お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

ハサミなしで上手に作れる。おしゃれなちぎり絵の作り方

rino

手で紙をちぎり、自由にデザインして作るのが楽しいちぎり絵。子供の頃、作ったことがあるという人も多いですよね。そんなちぎり絵、大人になってからも十分楽しめるんですよ。

今回は色々な素材を使った、ちぎり絵の作り方をご紹介します。お好みの紙を準備すれば、ハサミなしで今すぐ楽しめますよ。

ちぎり絵の下絵の選び方

ちぎり絵を作る際には、下絵があると便利です。どんな絵をちぎり絵で描きたいのか、前もって決めておきましょう。

どんな下絵でもちぎり絵に使うことができますが、最初は細かいデザインより、シンプルな下絵の方が作りやすいかもしれません。イメージに応じて、お好きな下絵を準備してください。

和紙を使ったちぎり絵の作り方

柔らかく手で簡単にちぎれる和紙は、ちぎり絵に適した素材です。初めてちぎり絵をする人や、お子様でも簡単にちぎることができるでしょう。ふわふわとした切れ目になるので、優しい印象に仕上がります。

■所要時間:約40分

材料

rino

  • 和紙
  • 無地のポストカード(厚手のものがおすすめ)

道具

  • 鉛筆
  • でんぷんのり(なければボンドを水で伸ばしたもの、液体のりでもOK)
  • 手拭きタオル

作り方

  1. 無地のポストカードに、作りたいイラストを薄く下書きします。ポストカードは、厚手のものがおすすめです。薄い紙だと、のりの水分量でシワになりやすいので、厚い紙が適しています。

    rino

  2. 和紙をちぎります。手でちぎると和紙独特のケバケバ感が出て、やわらかい雰囲気になりますよ。

    rino

  3. 下書きに沿って貼りつけていきます。

    rino

  4. 陰影を出す為に、明るくしたい部分に薄いピンクを上から貼りました。他にも、暗くしたい部分は沢山重ねたり、濃い色を上から貼り付けるなどして、立体感を作ってみてください。

    rino

  5. ヘタの部分も同様に貼ります。イチゴの種などの細かい部分は、ハサミでカットして貼り付けてください。

    rino

  6. のりが乾いたら、完成です。

    rino

マスキングテープを使ったちぎり絵の作り方

 

おうちにのりがない、という場合には、マスキングテープでちぎり絵を楽しむこともできますよ。のりを使わないので作業しやすく、いろいろな種類のマスキングテープを用意すれば、とてもカラフルなちぎり絵を作れます。

■所要時間:約50分

材料

rino

  • お好みのマスキングテープ
  • 無地のポストカード
  • 下書き用の紙

道具

  • 鉛筆
  • ハサミ
  • カッター
  • カッターマット

作り方

  1. 大まかなデザインをイメージして、下書き用の紙に下書きします。

    rino

  2. 下書きのイメージに合わせてマスキングテープを貼っていきます。お花の茎部分は1本まっすぐに貼っても良いですが、ちぎって重ね貼り合わせて、色味の変化をつけても面白いですよ。

    rino

  3. マスキングテープを何枚か重ね、カッターでくり抜いても、いろいろな色が出て柄を楽しめます。

    rino

  4. 花びらに見立てて貼っていきます。

    rino

  5. 完成です。

    rino


    完成した作品は額縁に入れて、インテリアとして楽しんでください。

    rino

ちぎり絵を上手に作るコツ

ちぎり絵は、一気に作らず全体のバランスを見ながら作るのが、きれいに仕上げるコツです。最初の方は和紙やマスキングテープを少しずつちぎり、様子を見ながら貼っていきましょう。

また、ちぎり絵ならではの風合いを楽しむためにも、ちぎった場所の繊維や毛羽はそのまま残すのがおすすめ。ハサミや手書きの絵では出せない、柔らかい仕上がりになります。

親子で一緒にちぎり絵を楽しもう

rino

ちぎり絵は、少ない材料ですぐに楽しめるので、休日の趣味はもちろん、親子で挑戦するのもおすすめです。今回は和紙やマスキングテープを使う作り方をご紹介しましたが、おうちにある折り紙でも同じように作ることができますよ。

自由な発想で、オリジナルの絵を作れるちぎり絵には、魅力がたっぷり詰まっています。ぜひ、世界にひとつだけのちぎり絵作品を作ってみてくださいね。

このレシピのデザイナー

rino
モノづくりの仕事をしてきた経験を生かし、”作れそうなモノは作ってみよう”の気持ちで手軽に出来るハンドメイドを楽しんでいます。ほっこり石粉粘土ブローチ作家norinoとして活動中。Instagram: @rinonori3

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。