お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

折り紙でポチ袋を手作り!簡単な作り方

rino

親戚の子どもや親しい人に会うことの多い、夏のお盆や冬の年越し、お正月に必要となるポチ袋。今回はおうちにある折り紙や素敵な包装紙で、簡単に作れるポチ袋の作り方をご紹介します。

今回作るポチ袋について

今回は型紙なしで手軽にできる作り方をご提案します。

完成サイズ

約7×11.5cm

制作時間

15分程度

ポチ袋の材料と道具

材料

  • 折り紙(15×15cm)
    お好みの柄の折り紙を用意します。または、包装紙などを15×15cmに切って作ってもオリジナル感がでますね。

道具

  • はさみ
  • のり
  • 定規

作り方

  1. まずは端から4cmのところで折ります。
    折り紙ポチ袋

    rino

  2. 反対側からも4cmのところで折ります。
    折り紙ポチ袋

    rino

  3. 上から2cm、下から1.5cmのところで折ります。
    折り紙ポチ袋

    rino

  4. 折り紙を開きます。折り筋に合わせて、ポチ部袋の展開図を書きます。カットする箇所に赤線で印を付けました。画像の赤線部分をハサミで切ります。
    折り紙ポチ袋

    rino

  5. 上下の入れ口部分は、少し斜めに切り落とすと、閉じ口が綺麗に仕上がります。
    折り紙ポチ袋

    rino

  6. 縦の片端に糊をつけます。糊幅ははみ出さいないように1cm以下になるようにしてください。
    折り紙ポチ袋

    rino

  7. 折り筋に合わせて左右を閉じ、下部分に糊をつけます。
    折り紙ポチ袋

    rino

  8.  折り筋通りに下部分を閉じます。
    折り紙ポチ袋

    rino

  9. 完成です
    折り紙ポチ袋

    rino

リボンやスタンプでアレンジ

作り方

  1. クラフト紙や無地の用紙にリボンをつけてアレンジ。落ち着いたポチ袋になりますね。
    折り紙ポチ袋

    rino

  2. スタンプでデコレーションしてもかわいいです。
    折り紙ポチ袋

    rino

使うシーンによって、折り紙のデザインを変えてみよう

折り紙ポチ袋

rino

お年玉はもちろん、夏のお盆玉や普段使いのちょっとしたお返しに使ってもいいですね。その時々で折り紙のデザインを変えれば、季節感や感謝の気持ちを表現できます。

キットでお正月アイテムを作るのもおすすめ

「チャレンジしてみたいけど、材料や道具を買いに行く時間がない・・・」という方は、まず必要な材料が入っているキットから始めてみませんか?Craftieのハンドメイドキットサービス「Craftie Home」では、手軽にお正月アイテム作りができるオリジナルキットをご用意しています。

お正月のキットは「新年を彩る つまみ細工のお正月飾り」「迎春の梅結び 紅白水引のしめ飾り」の2商品。作ることを通じて日本の慣習と文化に触れ、その魅力を味わえるラインナップです。

キットを見る

このレシピのデザイナー

rino
モノづくりの仕事をしてきた経験を生かし、”作れそうなモノは作ってみよう”の気持ちで手軽に出来るハンドメイドを楽しんでいます。ほっこり石粉粘土ブローチ作家norinoとして活動中。Instagram: @rinonori3

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。