お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

動物モチーフが可愛いプチギフトカード[PR]

Craftie

プレゼントやギフトを渡すときには、ちょっとしたメッセージを添えて渡したいもの。そんなときには、ぜひ、おうちにある材料でハンドメイドのカードを作ってみませんか?今回のプチギフトカードは、バレンタインのチョコレートやお菓子を渡すのにぴったりな動物モチーフ。バレンタインのプチギフトをぎゅっと「ハグ」している姿がとっても可愛いですよね!

Brother「スキャンカット DX」なら、ハサミでは難しいデザインも思うままに1度でたくさん作れちゃいます。

Brother「スキャンカットDX」とは?

「スキャンカットDX」はタッチパネルの操作で簡単に最大厚3mmまでの素材を切れるカッティングマシンです。スキャナー内蔵なので手書きのイラストで布を切るなんてこともカンタン。
今回Craftieでは、Brother「スキャンカットDX」とコラボレーションしてスキャンカットを使うからできる、さまざまな手作りアイデアやわかりやすいレシピを発信していきます。
楽しい使い方や作品は特集ページをチェック!

特集ページを見る

プチギフトカードの作り方

完成サイズ

動物:9.5cm x 10cm程度
ハート:4.5cm x 3.7cm

所要時間

20分程度
※スキャンカットDXを使用した場合

材料

・色画用紙 2枚(25cm x 23cm以上)

道具

・Brother スキャンカット DX
・弱粘着カッティングマット(12インチ)
・マーカー
・テープのり
・動物が抱える用のチョコレートやキャンディ

スキャンカットDXをお持ちでない方:
・ハサミ、カッター

カットデータダウンロード

Craftie

「スキャンカットDX」で使える、カットデータを用意しました。こちらから無料でダウンロードして使えます。
※カットデータを使用する際には「キャンバスワークスペース」のインストールが必要です。

カットデータをダウンロード

PDFデータもあるので印刷してハサミ等で自分で切って作ってみたい!という方もご利用いただけます。

作り方

  1. まずはじめに、今回作るデザインのカットデータをダウンロードして、「ナプキンリングの作り方」を参考にスキャンカットDXにカットデータ転送をしましょう。

    カットデータをダウンロード>>

  2. 本体の液晶画面で 「選択してください」 を押し、「カット」を選択します。

    Craftie

  3. 弱粘着カッティングマット(12インチ)と画用紙を用意し、マットの接着面から保護シートをはがします。画用紙をカッティングマットにしっかりと貼り付けます。黒枠に記載された目盛に沿って水平・垂直をしっかり合わせ、素材が波打たないようしっかり密着させましょう。

    Craftie

  4. カッティングマットを搬送スロットに軽く当てて、モニターの横に付いている「送り」ボタンを押すと、マットを機械にセットすることができます。

    Craftie

  5. 「スタート」を押すと、カットがスタートします。
    ※カットする前に素材の使わない端の方で試し切りをおすすめします。

    Craftie

    スキャンカットDXがデザインに沿って自動でカットしてくれて、ほんの数分でカットが完了します!

  6. カットが終わったらモニターの横に付いている「送り」ボタンを押してカッティングマットを取り出し、付属のスパチュラなどを使い、マットから画用紙をそっとはがします。

    Craftie

    Craftie

  7. 動物のお腹と手の部分にのりを付けましょう。のりを付ける前に動物やハートにメッセージを書くのも良いです。

    Craftie

  8. 動物の胴体部分に小さいキャンディやチョコレートを置き、ハグするようにして留めます。

    Craftie

  9. 完成です!

    Craftie

動物モチーフは、お子さんから喜ばれること間違いなし!バレンタインを始め、ちょっとしたサンクスギフトにもぴったりなので、ぜひ一緒に楽しんで作ってみてくださいね。

Craftie

Brother「スキャンカットDX」でハンドメイドを楽しもう

Craftieでは、Brother「スキャンカットDX」とコラボレーションしてスキャンカットを使うからできる、さまざまな手作りアイデアやわかりやすいレシピを発信していきます。
このほかの楽しい使い方や作品は特集ページをチェック!

特集ページを見る

Sponsored by : Brother

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。