お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

ハート型のアイシングクッキーの作り方

oyatsuhinahina

バレンタインデーはチョコでなくてもOK!という方に、パステルカラーが新鮮な「ハート型のアイシングクッキー」はいかがですか?今回は、バレンタインデーのプレゼントにぴったりなアイシングクッキーの作り方をご紹介します。

定番のモチーフをユニークに!「ハート&パステルカラーのアイシングクッキー」

バレンタインデーといえば赤やピンクのハートも良いですが、テイストを変えたパステルカラーのハートも目を引くことうけあい。今回はドット模様やレース柄、細いストライプでガーリーに仕上げたアイシングクッキーをご紹介します。

ハート型のアイシングクッキーの作り方

それではさっそく、ハート型のアイシングクッキーを作ってみましょう。

完成サイズ

約6.5×6センチ

所要時間

1時間半~2時間ほど

(下準備のクッキー、アイシング作りと、仕上げ後の乾燥時間を除く)

ハートのアイシングクッキーの材料と道具

材料

  • ハート型のクッキー(約6.5×6cm)お好みで
    クッキーの作り方はこちらを参考にしてください。

  • アイシング パステルグリーン、ピンク、グリーン、白、ブルー合わせて約95g

道具

  • ハートのクッキー型(約6×5.7cm)
  • コルネ
  • ピンセット
  • ハサミ
  • シュガークラフト用ピックまたは爪楊枝
  • 着色用の食紅
  • 紙、透明フィルム(練習用)

クッキーを焼いて準備をしておこう

まず、下準備としてクッキーとアイシングを作ります。

クッキーの作り方はこちらを参考にしてください。

アイシングの準備をしておこう

アイシングはそれぞれ食紅かカラージェルで着色します。アイシングの作り方はこちらを参考にしてください。

アイシングはパステルグリーン、ピンク、グリーンの各色を2つに分け、10gは「やや固め」、15gは「柔らかめ」になるように水を使って調節していきます。白、ブルーの各色は「やや固め」を10g作ります。

やや固め:アイシングを持ち上げた時に角がお辞儀する固さ

柔らかめ:アイシングをすくい落した時に5秒くらいで平らに馴染む固さ

それぞれ専用のコルネに詰めたら、まずはコルネを使って紙の上に文字やラインを描く練習をしましょう。

コルネの先は先端から1~2mmくらいのところをまっすぐにハサミでカットします。ここで、切り口が曲がってしまうときれいな線が描けないので注意しましょう。

先端から出すアイシングの太さは、コルネを持つ手の力加減でも変えられます。握力が弱めの方やお子さんは、やや太めにカットするとちょうど良くなることもあるので、試してみてください。慣れないうちは、コルネの先が細くて切りにくいと感じるかもしれませんが、慣れることが大切なので何度も練習してみましょう。

クッキーの仕上げ方

水玉模様のクッキーの仕上げ方

  1. パステルブルーのアイシングでベースを塗りましょう。まず、やや固めのアイシングでフチ取りをし、柔らかめのアイシングで塗り込みます。


    フチ取りが曲がってしまったら湿らせた筆で修正します。
  2. 表面が乾いたらやや固めのピンクのアイシングで水玉模様を描きます。バランスよく間隔をあけるように意識してドットを絞っていきます。ドットを小さめに描くと、大人っぽい仕上がりになります。

Thank Youメッセージ入りクッキーの仕上げ方

  1. まずはThank Youの文字が上手くハート型に収まるよう、描く練習をしてみましょう。


    紙にハートのクッキー型を置いてペンで周囲をなぞり、その上に透明のフィルムをテープで貼ります。パステルブルーのやや固めのアイシングで、型に収まるように文字を描いていきましょう。文字を描く時に手首が浮いていると手元がブレやすいので、テーブルに手首をつけて固定すると描きやすくなりますよ。
  2. 練習でコツをつかんだら、クッキーにピンクのアイシングでベースを塗りましょう。まず、やや固めのアイシングでフチ取りをし、柔らかめのアイシングで塗り込みます。
  3. 表面が乾いたらやや固めのパステルブルーのアイシングでThankyouの文字を描いてメッセージ入りクッキーは完成です。

レース模様のクッキーの仕上げ方

  1. グリーンのアイシングでベースを塗りましょう。まず、やや固めのアイシングでクッキーの大きさよりひとまわり小さなハートを描きます。中心の上下に点を描き、描き始めと描き終わりの目印にすると描きやすいです。続いて、柔らかめのアイシングで塗り込みます。
  2. やや固めの白いアイシングで、塗り込んだ部分のフチに小さくドットを付けます。ハートの左右で等間隔になるようにドットを描いていきましょう。
  3. さらに、ドットとドットをつなぐようにして、小さな半円模様を描いていきます。
  4. 塗り込んだ部分全体にやや固めの白いアイシングで斜めのストライプ模様を描き、2で描いたドットの上からやや大きめのドットを描いて仕上げます。

ワンポイントアドバイス

フリーハンドできれいにハートを描くのは難しいかもしれません。もし、ひと回り小さいハート型もあるようなら、クッキーを焼く前に、ハート型に抜いた生地にひと回り小さい型を軽く押して印をつけておくと、ハートのガイドラインができてとても描きやすくなります。

しっかり乾燥させて、ラッピングには乾燥剤シートも添えて

どのクッキーも、半日~一晩くらいしっかり乾燥させたら完成です。

ラッピングの袋にはクッキーと一緒に乾燥剤シートをいれると、湿気を防いでくれるのでおいしく食べていただけますよ。乾燥剤シートは製菓材料を扱うお店などで販売しているので、材料を揃えるときに見てみてください。

乾燥剤シートを開封した後は速やかに使うのもポイントです。使いきれなかった残りは空気に触れないよう密閉して保管しましょう。もし、パリッとした感じがなくなったら湿気を防ぐ効果はないので注意してくださいね。

このレシピデザイナーのワークショップを見る

oyatsuhinahina
都内でアイシングクッキーのレッスンやワークショップをしています。季節のお花をクッキーに描くのが好きです。日々のおやつクッキーの販売や特別な日の為のオーダーも承っています。Instagram: @oyatsuhinahina

ワークショップでアイシングクッキーを作ろう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

Craftieのワークショップはこちら

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。