お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

マスクケースを手作りしよう!2つの作り方をご紹介

コノトガク

今やマスクは必需品、外出時はほとんどの人がつけるようになりました。顔に直接触れるものだからこそ、替えのマスクも用意して清潔な状態をできるだけキープしたいものですね。
今回は、かんたんでかわいいオリジナルマスクケースの作り方を2種類ご紹介。かわいいデザインで、気分をあげていきましょう!

かわいいオリジナルマスクケースがほしい!

食事やお茶を飲む時に、一時的に外したマスクをみなさんはをどこに置きますか? カバンの中やテーブルの上といった場所は、見栄えも悪く、衛生的にも避けたいものです。
そんな時、さっと保管しておけるマスクケースがあれば安心です。
マスクケースはとてもかんたんに手作りできるので、家族の分を作ったりプレゼントにしたりしても喜ばれますよ。
毎日のファッションに合わせて、いろんなマスクケースに持ち替えるのも楽しいかもしれません。

今回ご紹介する2つのマスクケース

今回紹介するレシピでは、薄手の綿ローン生地を選びました。薄手の生地でも接着芯を貼ることで張りがでて使いやすくなります。

そのほか、オックスや厚手のシーチング、薄手の帆布など、どんな生地でもかんたんに作る事ができます。マスクを入れるので、抗菌生地など衛生機能のある生地を使うのもおすすめです。

好きな生地やマスクケース用で販売されている生地を使って手作りしてみましょう。

■ポケットタイプのマスクケース
ポケットタイプのマスクケースは、生地をまっすぐ縫うだけでかんたんに作れます
ケースとお
そろいの生地でマスクも手作りすると、かわいらしさも増しますよ。
材料は布と糸だけの手軽さも魅力です。

■スナップボタンが付いたマスクケース
マスクの耳にかけるゴム部分が、まるでバッグの取っ手のように見えてかわいらしいデザイン。

スナップボタンの付いたマスクケースは、フラットに開けて出し入れしやすいのがポイントです。また、収納時は半分に折ので、コンパクトなポケットサイズに。かばんの中に入れていてもかさばりません。

ポケットタイプのマスクケースについて

シンプルなポケットタイプのマスクケースは、縫う所が少ないのでかんたんに作れます。汚れたら気軽に洗えますから、洗い替え用に何枚か作っておくといいですね。

今回作るマスクケースについて

■完成サイズ

縦約12cm×横約12cm

■所要時間

約30分

材料

  • 表布  縦14cm×横約50cm
  • 接着芯 縦14cm×横50cm
  • 糸   60番の普通地用 (使用する表布に合わせた糸を使用すると綺麗です)

道具

  • 布切りバサミ
  • 糸切りバサミ
  • チャコペン
  • まち針
  • 定規
  • 目打ち
  • ミシン
  • ミシン針11番(普通地用)

ポケットタイプのマスクケースの作り方

準備が出来たら、さっそく作ってみましょう。手順や方法はシンプルなので、楽しみながら作ってくださいね。

作り方

  1. 生地に接着芯を貼ります。
    接着芯は生地に合わせて、お好みで貼ってください。



    接着芯を貼りました。

  2. 中表に合わせて待ち針でとめます。中心に返し口を5cmほど残して、端から1cmで縫い合わせましょう。



    縫えました。

  3. 「わ」から12cmで折ります。


    「わ」と右端の縫い目を合わせます。



    上下の端を端から1cmで縫います。(脇になる部分です)



    脇が縫えました。

  4. 返し口から表に返します。


    表に返して、返し口をコの字とじをします。



    返し口が内側になるように、もう1度裏返します。



    完成です。



    写真のようにマスクをたたんで入れられます。



    綿素材で作っているので、じゃぶじゃぶ洗えて、清潔に保てます。

スナップボタン付きマスクケースについて

バッグのようなかわいらしい形のマスクケースです。また、大きく開く構造なので、マスクが入れやすいのもポイントです。

ポイントとなるスナップボタンを差し色にしてもおしゃれですし、表布と裏布を柄違いやコントラストをハッキリとさせた色使いにすると、季節感や個性を出したマスクケースに仕上がります。小さめに作ってお子さま用にもできます。

今回作るマスクケースについて

■完成サイズ

縦12cm×横24cm

■所要時間

30分

材料

  • 表布  縦14cm×横26cm
  • 裏布  縦14cm×横26cm
  • 接着芯 縦14cm×横26cm
  • 糸   60番 普通地用
  • プラスナップ(プラスチック製のスナップボタン)

スナップボタン付きマスクケースの作り方

作り方

  1. 生地の裏に接着芯を貼ります。
    接着芯は生地に合わせて、お好みで貼ってください。



    接着芯を貼りました。

  2. 表布と裏布を中表に合わせて、返し口5cmを残して端から1cm縫います。
    画像では右上分かりやすいようにめくっていますが、縫う時はしっかりと端を合わせて縫ってください。



    縫えました。

  3. 返し口から返します。


    表に返しました。端から2~3mmで縫います。



    縫えました。

  4. プラスナップを端から1.5cmの中心に付けます。
    プラスナップの付け方は、商品によって違います。商品のパッケージの通りに付けてください。



    スナップが付いたところです。



    裏側です。



    完成です。



    マスクを入れる時は、ケースを開いて写真のように入れて使ってください。

かわいいマスクケースを生活と共に

好きな生地を使ってかんたんに作れるマスクケースは、実用性も高くいくつか用意しておけばいつも清潔です。お子さまとおそろいで用意したり、仲良しのお友達と柄違いや色違いで持つのもうれしいですね。

このほかにも、さまざまなマスクケースのレシピをご紹介しています。ご家族や友人、恋人へその人に合った柄や色を考えながら楽しくマスクケースを手作りしてください。

マスクケース 手作り・作り方

Craftie

カッティングマシンBrother「スキャンカットDX」を活用した、ビニールシート(PVCシート)マスクケースの作り方をご紹介。カットデータもダウンロードできます。
お気に入りの柄で作るオリジナルマスクケース[PR]

 

マスクケース 手作り・作り方

Craftie

こちらはCraftieキッズプログラムチームによる、クリアファイルを使ったマスクケースの作り方。動画解説付きです。
マスキングテープを使ったデコレーションのしかたも参考になりますよ。
【レッズハロウィン2020】①浦和レッズカラーのマスクケースを作ろう

このレシピのデザイナー

コノトガク
コノトガク
服飾学校卒業後、パタンナー、アパレルデザイナー、ミシン講師を勤めたあと、『モノ作りの人』となる。大好きなミシンを踏みながら毎日がうるおう布コモノを製作中。instagram:@konotogaku

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。