ワイヤーアクセサリーの作り方 リース型ピアス編

小枝フープアクセサリーの作り方
kino

前回の『ワイヤーアクセサリーの小枝ピアス』を応用して作る、お花のリースのようなピアスの作り方をご紹介いたします。繊細なデザインなので複雑そうに見えるかもしれませんが、工程はとってもかんたんなのでぜひ作ってみてくださいね。

ワイヤーで作る小枝アクセサリーのおさらい

小枝フープアクセサリーの作り方

kino

とっても繊細で美しい、ワイヤーアクセサリー。

前回のレシピでは、ワイヤーアクセサリーの基本編として、ワイヤーの選び方やねじり方、処理の仕方などを詳しく説明しました。

さて、今回はリースのようにフープ型にしたデザインを考えてみました。前回の小枝ピアスの応用編になりますので、まだ読んでいないという方は、こちらからワイヤーのねじり方を覚えてくださいね。

基本の作り方に慣れたら、大きさや形など、自由自在にアレンジするのも楽しいですよ!

ワイヤーアクセサリーで作る、リース型ピアスの作り方と材料

道具や材料は、前回の小枝ピアスと同じもので作ることができます。

材料

  • ビーズ (直径2mm × 25粒程度。お好みで増減してください)
  • カラーワイヤー 30cm × 2本

道具

  • 定規
  • ラジオペンチ
  • ニッパー
  • 丸ペンチ

小枝フープアクセサリーの作り方

kino

作り方

  1. 30cmのワイヤーの中心(端から15cm地点)を丸ペンチで挟み、ワイヤーを5回ほどねじります。※ここがピアス金具を取り付ける部分になります。直径5mm程度が丁度いい大きさだと思います。
    小枝フープアクセサリーの作り方

    kino

  2. この輪をスタート地点として、小枝アクセサリーと同様に左右順番にビーズを通して「枝」を作っていきます。
    ワイヤーアクセサリー

    kino

  3. 左右5個ずつビーズを付けた状態です。今回は最終的にフープ状にするデザインなので、一つ一つの「枝」は長すぎず短めにして、すべて同じ長さで作るときれいに仕上がります。
    ワイヤーアクセサリー 作り方

    kino

  4. ビーズを付け終えたら、ビーズのついた枝部分をこのように「幹」となるワイヤーに沿わせます。

    kino

  5. 残ったワイヤーはすべてねじって、3cm程残してニッパーでカットします。

    kino

  6. 今カットした先端の部分を、最初に作った輪の根元部分にもってくるようにして、全体をリースのような形にします。
    ワイヤーアクセサリーの作り方

    kino

  7. 輪の根元部分にワイヤーを4~5回巻き付けます。
    ワイヤーアクセサリーの作り方

    kino

  8. 巻き付け終わったら、ギリギリのところでワイヤーをカットします。

    kino

  9. ワイヤーの先端が飛び出ていると危ないので、カットした部分はラジオペンチで挟み、巻き付け部分によく馴染ませます。

    kino

  10. アクセサリーのメインパーツが完成です!
    ワイヤーで作る、リースのようなピアス

    kino

ビーズの色の組み合わせを変えてアレンジ

たとえば春は桜や梅のピンク、黄色いミモザ、冬には雪をイメージした白など、季節の花や自然の色のイメージした組み合わせで作るのも素敵です。

ワイヤーアクセサリーのデザイン

kino

フープが大きめのデザインにしたい時は?

大きなフープ状にしたいときは、ワイヤーを長めにとって作ってみてくださいね。こちらの赤とピンクのビーズで作ったイヤリングは、ワイヤーを60cmで作ったので少し大きめです。

kino

ねじり方に慣れたら、色々なワイヤーアクセサリーを作ってみよう!

手芸屋さんに行くと、ワイヤーの色や太さにも様々なバリエーションがあります。また、ビーズにも色々な素材やモチーフがあるので、ぜひ基本系を応用しながら、お好みの色や形でワイヤーアクセサリーづくりを楽しんでみてください。

ライター

kino
kino
アクセサリー作家として活動しています。つまみ細工やレジン、ワイヤーアクセサリーなど幅広いジャンルで作り方をお伝えします。Instagram: @hmkino