お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

結婚式を彩るリボンロゼットの作り方

workshopcomo

リボンで作られたバラのような形のバッジ、ロゼット。最近では結婚式などお祝いのシーンでも、おしゃれなロゼットを見かけるようになりました。今回は結婚式のシーンで活躍する、手作りロゼットのアイデアをご紹介します。まずは基本の作り方をマスターして、色々なウェディング小物にアレンジしてみてくださいね。

リボンとくるみボタンで作るウェディングロゼットの材料と作り方

手作りのウェディングロゼット

Craftie

新郎新婦が身に着けるものとしてはもちろん、近年では結婚式のゲスト用にひとつひとつ名前を入れたロゼットが席札として使われることも。

ここでご紹介するのは初心者でも簡単に作れるロゼットのレシピですので、ぜひチャレンジしてみてください。

材料のリボンには、サテンなどの光沢があるリボンだと高級感が出ます。

材料(出来上がり全長約10cm)

  • リボン(お好みによりますが幅は2.5cm程だと作りやすいです) 約80cm
  • くるみボタン台 (このレシピでは直径3cmを使用)
  • くるみボタンを包む布
  • フェルト
  • ブローチ金具

道具

  • はさみ
  • グルーガン
  • ボンド
  • 両面テープ
  • 洗濯バサミ
  • 定規
  • 鉛筆やチャコペン
手作りロゼットに必要な材料

Craftie

作り方

  1. まずはくるみボタンの周りのリボンひだを作っていきます。リボンは30~40cmくらいあるとちょうどよいです。リボンの両面の片側に細めの両面テープを貼り付けます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  2. リボンの先端部分は片側に折り曲げておきます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  3. 両面テープを少しずつはがしながら、リボンを折ってひだを作っていきます。リボンの端まで続けます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  4. くるみボタンをフェルトの上に置き、鉛筆やチャコペンシルで周囲をなぞるように印をつけます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  5. 描いた円に沿ってフェルトをカットします。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  6. くるみボタンをくるむ布を、ボタンより大きめに切ります。布の直径はボタンの直径の2倍が目安です。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  7. くるみボタンの表パーツの内側に両面テープかボンドをつけ、布を少しずつたたむようにしてボタンの中に入れ込みます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  8. 全て貼り付けられたら、くるみボタンの裏側のパーツを取り付けます。ボタンの足はあらかじめペンチなどで取り外しておくと扱いやすくなります。この時、通常のくるみボタンの作り方と異なり、足が付いていた面を中に入れるようにして取り付けます。
  9. くるみボタンのへこみ部分にボンドをつけます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  10. リボンの両面テープが付いた部分を、ボタンの裏面から貼り付けていきます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  11. 余った部分をはさみで切ります。ボンドが乾くまで、洗濯バサミなどで中央をとめておきます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  12. 次にロゼットの足を作ります。リボンを15cm程カットします。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  13. 中央で折り曲げて線をつけます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  14. 線の部分に沿うように小さく切った両面テープをつけます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  15. 両面テープまたはボンドで、くるみボタンの後ろに貼り付けます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  16. 先端部分をVの字に切ります。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  17. 先ほどカットしたフェルトにグルーガンでブローチ金具を取り付けます。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  18. くるみボタンの裏の中心部分にボンドでフェルトを接着します。
    ロゼットの作り方

    Craftie

  19. 完成です!
    ロゼットの作り方

    Craftie

リボンのプリーツが簡単に出来るロゼットメーカーもあります

簡単に規則的なひだのロゼットを作りたい場合は、市販のロゼットメーカーを試してみてください。リボンのひだの形や仕上がりの大きさにも色々なパターンがありますので、イメージに近いものを選びましょう。

その他にも、収納アイテムとして使われるプラスチックの仕切り版をロゼットメーカーとして代用する方法もあります。

結婚式のウェルカムボードをロゼットで飾るアイデア

ゲストが式場で最初に目にするのが、入口のウェルカムボードですよね。

新郎新婦のイニシャルを入れたロゼットを作って飾れば、立体的なウェルカムボードに。イラストなどの上から飾っても良いですし、ロゼットが主役になるような大きなものを作って、中央にゲストの方へのメッセージを入れるのも素敵です。

写真に撮って思い出に。フォトプロップスとしても使えるロゼット

パーティーの写真撮影コーナーで活躍するフォトプロップス。花形のロゼットはおめでたい席や各種パーティーとの相性も良いので、楽しく華やかな雰囲気のフォトプロップスになります。この場合のポイントは、写真の中でしっかりと存在感が出るように、大きなサイズと目立つ色で作ることです。中央に文字を入れるなら、写真でもはっきりと読めるように大き目の文字で作りましょう。

このアイデアは結婚式だけでなくその他のパーティーシーンでも大活躍しますので、パーティーのテーマに合わせてカラーコーディネートやメッセージを考えて楽しく作ってみてください。

ワークショップでウェディングアイテムを作ろう

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです。


Craftieのウェディングワークショップを見る

その他ものづくりワークショップを探したい方はこちら

Craftieでは洋裁やキャンドル作り、フラワーアレンジメントなど、様々なハンドメイド体験ができるワークショップを揃えています。気軽にものづくりにトライしてみたい方はこちらから。

Craftieで全ワークショップを見る

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」3期生受付中♪

3期生6月Boxは、ガラスペンで楽しむボタニカルアートです。

ガラスペンは、軸もペン先もガラスでできた美しい筆記具。
カリグラフィーと並んで、いつか使ってみたい憧れのステーショナリーです。

きらめくガラスのペン先に、彩り豊かなインクを纏わせるひとときは、非日常的でゆったりとした気持ちにさせてくれます。

美しいガラスペンを暮らしに迎えて、新しいシーズンをスタートさせましょう。

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みはお申し込みは【6月28日(金)15:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。