お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

パーティーシーンのヘアアクセサリーを造花で手作りするレシピ

saya-na (Annie.S Flower)

入学式や卒業式、結婚式などのパーティーや、お出かけのイベントの時に活躍するヘアアクセサリー。ヘアアレンジの仕上げにひとつ付けるだけで、ぱっと華やかにしてくれます。

今回は、そんなシーンで活躍するヘアアクセサリーを造花で作るレシピをご紹介します。

使うお花やデザイン次第で、洋服だけでなく浴衣や着物など和服に合わせて楽しむこともできますよ。

ハンドメイドヘアアクセサリー用の造花選び

造花にはお花と茎が取り外せるタイプのものと、一体になっているタイプのものがあります。

ヘアアクセサリーのようなアイテムを作る時に便利なのは、花と茎の部分が取り外せるタイプの造花です。購入する前に、お花と茎が差し込み式で作られているかどうかを確認してみてください。

ヘアアクセサリー用造花

saya-na (Annie.S Flower)

お花の大きさとしては、パーティーやイベント、行事用には、思い切って大きめのお花を選んでみてください。普段使い用には、ワンポイントになるような小さめのお花がオススメです。

どんなヘアアレンジにするかを考えてから、お花の大きさやヘアアクセサリーの形(ピン、バレッタ、クリップなど)を決めるのもありです。

また、アクセサリーの土台の大きさとお花の大きさが合っていることがポイントです。お花の大きさに対して土台が大きすぎると土台が見えてしまったり、小さすぎると接着が十分にできないこともあります。

デコレーション材料も集めよう

手軽に取り入れられるデコレーション素材としては、パールピンやリボンなどがあります。より華やかに可愛らしいイメージに仕上げてくれるアイテムです。

レシピの終わりにデコレーションのアイデアも載せますので、参考にしてみてください。

パールピンはプリザーブドフラワーなどに使う花材用のものを使うと、予めパールにアレンジ用のピックがついていて便利ですし、カラーバリエーションも豊富です。

造花フラワーアレンジ用パール

saya-na (Annie.S Flower)

またアクセサリー用の場合、ビーズのようにパールに穴が開いていることが多いので、花材用であれば穴が開いておらず綺麗に仕上げることができます。

アーティフィシャルフラワーのヘアアクセサリーの作り方

それでは、ミニバラを使ったヘアアクセサリーを作ってみましょう。コサージュにもなる土台を使っているので、髪以外に服やストールにも着けることができるデザインです。

造花コサージュの材料

saya-na (Annie.S Flower)

お花のアクセサリーはフォーマルなシーンで使うことも多いと思いますので、今回のレシピでは造花の中でも高品質なアーティフィシャルフラワーを使用して作ります。

材料

  • 造花のミニバラ 3輪(うち1輪は小さめ、またはつぼみにするとバランスが良いです)
  • 造花の葉っぱ  3枚
  • コサージュ土台(クリップ&ピンタイプの2way)

道具

  • ハサミ (クラフト用)
  • グルーガン
  • グルー

作り方

  1. 造花の葉っぱの裏側をみて、茎のような硬い葉脈がついている場合は取り外します。(土台に接着しやすくするためです。)

    saya-na (Annie.S Flower)

    saya-na (Annie.S Flower)

  2. 造花の葉っぱで土台を作ります。コサージュ土台にグルーガンで造花の葉っぱ3枚を接着します。あまり多くグルーを付けるとはみ出てしまうので、コサージュ土台の真ん中に付け、端まで付けないことが綺麗に仕上げるためのポイントです。グルーを付けたら指で軽く10秒程度抑えましょう。低温やけどしないよう気をつけてください。

    saya-na (Annie.S Flower)


    これで葉っぱでつくるアクセサリーの土台が完成しました。この上に、造花をつけていきます。
  3. 造花は土台にしっかり固定するため、硬い茎は取り除き、できる限り茎を根元まで短くハサミで切ります。
  4. 茎として残した部分にたっぷりグルーを付けて、お花を葉っぱの上に乗せます。垂直に乗せるのではなく、少し斜めにするのがポイントです。お花を乗せたら、こちらも10秒程度指でしっかり抑えてください。

    saya-na (Annie.S Flower)

  5. 1つ目のお花と反対側から、2つ目のお花を付けます。茎を根元として対角線状に、向かい合わせになるイメージで付けてください。

    saya-na (Annie.S Flower)

  6. 最後に、小さめの造花(またはつぼみ)を付けます。2つの造花の間の隙間に、上から乗せるように付けてみてください。

    saya-na (Annie.S Flower)


    最初につけたお花の茎とグルーが、3つ目のお花を乗せることで隠れて綺麗に仕上げることができます。
  7. 最後に乗せた造花もしっかり指で押さえて、完成です。

    saya-na (Annie.S Flower)


    このように斜めにつけていくことで、左右どちらからみてもお花が見えるように仕上げることができます。
    造花ヘアアクセサリー

    saya-na (Annie.S Flower)

それでは、ここからはお好みのアレンジを加えてみましょう!

パールビーズを追加して華やかに

saya-na (Annie.S Flower)

先ほど完成させた髪飾りに、パールビーズを付ければより華やかで上品な仕上がりになります。

saya-na (Annie.S Flower)

和のお花とタッセルで着物用アレンジ

和風のお花を選ぶと、着物にぴったりなデザインに。タッセルを組み合わせるのもオススメです。

着物用ヘアアクセサリー

saya-na (Annie.S Flower)

使用している材料:
シャクヤク、ピンポンマム、タッセル2色(ピンク、グリーン)、パールビーズ

レースをあしらって可憐な雰囲気に

ピオニーのお花と、レースのリボンで涼しげに。夏の浴衣にもよく合います。

造花とレースのヘアアクセサリー

saya-na (Annie.S Flower)

使用している材料:
ピオニー、コットンレースリボン、パールビーズ

大きなお花で存在感のあるデザイン

インパクトのある大きめのお花を選ぶことで、華やかなドレスを纏うパーティーシーンにも活躍できます。

造花とパールのコサージュ

saya-na (Annie.S Flower)

使用している材料:
アネモネ、テグスパール、ワイヤー入りオーガンジーリボン、ベルベット調リボン

お子さま用にはヘアゴムアレンジも

小さなお子様には、ヘアゴムへのアレンジもおすすめです。

造花のヘアアクセサリー(ヘアゴム)

saya-na (Annie.S Flower)

ヘアゴムに厚めのリボンを巻きつけて土台を作ったら、それを先ほどのレシピの葉っぱの土台に見立てて同じように作れます。グルーでお花をつけていき、パールビーズを合わせれば、豪華さもアップします。

大切な記念日やイベントのシーンに合わせて、あなただけのアクセサリーをハンドメイドしてみてください。

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。5月Boxはシェルトレイやボンボンホルダーなど、人気のインテリアアイテムが手作りできちゃうインテリアクレイのキットです。色も形も思いのまま、プチ陶芸気分でお気に入りを作ってお部屋に迎えましょう!

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【5月31日(水)15:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

saya-na (Annie.S Flower)
saya-na (Annie.S Flower)
お花で暮らしを華やかに楽しくをモットーに。高級な造花アーティフィシャルフラワーやドライフラワーを使ったブーケやリースのフラワーアイテムをWEB販売しています。レッスンも準備中です。Instagram: @n.sayaka_ka