お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

リボンで手作りするかんたんハロウィンリースの作り方

allish

秋のイベントといえばハロウィン、というくらい、日本でもここ数年ハロウィンの文化が定着してきましたね。

そんなハロウィンが近づく秋のシーズン、インテリアに使える秋色のリースを手作りしてみませんか?今回ご紹介するレシピは、リボンと発泡スチロールを使っていますので、植物のように枯れることもなく、扱いやすく丈夫で軽いものが作れますよ。

秋色リボンを使ったハロウィンリースの作り方

今回はハロウィンをテーマにしていますので、ハロウィンカラーであるオレンジ・緑・黒・白・紫が入っているリボンを使って制作してみましょう。それでは、さっそくレシピをご紹介します。

材料

  • 数種類の両面リボン たくさん
  • 発泡スチロール製のリース台 1つ(ホームセンターなどで手に入ります。今回は直径約12cmのものを使用。)
  • 先端の丸い割りばし 1組(平たいものより丸いものを使用した方がキレイに仕上がります。)

道具

  • ピンキングばさみ(縫い代始末などに使う、ギザギザにカットできるはさみ)

作り方

  1. リボンを約4cm角にカットします。この時ピンキングばさみを使うとほつれにくくなります。また、カットの際は4cmを1つずつ測るのは面倒なので、三角形に折りおよその長さでカットすると簡単に正方形に近いサイズにカットすることができます。だいたいの大きさが揃っていれば、大丈夫です。

    リボンの柄は無地だけでなく、チェックやストライプ、ドットや季節柄なども動きが出て面白いので、数種類のリボンを組み合わせてみてください。生地の質感も異なるものを入れると表情が出ますね。(ただし、ベルベットなどの厚手の生地は、割りばしの穴にうまく入らないため、向いていません。)
  2. カットした色とりどりのリボンを、発泡スチロール製のリース台に割りばしで差し込んでいきます。リースに刺す時は、四角いリボンの真ん中に割り箸を当てると、狙ったところにリボンが配置しやすくなり、またバランスよくひらひらと広がります。

    リボンは押し込んだ穴の先でふんわり広がるので抜けにくくなっています。あまり深く刺し込まなくても大丈夫です。あらかじめ数種類のリボンをカットして、空き箱などに混ぜておき、手に取ったもので挿していくと案外バランスよく配置できたりします。
  3. リース台に挿す時は、支えている手で土台となるリースを潰してしまわないように、力加減に注意してください。慣れてくるとぷすぷすと挿していく作業がとても楽しいです。穴の位置は、リボンを挿してふんわり広げてみて隙間が見えない程度の距離を開けていきましょう。
  4. 時計の12時、3時、6時、9時の位置に最初に挿し、その中間を埋めていくようなイメージで空間をとっていくとバランスよく挿すことができます。つい夢中になって作業をしていると、一箇所にリボンが集中してしまうことがありますので、時々、少し手を伸ばして遠くから全体を見るようにして、挿す場所や色合いを確認しながら作業を進めましょう。
  5. リボンを挿し終わったら全体を整えて、完成です!

ドアに飾り付ける他に、天井からぶら下げることもできます

このリースは発泡スチロールの土台とリボンで作っているので、とても軽いのが特徴です。リースといえばお部屋のドアに飾るのが一般的ですが、このリースなら天井からモビールの様にぶら下げてみてもいいですね。(とはいえ、落ちてこないようにしっかりと固定してくださいね。)

キャンドルホルダーとして使うアイデア

また、このリースをキャンドルホルダーとして使用すると、ハロウィンパーティーにぴったりなテーブルセッティングを演出することもできます。

テーブルにリースを置いて、中心の穴の部分にサイズの合うキャンドルを置くだけでも十分素敵になりますが、このようにケーキスタンドの上に飾ってみてください。高さが出て、お料理などと一緒に並んだ場合にも埋もれずにぱっと目を引きます。

ケーキスタンドがない場合は、安定感のあるココット皿などの上に平たいプレートを置いても代用できます。

安全なキャンドル型LEDライトがおすすめ

実は上の写真で使用しているのは、キャンドル型のLEDライトなのです。本物のキャンドルの場合、火を消し忘れるとリースに燃え移る危険がありますので、キャンドルのように見えるLEDライトはとってもおすすめです。インテリアショップなどでは様々な大きさのものがあるだけでなく、照明をつけると炎の部分が揺れて、火がまたたいているように見えるものもありますよ。

場所を選ばずに使用でき、ハロウィンだけでなくクリスマスなどにも活用できますのでLEDライトはおすすめアイテムです。

リボンで作るハロウィンのリース、このように様々な形でお楽しみいただけますので是非お気に入りのリボンで手作りしてみてくださいね。

ハロウィンのワークショップをチェック!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

ハロウィンに関するワークショップを探す

クリスマスにぴったりなハンドメイドキット販売中♪

Craftieでは、クリスマスにぴったりなハンドメイドキットを販売中です。必要な材料が全て揃っているので、すぐに制作を楽しむことができますよ。作り方も詳しく掲載しているので、ハンドメイド初心者の方にもおすすめです。

ユーカリとヒムロスギのリース(スノーホワイト)を見る

ユーカリとヒムロスギのリース(クリスマスレッド)を見る

このレシピデザイナーのワークショップを見る

Allish アリーシュ
Allish アリーシュでは「暮らしを彩る」をテーマに、様々なハンドメイドをお楽しみいただけます。

毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」受付中♪

Craftieでは、毎月届くハンドメイドのサブスク定期便「Craftie Home Box」を受付中です。

2022年の最初にCraftie Homeがお届けするのは、カリグラフィーのセットです。“西洋の書道”とも呼ばれるカリグラフィー。専用のペンを使って心穏やかに文字を綴る時間、そして、書き上げた言葉で暮らしを彩るクリエイティブな時間・・・。「新しい体験」がつまった新年のスターターボックスで、2022年を軽やかに駆け抜けていきましょう!

お申込みは【2021年12月20日(月)】まで、お見逃しなく! ※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Allish (アリーシュ)
Allish (アリーシュ)
〈暮らしを彩る〉をコンセプトに、スタイリッシュなインテリア雑貨の制作をしています。気軽に楽しんでいただけたらと1Day Lessonを中心にレッスンを行っています。Craftie登録講師。