お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

透明感&キラキラが素敵!ステンドグラスクッキーの作り方

oyatsuhinahina

お子さんと一緒にお菓子作り、お友達にプレゼントする手作りお菓子として、せっかくならちょっと変わったレシピで、ワクワクしながら作ってみませんか?今回は身近な材料で作れて、キラキラ&ツヤツヤ、カラフルでかわいらしいステンドグラスクッキーの作り方をご紹介します。

クッキーなのにキラキラ!ステンドグラスクッキーとは

ステンドグラスクッキーは、まるで教会などにあるステンドグラスのようにキラキラした見た目のクッキーです。飴の透明感や、光を反射してキラキラする様子が子ども心をくすぐるスイーツです。市販のキャンディーを使って作れるので、お好きな色や味で手軽に楽しめます。

 今回作るステンドグラスクッキーについて

完成サイズ

約5.8cm×7cm  Tシャツ型

約5.5cm            星型

約3cm×4.8cm  ジュース型

所要時間

1時間ほど(クッキー作り、アイシングと飴の乾燥時間は除きます。)

ステンドグラスクッキーに必要な材料と道具

材料

ステンドグラスクッキー:Tシャツ型、星型、ジュース型各1個、合わせて約3個分の材料になります)

  • クッキー生地  
  • アイシング 約20g(白、青、またはお好みの色をつけ、それぞれやや固め10gをコルネに詰めておきます) 
    ※クッキーやアイシングの作り方、材料はこちらの記事を御覧ください。
  • アラザン(白またはシルバー)
  • 飴      Tシャツ型用、星型用 各約4g  ジュース型用 約2g
    お好みの色で用意してください。市販されている商品は小粒で2g~大粒でも10gくらいまでのものが多いようです。丸い飴は砕いて使いますが、四角い飴が2g×2個ずつ封入されている商品は、砕かずに使えるのでおすすめです。

道具

  • クッキー型(約5.8cm×7cmTシャツ型、約3.5cm丸型、約5.5cm星型大、約3.8cm星型小、ジュース型)
    ※手に入らない場合はクリアファイルで自作します。詳細は下記をご確認ください。
  • ストロー
  • 爪楊枝
  • 小さめのナイフ
  • オーブンシート

オリジナルクッキー型を自作するための材料と道具

市販のクッキー型が手に入らない時はクリアファイルを使って作りましょう。今回はジュースのクッキー型を作ってみます。

材料と道具

  • ジュースグラスのイラスト
  • クリアファイル
  • ペン
  • ハサミ
  • マスキングテープ

オリジナルクッキー型の作り方

作り方

  1. イラストの上に、小さくカットしたクリアファイルを置き、マスキングテープで固定します。
  2. クリアファイルの上から、イラストをペンでなぞります。
  3. ハサミで線の通りにクリアファイルをカットし、洗って乾かしておきます。
    写真ではわかりやすいように斜線で中を塗りつぶしていますが、このようにクッキー型にペンのインクが残っていると、クッキー生地についてしまい危険です。実際に作る際には斜線を入れず、イラストをなぞった線も残らないよう線の内側をカットしましょう。

丸い飴の砕き方

砕き方

  1. 市販の飴を、個包装の袋の上からラジオペンチで挟んで砕きます。 
  2. 飴を袋から出して用意しておきます。砕いた時の衝撃で、飴の袋が破れて切れ端が飴に混じってしまうことがあるので、確認して取り除いておきます。

ステンドグラスクッキーの作り方

ステンドグラスクッキーの作りの大まかな流れは以下のようになっています。作る際に頭の片隅に入れておきましょう。

・クッキー生地を作り休ませる
・グラスの型を作る
・アイシングを作って着色し、コルネに入れる
・型抜きしたクッキーを焼く
・飴をのせて焼く
・仕上げ

作り方

  1. クッキーを型抜き、カットする
    生地をのばし、クッキーの型を抜いていきます。Tシャツ型を抜いたら、さらにその内側を丸型でくり抜き、同じように星型大を抜いたら、その内側を星型小でくり抜いて、オーブンシートを敷いた天板にのせます。 ※くり抜いた内側部分は使わないので、余った生地などと合わせてまとめておきます。


    ジュース型はナイフを使います。クッキー生地に型をのせ、その縁に沿ってナイフでカットし、テーブルに敷いたオーブンシートの上にのせましょう。

    のせたら型を外して、ひとまわり内側にナイフで切り込みを入れます。

    つまようじで切り込みの内側の生地を持ち上げて取り出したら、オーブンシートごと天板にのせます。

    ※生地がゆるんで柔らかくなると、型抜きやカットがしにくくなります。気温や湿度が高いと特にゆるみやすいので部屋を涼しくしておき、ゆるくなってしまった場合は無理をせず、いったん冷蔵庫で冷やしてから抜きましょう。面倒でも、こまめに冷やすのがきれいに仕上げるコツです。

  2. クッキーを仮焼きする
    170℃に予熱したオーブンで、クッキーを10~15分くらい焼きます。後ほどもう一度オーブンに入れるので、ここでは軽く焼き色がつけば大丈夫です。
  3. くり抜いた部分に飴を入れる
    クッキーをオーブンから出し、くり抜いた部分にお好きな色の飴を入れます。Tシャツ型、星型は飴約4g


    ジュース型は飴約2g入れるとちょうどいいでしょう。オーブンから出した直後だと天板が熱いので、火傷には十分気をつけてください。
  4. もう一度クッキーを焼き、飴を溶かす
    飴を入れたら再び天板をオーブンに入れ、飴が溶けるまで5~7分ほど焼きます。焼き上がったら、オーブンから出してそのまま冷ましておきましょう。
  5. アイシングで描き込んで仕上げる
    Tシャツ型
    お好きな色のアイシングで飴の部分にスマイルマークなどを描き、乾かします。


    ジュース型
    飴の部分の上1/4幅くらいの範囲に白いアイシングをのせます。残りの範囲には、バランスを見ながら白いアイシングで数個の点を描きます。 

    アイシングの上からアラザンをのせて、サイダーの泡に見立てます。

    白いアイシングをグラスの飲み口部分の端につけ、短く切ったストローを刺すようにつけて乾かします。
  6. これで完成です!
    完成したクッキーは湿気てしまわないよう、乾燥剤と一緒に密閉容器へ入れて保管しましょう。ラッピングする際も、目立たないところに乾燥材を同封すると安心です。

夏のおやつやプチギフトにもうれしい

キラキラ&ツヤツヤのステンドグラスクッキーは、かわいらしい上に透明感があってとても涼しげ。家族や友達どうしで作って楽しいおやつにしてもよし、ラッピングしてプチギフトにしても喜ばれるはずです。飴の色を混ぜてみたり、Tシャツの柄を変えてみたり、いろいろ工夫してオリジナルのステンドグラスクッキーを作ってみてください。

お子さんが楽しめる工作キット販売中♪

Craftieではワークショップやレシピで大人気のハンドメイドを手軽に始められるキットにして販売しています。キャンドル、時計、ガチャガチャ、泡ボムなど作ったあとに遊んだり楽しく使えるハンドメイドキットです!

ハンドメイドキットを見る

このレシピデザイナー

oyatsuhinahina
都内でアイシングクッキーのレッスンやワークショップをしています。季節のお花をクッキーに描くのが好きです。日々のおやつクッキーの販売や特別な日の為のオーダーも承っています。Instagram: @oyatsuhinahina

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。