教室登録する
日中水墨協会カルチャー教室

日中水墨協会カルチャー教室

首都圏各地に中国水墨画教室を開設しております。水墨画を分かりやすく習える教室として好評です。

横浜市鶴見、町田市鶴川、茅ヶ崎市、海老名市、相模原市 水墨画を楽しむ会など 地図

教室の紹介

中国水墨画は決まりパターンで対象を描きます。樹や岩などはそれぞれ複数のパターンがあります。そのパターンを習得できると、自由に表現できます。
まず、模写することから対象のパターンを習得します。
画面構成や構図にも決まりパターンがあります。
これも古典絵画を通して勉強していきます。

そして、実世界を観察すること。本物から自分の描き方を発見します。すると、個性あふれる表現ができます。

水墨画にはだいたい2種類の表現があります。

一つは伝統的な表現です。これは筆使い、墨使いが巧みになり、味わいや深みのある作品に欠かせないです。書道と同じくたくさんの稽古によって身に着けます。
もう一つの表現は、現代的な表現です。紙のにじみやシミ効果を利用して生成します。
本来はこれも芸術の感覚が必要ですが、指導されることによって、初心者でも簡単に素晴らしい作品ができます。

在来の教室は主に伝統的な表現を重視しますが。時々ワークショープの形で新しい表現の教室を開催します。

先生は中国の水墨画一家に生まれる日本で活躍している画家です。水墨画だけではなく、現代アート、芸術論の研究まで行っています。いま日本の美術大学でも教えています。

ワークショップ一覧

    まだワークショップがありません

レビュー


楽しい!
0

素敵!
0

達成感
0

まだレビューはありません