縄文ハンターマチコ氏の土偶ワークショップ

土偶に特化したワークショップを開催中!ゆるくてカワイイ魅力を秘めた土偶の世界にあなたもひたってください!

この教室のレビュー


楽しい!
0

素敵!
0

達成感
0
まだレビューはありません

教室の紹介

みなさん、初めまして。
こちらの講座にご興味をもっていただきありがとうございます。
講座を主催しているマチコ氏こと森口真千子です。

さて突然ですが、みなさんは縄文時代をご存知ですか?


あまり印象の薄い方もいらっしゃるかもしれませんが縄文時代は実は1万3千年もの間、戦争もなく平和に人々がムラという単位で社会を作り狩猟や採集をしながら自然と調和するサスティナブルな生活を営んできたとても魅力的な時代なのです。
実際に日本各地の縄文遺跡からはほとんど武器というものが発掘されず、争いで亡くなったような痕跡もありません。

私たちの祖先にあたる彼らの死生観や自然観をまのあたりにすると、1万年以上の時を超えて今の私たちの中に残る日本人としてのDNAが呼び起こされるようなそんな不思議な感覚を覚えます。

そんな感動をぜひもっと沢山の方に感じていただきたという思いから少しでも縄文文化に触れていただきたく、縄文文化に関するワークショップを開催しています。
現在は<土偶キャンドル><ミニ土偶づくり>2つのワークショップを開催しております。


とてもユニークで間口の広い縄文文化は学べば学ぶほど深く、お子様から大人まで得られるものがたくさんあります。ぜひ一度ご参加してその面白さを体験してみてください!


<土偶キャンドルって?>

ジェルタイプの透明のろうを地層のように色をつけたりして重ねて作っていきます。
中に石や砂などをいれて自分の世界観を作ってみましょう。
地層をつくる途中で土偶を中にいれこんだら完成。

観賞用でもよし、火をつけると徐々にろうがなくなって中から土偶が現れます!!


どちらもものづくりや工作の苦手な方でもとてもシンプルな作業ばかりなので難しくありません!親子でのご参加の方からもご好評いただいております。


<ミニ土偶づくりって?>

土偶とひとえいにいっても、時代区分や地域によって沢山の種類の土偶があります!
私のワークショップでは簡単なものから大人向けの複雑なものまで幅広く作っていただくために、手乗りサイズで小さめにつくっていただいております。
お部屋のインテリアや、植物の脇においてもかわいいですよ!

教室の場所

110-0004 台東区下谷1-11-15 ソレイユ入谷2階reboot はじめるアトリエreboot 地図