お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

肌に優しいガーゼハンカチの作り方。初心者さんにもおすすめ

コノトガク

手触りがよく肌にやさしいガーゼハンカチは、さまざまなときに重宝するアイテム。お出かけのお供としてはもちろん、吸水性にも優れていて赤ちゃんグッズとしても役立ちます。

最近では、さまざまな色柄のガーゼが販売されているので、お好みの生地で手作りのハンカチを作れるのも魅力です。

今回は、初心者さんにも挑戦できるガーゼハンカチの作り方をはじめ、制作時のポイントもあわせてご紹介します。

肌触りのやさしいガーゼハンカチ

ガーゼハンカチは、柔らかくて肌触りがいいので、大人から子供まで安心して使えます。吸水性や速乾性にも優れているため利便性がよく、タオル地より薄手でバッグの中でかさばらないのも嬉しいところ。

シンプルなガーゼを使用してもいいですが、淡くてシンプルな色合いや、可愛らしいデザインのガーゼもあるので、ぜひデザインにもこだわってみてください。

ガーゼハンカチなら初心者さんも作れる!

ガーゼハンカチは、直線縫いだけで作れるので、初心者さんにもおすすめです。今回はミシンを使用しますが、手縫いでも作ることができます。ただし、洗濯機で繰り返し洗って使う場合には、丈夫な縫い方で作るのがポイントです。

手縫いでガーゼハンカチを作る場合は、なみ縫いよりも強度が高くなる「半返し縫い」「本返し縫い」を取り入れましょう。

それぞれの詳しい縫い方は、以下の記事で解説しています。

半返し縫いの方法を見る

本返し縫いの方法を見る

ガーゼハンカチの作り方をご紹介

今回のレシピは、2枚のガーゼを重ねた正方形のハンカチです。四角いガーゼの端を縫い合わせるだけで作れるので、初心者さんにも優しく、短時間で出来上がります。角をカーブで縫っても可愛くなります。また、ミシンを使用していますが、手縫いでも作れます。

ただし、吸水性のよいガーゼは洗うと縮みやすくなるため、あらかじめ水通しをしておきましょう。表布と裏布で柄を変えてもおしゃれです。

■今回つくるガーゼハンカチについて

完成サイズ:縦20cm×横20cm
所要時間:約20分

必要な道具と材料

手縫いで作る場合は、手縫い糸と針を用意しましょう。

布の色になじみやすい糸を使うことで、糸の色が透けずに綺麗な仕上がりになります。

材料

  • 表布  縦22cm×横22cm
  • 表布  縦22cm×横22cm
  • ミシン糸 60番※普通地用(今回は白を使用)

道具

  • 布切りバサミ
  • 糸切りバサミ
  • まち針
  • 定規
  • ミシン
  • ミシン針11番(普通地用)

ガーゼハンカチの作り方

作り方

  1. 表布と裏布を中表に合わせ、待ち針を止めます。周りを1cm幅で縫い合わせます。返し口として、角以外のところを8cm縫い残します。
  2. 角の縫い方を詳しく説明します。
    今回は1cmの縫い代なので、生地の端から、1cm手前でいったんミシンを止めます。この時、針は布に刺さったままにします。
  3. 押さえ金を上げます。
  4. 針を刺したまま、生地を縫い進めたい方向に合わせて回します。
  5. 押さえ金を下ろします。この時に、針の位置が、右の生地端から1cmになっているか確認します。
  6. 縫い進めます。
  7. 周りが縫えました。
  8. 返し口から表へ返します。
  9. 表に返しました。
    周りに4~5mm幅のステッチをかけます。返し口は縫い代を中側に折り、待ち針でとめます。
    手縫いでステッチする場合、少し大きめの目にするとポイントになって可愛いです。糸の色を目立つ色に変えても素敵です。
  10. 完成です。

    ガーゼ生地を縫う機会が多い方には「上送り押さえ」がおすすめです。

    ガーゼ生地は縫っている時に上下の布がずれやすいのですが、「上送り押さえ」は、押さえに送り歯がついているので、上(押さえの送り歯)と下(ミシンの送り歯)で布をはさむような形になり、ずれにくくなります。

    ニットなどの伸びる生地、ビニールコーティング素材やキルティングなども縫いやすくなりますよ。

ガーゼ生地を取り扱うときのポイント

ガーゼハンカチを作るときに「水通し」をしておくと、洗濯したときに縮むのを防げます。また、生地表面の“のり”が落ちてしっとりと柔らかい肌触りになります。

水通しの方法

▼手洗いの場合

  1. 洗面器や桶に水かぬるま湯をいっぱいに入れる
  2. ガーゼをそのなかに入れて、優しく揉む
  3. 洗面器からガーゼを取り出し、もみ洗いするか、新たに水を入れ替えて押し洗いする
  4. 優しく絞り、天日干しや風通しのよいところに干して乾かす

▼洗濯機を使用する場合

  1. ガーゼを洗濯用ネットに入れる
  2. 洗濯機のコースを「手洗い」「おしゃれ着」などのソフトな洗濯方法に設定する
  3. 洗濯後は、天日干しや風通しのよいところに干して乾かす

お子さん用にはもちろんバザーにもぴったり!

手作りのガーゼハンカチは、複数枚持っているとさまざまな用途に使えて便利です。ご家族の分やお友だちへのおすそ分けにしたり、幼稚園や保育園でのバザー品にしたりするのもおすすめです。赤ちゃんのよだれ掛けやちょっとした掃除などにも使えるので、ぜひお好みのガーゼで手作りしてみてくださいね。

このレシピのデザイナー

コノトガク
コノトガク
服飾学校卒業後、パタンナー、アパレルデザイナー、ミシン講師を勤めたあと、『モノ作りの人』となる。大好きなミシンを踏みながら毎日がうるおう布コモノを製作中。instagram:@konotogaku

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。ご好評につき、2期生の募集を開始しました!9月Boxはボタニカルキャンドル作りとおしゃれなハンドレタリングが楽しめるお得なキット♪
昨年は売切れてしまったBOXなので気になる方はお早めに♪

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【9月30日(金)17:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。