚紙(台紙用)直径2.8cmの丸型×1枚
    空き箱などから切り出したものでもOKです。

道具

  • ピンセット
  • ハサミ
  • 速乾性ボンド

剣つまみの菊アクセサリーの作り方

菊の花びらの作り方

  1. 「剣つまみ」と呼ばれる手法・形の花びらを作ります。キュプラ(黄)かコットン(花柄)の布を対角線上で二つ折りにし、三角形を作ります。さらに二つ折りにします。

    つまみ細工 優

  2. ヒラヒラする方(写真下部)を下にして布の中心をピンセットで挟みます。

    つまみ細工 優

  3. ピンセットで挟んだ上下の布の角どうしを合わせるようにして二つ折りにします。
    3つの角が集まった部分にボンドをつけ、固定します。この時、ボンドをできるだけ少量に抑えるのがきれいに作るコツです。

    つまみ細工 優

  4. 作った花びら(写真左)を、ボンドをつけた角の角度が1/2になるようにハサミでカットします(写真右)。これを「端切り」といいます。同じ要領で、キュプラ(黄)11枚、コットン(花柄)1枚、合計12枚の花びらを作りましょう。キュプラ(黄)1枚は、台に使うので残しておきます。

    つまみ細工 優

菊の葉の作り方

  1. 花と同じく「剣つまみ」手法で、キュプラ(緑)を使って葉を作ります。

    つまみ細工 優

  2. カットした部分には薄くボンドを塗り、指で押さえて布が重なった部分をくっつけます。

    つまみ細工 優

    つまみ細工 優

    つまみ細工 優

  3. 葉の折り目をピンセットでつまみます。

    つまみ細工 優

  4. ピンセットの先が上を向くようにぐいっと回して、葉全体をひっくり返します。

    つまみ細工 優

  5. 同じ要領で、合計3枚の葉を作ります。3枚の葉のうち1枚の端にボンドを薄く塗ります。

    つまみ細工 優

  6. 残り2枚の葉を上から扇形になるよう左右に重ねて接着します。これ完成です。

    つまみ細工 優

アクセサリー土台の作り方

  1. 花びらを作る際に残しておいたキュプラ(黄)で、厚紙を包みます。

    つまみ細工 優

  2. 2way台座にボンドをつけます。この時、あまり多くつけるとはみ出るので注意しましょう。

    つまみ細工 優

  3. ワニ型クリップの台座から飛び出す部分をが隠すようにして、台座に葉を張り付けます。

    つまみ細工 優

  4. キュプラ(黄)で包んだ厚紙を張り付けて、土台は完成です。

    つまみ細工 優

仕上げ

  1. 花びらの下側にボンドをつけ、台座に12枚がバランスよく並ぶようぐるりと貼り付けます。

    つまみ細工 優

    つまみ細工 優

  2. 花びらが並んだ中心にボンドをつけ、花座大をつけます。

    つまみ細工 優

  3. 花座大の中心にボンドをつけ、花座小を重ねてつけます。

    つまみ細工 優

  4. 花座小の中心にボンドをつけ、パールビーズを乗せるようにしてつけて、アクセサリーの完成です。

    つまみ細工 優

    つまみ細工 優

2wayの金具でアレンジの幅が広がる

2way台座は、1つの台座にブローチピン(安全ピン)とワニ型クリップの2種類の金具がついています。

ブローチピンで洋服やバッグなどに付けて楽しむこともできますし、ワニ型クリップでヘアピンとして髪につけたり、ポニーフックの代わりにまとめ髪の結び目に差すこともできます。ストール用のクリップとして使ってもいいですね。

2way台座以外の金具にももちろんアレンジ可能です。台座付のヘアピンやイヤリングパーツにお花をつける場合は、布のサイズを1.5cm~2cm程度に小さくするとかわいく仕上がりますよ。

小さい布で作るのは作業が細かくなって大変ですが、繊細でかわいらしいお花ができます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

つまみ細工をワークショップで学ぼう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

つまみ細工のワークショップを探す

このレシピのデザイナー

つまみ細工 優
娘の成人式の髪飾りを作るために、つまみ細工を始めました。和風の髪飾りだけでなく、アクセサリーやコサージュなど洋服に合うものも作っています。Instagram: @tumami_bee

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。