お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

【冒険シリーズ①】冒険の準備。ダンボールの車を作ろう!

Craftie

こんにちは!Craftieキッズプログラムチームです。ものづくりやアートを親子で楽しめるクリエイティブコンテンツを発信する「Craftie KIDS Creative Program(クラフティキッズ・クリエイティブ・プログラム)」。

第2弾「冒険」シリーズの第1回目は、冒険に出かけるためにダンボールで車を作ります!

>クリエイティブプログラム「冒険シリーズ」の詳細はこちら<

この冒険のあらすじ

王様がなくした宝物を探しに行くため、冒険車が必要です!

ダンボールを使って、実際に入って遊べる頑丈な車を作りましょう。

窓の部分は折り紙をちぎる「ちぎり絵」で作ります。ちぎり絵とは、紙をちぎって細かくしたものを貼り合わせて作る絵のことです。手先を細かく動かすことで指先の感覚の育成にもつながりますし、大人の脳トレとしても人気があります。

今回は、ダンボールと紙皿や紙コップなど身近な材料で作れる車の作り方を紹介します。お子様と一緒に、オリジナルの車を作ってみてくださいね。

完成サイズと所要時間

できあがりサイズ

縦約60cm、横約30cm 高さ約40cm (ダンボールのサイズによります)

所要時間

1時間ほど(個人差があります)

ダンボールの車を作るのに必要な材料と道具

材料

  • ダンボール大 1箱分 
    お子様が入れるサイズ
  • ダンボール小 1箱分 
    箱の長辺がダンボール大の短辺と同じ長さの箱がおすすめ
  • 紙皿 8枚 全て同じサイズでOK
  • 紙コップ 同じサイズを2個 
  • 好きな色の画用紙 1
  • 好きな色の折り紙 6枚程度
  • 紐 1mほど 

道具

  • ハサミ
  • ペン
  • ガムテープ(色付きのものが複数あるとカラフルな車にできあがります。)
  • 両面テープ
  • カッター (大人と一緒に使いましょう)

ダンボールの車の作り方

車のボディの作り方

  1. 乗車する車のボディを作ります。
    ダンボール大の底と蓋の部分を内側に折り曲げます。
  2. 折り曲げた部分をガムテープで固定します。
    角から角まで長いガムテープで貼ると強度も増します。

    写真のように色のついたガムテープで内側の面を全て覆うと、車内もカラフルになります。好きな色のテープを貼り付けてくださいね。

  3. フロント部分を作ります。
    ダンボール小をダンボール大の短い辺に合わせて切ります。カッターを使うので保護者の方がお手伝いをお願いします。

    ダンボール大と小をガムテープで貼りつけます。

  4. 車の本体ができました。
    ダンボールの外側をガムテープで補強します。好きな色のテープで補強しましょう。

タイヤの作り方

  1. タイヤのゴム部分を作ります。 
    紙皿と折り紙でタイヤを作ります。紙皿をタイヤの大きさにペンで下書きし、ハサミで切ります。今回は直径10cmで切りました。ペンで書く前にコンパスで円をきれいに書いてもいいですね。

    切った紙皿に黒色の折り紙をにのりで貼ります。

    折り紙の余った部分をハサミで切ります。タイヤの土台ができました。

  2. タイヤのホイール部分を作ります
    別の紙皿にタイヤより小さめに下書きし、ハサミで切ります。今回は直径5〜6cmで切りました。

    工程1で作ったタイヤのゴム部分に切り取ったホイールをのりで貼ります。

    貼り付けたホイールののりが乾いたら、ホイールに模様を描きます。

  3. タイヤの強度をダンボールで補強します。
    余ったダンボールに、タイヤをのりで貼ります。

    余った部分をハサミで切ります。

  4. タイヤができあがりました。
    同じようにタイヤを4本作ります。

ライトの作り方

  1. 紙コップと折り紙でライトを2個作ります。
    紙コップの底から1~2cmのところに印をつけ、ハサミで切ります。怪我をしないように気をつけましょう。切りにくい場合はカッターで切り込みを入れてから切ると切りやすいです。

  2. 紙コップに折り紙を貼り付けます。
    ライトにしたい色の折り紙に紙コップの底を下書きし、ハサミで切ります。

    紙コップの内側の底に、切った折り紙をのりで貼ります。

  3. ライトができました。
    全部で2個作ります。

ナンバープレートの作り方

  1. 余ったダンボールでナンバープレートを作ります。
    ダンボールに白い折り紙をのりで貼り、縦10cm×横5cmのサイズにハサミで切ります。

  2. ナンバープレートの枠を折り紙で作ります。
    ナンバープレートの枠にしたい色の折り紙を0.5〜1cmの幅で細く切ります。

    工程1で作ったナンバープレートの端に、細く切った折り紙をのりで貼ります。

  3. ナンバープレートに車の名前や数字を自由に書きます
    自由に冒険車の名前を考えてみてください。ナンバーは誕生日や好きな日付などにしても楽しいですね。

ハンドルの作り方

  1. ハンドルを紙皿で作ります。
    紙皿にハンドルの形を下描きをします。

    ハサミで切ります。はじめにハサミを入れるのが難しい時は、カッターで少し切り込みを入れ、そこにハサミを入れると切りやすいです。

  2. これでハンドルの完成です。

フロントガラスやサイドの窓の作り方 

  1. ちぎり絵で窓をデザインします。デザインのテーマを決めましょう。
    写真では「水中に潜れる車」をイメージして、ブルーにしました。

    <<テーマを決めるポイント>>
    ・テーマを決めて、折り紙の色を決め、ちぎった折り紙で絵を作ってみましょう。
    ・「四次元に行ける車」「宙に浮く車」など、どんな冒険車にしたいか考えてみてください。
    ・自由に空想し、形にすることで、クリエイティブな発想力を培うことができます。

  2. テーマが決まったら折り紙を手で破り、貼り付ける準備をします。
    テーマが決まったら、窓ガラスにしたい色の折り紙をちぎります。細かくちぎったり、大きくちぎったり。いろんな大きさでちぎってみましょう。
  3. 窓ガラスの大きさに画用紙を切り、土台を作ります。
    フロントガラスは25cm×10cm、サイドのガラスは12.5cm×10cmで切りました。

  4. ちぎった折り紙を窓ガラスの画用紙に貼り付けます。
    まず、窓ガラスの画用紙にのりを塗ります。

    ちぎった折り紙を画用紙に貼ります。何かの形を意識して貼っていくのも楽しいです。(テーマが海だったらヒトデなど)

  5. はみ出した折り紙をハサミで切ります。
  6. これでフロントガラス、サイドの窓ガラスの完成です。

各パーツを組み立てる

  1. 各パーツを組み立てます。
    タイヤ、ライト、ナンバープレート、窓を両面テープなどで車本体に貼り、車を組み立てます。

  2. 首からかけられるようガムテープで紐をつけます。
    長さはお子様の身長などに合わせてください。
  3. これでダンボールの車が完成です!

スペシャルコンテンツで車をもっとカッコよく!

さらに本格的な車になる、印刷できるオリジナルメーターをご用意しました!塗り絵になっており、切り取って車につけると、針の部分が動くメーターになります♪
※印刷をするには無料ユーザー登録が必要です。

>印刷はこちらから<

インスタで投稿すると素敵なプレゼントが当たります

お子様と保護者の方が協力して作る大きい作品は、夏休みの思い出作りにぴったりです。出来上がったら、ぜひインスタグラムでシェアしてくださいね。「#Craftie」「#夏休みのおうち時間」とタグをつけて投稿いただくと、抽選で素敵なキットが当たります。

>詳しくはこちら<

車の準備はOK!次は宝物のありかを示す地図を作ろう

車ができた後は、宝探しに使う不思議な地図を作りましょう!

>【冒険シリーズ②】不思議な浮き出る宝の地図作りはこちら<

お子様が楽しめる工作キット販売中♪

Craftieではワークショップやレシピで大人気のハンドメイドを手軽に始められるキットにして販売しています。
キャンドル、時計、ガチャガチャ、泡ボムなど作ったあとに遊んだり楽しく使えるハンドメイドキットです!

ハンドメイドキットを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。