お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

初めての方でも楽しめるビーズ刺繍のやり方

naomi’s 永田直美

ビーズ刺繍とは?

ビーズやスパンコール、天然石などをとりいれて刺繍していきます。一粒ずつ刺したり連続して刺したり様々な技法があります。今回は初めての方にも取り組みやすいやり方をご紹介します。

今回作るビーズ刺繍について

所要時間

45分

できあがりサイズ

縦1.2~1.7cm × 横1.2~1.7cm

ビーズ刺繍に必要な材料と道具

材料

  • ビーズ刺繍糸(TOHO One・G ビーズ刺繍専用糸)
    普通のミシン糸よりもやや太く、ロウコーティングされているのでしっかりしています。張りがあり刺しやすいです。
  • フエルト(10cm四方)
  • ビーズ(丸小)
  • 天然石(1~1.5cm程2つ)
  • ピアスorイヤリングパーツ(貼り付けタイプ8mm 1ペア)

道具


  • ビーズ刺繍針というものが様々なメーカーで出されています。ない場合はお持ちのものの中で一番細い針を使ってください。
  • 仮止めクリップ(なければ洗濯バサミでも可)
  • ハサミ
  • 接着剤

ビーズ刺繍のやり方

作り方

  1. 糸を準備します。
    糸は2本どりで50センチほど。玉結びしておきます。
  2. 天然石をフェルトに縫い付けます。
    10cm角のフェルトを5cm×5cmの大きさに切ります。5cm四方に切ったフェルト1枚の真ん中あたりに天然石を縫い付けます。天然石についている穴に2回通して縫い付けます。
  3. 天然石の周りにビーズを縫い付けます。
    天然石の外側にビーズを縫い付けていきましょう。丸小ビーズを4ビーズを4つ通して2個分戻る『4バックステッチ』で刺繍します。まず、ビーズを4つ針に通してフェルトに刺します。


    裏側からビーズ2つ分戻ったところからフェルトの表に針を出します。そのままフェルトを通さずにビーズ2つ分のみに針を通します。
  4. 工程3を繰り返し、4バックステッチで一周させたら、最後はフェルト生地に針を通さず、ビーズのみに針を通して一周ぐるっと通しましょう。このようにすることでビーズのグラつきが防げます。
  5. ぐるっと一周したら針を裏側に出して玉留めをし糸を切ります。
     

  6. フェルトを接着剤で貼り付けます。
    最初に同じ大きさに切った5cm角のフェルトをもう1枚のフェルトと接着剤で貼り付けます。
  7. 余分なフェルトを切り落とします。
    接着剤が乾いたら周りをカットします。
  8. イヤリングパーツやピアスパーツを接着剤で貼り付けます。
  9. これで完成です!

アクセサリーパーツを変え、おしゃれを楽しみましょう

アクセサリーパーツを変えれば、ブローチやネックレス、キーホルダーなどを作ることができます。デザインや用途に合わせてパーツを変え、ビーズ刺繍でのおしゃれを幅広く楽しみませんか?

このレシピのデザイナー

naomi’s 永田直美

好きとものづくりへのこだわりを詰めこんだ繊細で華奢なデザインかぎ針でワイヤーを編んだり、シャトルでレース糸を編んだり、一粒一粒 一針一針丁寧に手仕事しています。アレルギーに悩まされない14kgfを使った大人かわいいハンドメイドアクセサリーをお届けします。講師としてのジュエリーレッスンではビーズ刺繍、ワイヤークロッシェ、ペンチワークのレッスンを開催しております。
Craftie 登録教室URLInstagram ・ホームページ

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。