会社を辞めて職人修行をすることを決めた理由―平成世代がアップデートする伝統工芸【第2回】

この連載のライター

satsuki*
1991年、愛知県津島市生まれ。大学時代は情報理工学を専攻。2014年に名古屋のIT企業に就職し、スマートフォンのアプリ開発やロボットアプリ開発に関わる。2017年、株式会社太田七宝へ入社し、七宝焼の窯元後継者として修業中。趣味は、ディズニーに行くこととミュージカル観劇。

前回のストーリーはこちらから
→第1回 愛知の友達でも知らなかった「七宝焼って何?」

先生から思わぬお話があった日のこと

会社員を続けながら七宝焼のレッスンに通う生活にもすっかり慣れて、基礎的な技法を一通り学び終えた私は、習い始めた頃よりも色々な作品が作れるようになっていました。


銀箔散らし

母は変わらず太田七宝のお店を手伝っていて、繁忙期などは私もお店に立って手伝うようにもなりました。私は七宝焼の教室もお店の仕事も好きだったので、「もし将来結婚して子どもができて、フルタイムでの仕事が難しくなったらここで雇ってもらおうかな?」なんて気持ちが私の中にも芽生えていました。

それから1年ほど経った頃でしょうか、平野先生が体調を崩されてしばらく仕事をお休みされることになりました。そしてその時、先生から思いがけない言葉を聞いたのです。

「伝統工芸の後継者として、本格的に勉強していかない?」

つまり、今までのように週末の習い事としてではなく、職業としてやっていくということ。そして、代々続いてきた窯元を、自分が継ぐということ・・・。

突然のことに驚きましたし、迷いました。先生は決して無理強いはせずに、将来に大きく関わることだからよく考えて答えを出してと言ってくれましたし、事前に平野先生から話を聞いていたらしい母も、どちらを選んでも応援すると言ってくれましたが、自分の思い描いていた未来の方向性が大きく変わるかもしれないと思うと、真っ白になってしまったような気持ちにもなりました。

跡取りは、私がやらなくちゃ

七宝焼に限らずどんな伝統工芸にも言えることですが、作ることに手間がかかるわりには儲けも少ないため、生計を立てていくのは難しいです。

それでも、高祖父の代から100年以上続く伝統工芸を絶やしてしまうのはもったいないと私は思っていましたし、なにより、私の祖父や祖父の兄姉たちも、続けてほしいと願っていました。他の親戚たちにもそれぞれ仕事があって継げそうな人は他にはおらず、跡取りは私以外にいないんだということが、私がやらなくちゃという気持ちにさせると同時に、大きなプレッシャーにもなりました。

でも、その時、平野先生がいつか言ってくれた「さつきは銀線を立てるのが上手い。もう少し極めれば、長年修行をしている職人さんにも負けない技術になるから、この世界に入ればその技術は必ず武器になるよ。」という言葉が私の背中を押してくれたように思います。

私の七宝焼職人としての才能を認める先生からの言葉は素直に嬉しかったですし、銀線を使った作品は私が七宝焼を習おうと思ったきっかけだったので、もしこの先私の作品から七宝焼を知ったり、七宝焼を習いたいと思ったりする人がいたらいいなと思ったのです。考えれば考えるほど、この美しい七宝焼の魅力をもっと多くの人に伝え、これからも残していきたいという思いが強くなり、私はついに「跡取りになる」と決心しました。

勤めていた会社の人たちは私が週末に七宝焼教室に通っていることすら知らなかったので、退職の意思を伝えた時はとても驚かれましたが、新たな挑戦、頑張ってねと、皆さん盛大に送り出してくれました。

私がやるなら、若い人にも七宝焼の美しさが伝わるものを作りたい

では、私は七宝焼職人としてどんなものを作っていきたいのだろう?と考えた時に、「自分が使いたいと思う、さりげない七宝焼」というコンセプトがありました。

七宝焼アクセサリー自体は太田七宝の三代目の頃から作ってきましたが、20代の女の子が身につけるには大振りで、普段着には合わせにくいデザインが多いように感じていたからです。

また、教室に通っている間に教えてもらいながら作った作品も、当時会社員をしていた20代の私が日常使いできるものは少ない印象でした。もっと小さくて、キラキラしたアクセサリーが作りたいと思っていたんです。

先生も一緒に実現方法を考えてくれて、これなら若い人が身につけてくれるようなかわいいアクセサリーが作れるかもしれない!と思った私は、せっかくだからブランドを新しくお洒落に作ろう、と決めたのです。

そのブランドのことについて相談していた時、先生に「さつきに、紹介したい子がいる」と言われました。呼ばれたのは、あの七宝焼アートヴィレッジの教室。そこで紹介されたのは、当時、美術系の高校に通っていたsakura*でした。彼女は小学生の頃からお母様に連れられてアートヴィレッジで七宝焼を学んでおり、春には美術大学に進学することが決まっていました。

sakura*と話すうちに、平野先生が私に紹介したいと言った理由がわかりました。彼女も、若い人が身につけるアクセサリーとしてこれまでの七宝焼は大きすぎるということや、私たちと同じ世代にもっと七宝焼を知ってもらいたいという、私と同じような思いを持っていたんです。

意気投合した私たちは、「自分が使いたいと思うさりげない七宝焼」で、七宝焼の美しさをもっと多くの人に知ってもらうために、クリエイターユニットとして一緒に活動をしていくことにしました。

―――

第3回に続きます。
→「自分でブランドを始めるということ」

ライター

satsuki*
satsuki*
七宝焼アクセサリークリエイター。1991年、愛知県津島市出身。窯元後継者として修業中。卒論でディズニーシーの最適な回り方について研究するほどディズニーが大好き。ミュージカル観劇が趣味。