お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

ヨーロッパの一大イベント!クリスマスをフランスではどう過ごす?

Craftie

こんにちは!フランスからのお便り、Craftieパリ編集員 acoです。

今日は、クリスマス準備のおはなし。

ヨーロッパの人にとってクリスマスは、一年で一番といっていい程に大切なイベント。フランスでももちろん盛り上がります!このシーズンにフランスに訪れたことのある人は、街のあちこちに出るクリスマスマーケットや、パリのデパート『ギャラリーラファイエット』や『プランタン』のクリスマスショーウィンドウを見に行ったことがあるのでは?

日本でも12月に入ると、街中で、お店の中で、テレビでもクリスマスソングが流れ、華やかな気持ちになりますよね。でもヨーロッパのクリスマスは、日本の盛り上がり方とは雰囲気が少し違うように思います。今日はフランスでのクリスマスについて、パリ在住ものづくり好きの筆者の視点でご紹介したいと思います。

クリスマスの準備で賑わう街中の様子

クリスマスは、フランス中の人が家族や大切な人にプレゼントを贈るので、街中のお店がクリスマスプレゼントや、ツリーのオーナメントやお家のデコレーションで溢れかえります。

フランスのクリスマス

Craftie

フランスのクリスマス

Craftie

この時期の週末は、どのお店もすごい人。通常日曜日はお店がお休みなフランスも、クリスマスの時期は多くのお店が営業しています。雑貨屋さんなどはお店の半分ほどがクリスマスグッズに置き換わってしまうので、普通の買い物がしたくて行くと、少しショックだったりもします(笑)。

クリスマスはお家でのパーティーが定番なので、インテリア系のお店では、ゴールドを使った華やかな食器や、お花やクロス、小物を使ったテーブルアレンジが沢山並びます。

フランスのクリスマス

Craftie

ただ音楽は、日本のようにどこへ行ってもクリスマスソングが流れている!という感じではないように感じます。個人的には、定番クリスマスソングに飽き飽きしてしまうくらいの日本の12月が恋しかったりします。

クリスマスツリーには、本物の木を使います

フランスでは、ツリーには本物のモミの木を使うのが一般的です。マルシェや道端でたくさん売っています。クリスマス準備は、モミの木を買うところから始まるんです。

フランスのクリスマス

Craftie

本物なので、床にたくさんモミの葉が落ちますよ(笑)
さて、ツリーを飾りましょう。日本でも、オーナメントや電球をつけたら、最後に綿で出来た雪を飾りますよね。こちらでは、雪は粉状のものをふりかけることが多いんです。粉状なのでもちろん、床にいっぱいキラキラのラメの粉が・・!床のことは、一切気にしないみたいです(笑)。

フランスのクリスマス

Craftie

クリスマスが近づくと、準備したプレゼントをみんながツリーの足元に置いていきます。「誰のかな〜」なんて思いながら、通りかかるたびに横目でチラチラ見たりして。当日は子供達が、ツリーの下からプレゼントを取り上げて、皆に配ってくれます。

フランスのクリスマス

Craftie

インテリアやテーブルデコレーション

クリスマスデコレーションのアイデアは無限大。InstagramやPinterestでも素敵なアイデアを探せますが、私が気に入っているものを少し紹介します。

こちらはクリスマス特有のものではないですが、フランスでよく見かけるデコレーション。キャンドルを入れたりするガラスのホルダー(こちらではクロッシュと呼びます)に、ミニライトのガーランドをクシャクシャっと入れ込んで。ガラス瓶に星空が詰まったようでロマンチックな雰囲気がお気に入りです。

フランスのクリスマス

Craftie

つづいて、先日ものづくり大好きな方のお宅に遊びに行って一緒に作ったクリスマス用のテーブルデコレーション。ドライフラワーのキャンドルホルダーです。キャンドルホルダーと言っても、実際はリースと同じ作りのものです。

フランスのクリスマス

Craftie

フランスのクリスマス

Craftie

クリスマスプレゼントのラッピングはDIY

フランス人が一斉にプレゼントを買い込むこの時期。お店の方も、全てを包装していては時間がありません。なので、特にクリスマスのプレゼントは自分で包装するのが普通です。お店のレジ横に、ラッピングペーパーやリボンが置いてあるテーブルがあったりしますが、ラッピング用品もたくさん可愛いものが売っているので、個人的にはお家で包装する方が楽しいと思います。

フランスのクリスマス

Craftie

ものづくり好きの皆さんなら、ついつい、100均でまとめ買いしてしまったマスキングテープ、頂き物の包装紙やリボン、雑誌の切り抜きのメッセージイラストなどを沢山溜め込んでいるのではないでしょうか。そういう、あまり出番がなかったコレクション達の活躍の場です!あげる人のことを考えて、包装紙やリボン、タグチケットなどを考えるのもクリスマス準備の楽しみのひとつです。

クリスマスまでのカウントダウンはアドベントカレンダーで

フランスのクリスマス

Craftie

12月の1日から、クリスマスまで、毎日ひとつずつ窓を開けていく、プレゼント入りのカレンダー。これもフランスでは定番のクリスマスグッズです。カウントダウンして待ちわびる、クリスマスはそれだけみんなが楽しみにしているイベントなんですね!スーパーでもチョコレートの入ったものが売っていたり、DIY系のお店にはアドベントカレンダーを作るグッズがたくさん売っています。

フランスのクリスマス

Craftie

こちらは私のお友達の手作りです。アドベントカレンダー用の木の枠に、カルトナージュで作った箱を入れて。中には子供たち用にキャンディーやチョコが入っているそうです。

当日は、家族や親戚みんなでテーブルを囲みます

フランスでは、クリスマスは家族と過ごすのが一般的です。おじいちゃんおばあちゃん、親戚も、家族中が誰かのお家に集まって、デコレーションされたテーブルを囲んでお祝いします。

フランスのクリスマス

Craftie

フランスのクリスマス

Craftie

料理は各家庭によりますが、やはりフランス人にとって大切なイベントなだけあって、シャンパン、フォアグラ、チーズの盛り合わせ、数種類のデザートなどは欠かさず出てくるように思います。クリスマス以降年末までは、多くの人がクリスマス休暇を取るので、気持ちもゆったり。お腹がはち切れんばかりに、たくさん食べます!

このように、12月24日や25日はほぼ皆が家族とお家でゆったり過ごすため、特にパリは、クリスマス当日はお店が閉まり人通りも少なく、かなり寂しくなります(笑)。パリのクリスマスの煌びやかな雰囲気を味わいたい方は、旅行の予定は出来るだけ12月の前半から23日までに組むのをお勧めします。その時期のお休みが難しい方は、実はクリスマス後でもまだ少し雰囲気を楽しめます!日本では、12月26日の朝には街が一気にお正月の飾りに変わりますが、フランスはじめヨーロッパの国々では、11月末から始まるクリスマスデコレーションは、1月中旬くらいまで残っています。

フランスでのクリスマス準備から当日までの雰囲気、少し伝わったでしょうか♪ みなさんもいつかぜひ、クリスマスシーズンのフランスに遊びに来てくださいね♪

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」3期生受付中♪

3期生6月Boxは、ガラスペンで楽しむボタニカルアートです。

ガラスペンは、軸もペン先もガラスでできた美しい筆記具。
カリグラフィーと並んで、いつか使ってみたい憧れのステーショナリーです。

きらめくガラスのペン先に、彩り豊かなインクを纏わせるひとときは、非日常的でゆったりとした気持ちにさせてくれます。

美しいガラスペンを暮らしに迎えて、新しいシーズンをスタートさせましょう。

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【6月28日(金)15:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftieパリ編集員 aco
Craftieパリ編集員 aco
パリのセーヌ川近くのアパルトマンにフランス人のパートナーと暮らす。ものづくりが小さい頃からの趣味。