毛糸で簡単に作れる『コットンボール』の作り方

i8mai8main

インテリアとして、パーティーのガーランドとして、またクリスマスツリーのオーナメントなどとして、さまざまなシーンで使えるおしゃれな『コットンボール』。

色々な糸で作ることができますが、今回は「毛糸」を使って簡単に手作りするレシピをお伝えします。毛糸ならしっかりとした太さがあるため扱いやすく、手芸に慣れていない方にもおすすめ。

このレシピでは、2種類のコットンボールの作り方をご紹介します。

毛糸なら簡単に作れる「コットンボール」

クリスマスツリーやリースは、たくさんのオーナメントでにぎやかに飾ってあげたいもの。そんな風に数を揃えたいオーナメントだからこそ、今回のように手軽な材料で、手軽に作れるレシピが活躍します。

お子さまに手伝ってもらったり、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に手作りを楽しむのにもおすすめです。

毛糸で手作りするカラフルな「コットンボール」の作り方

それでは早速作ってみましょう。

材料

  • ゴム風船  作りたい個数分
  • でんぷんのり 適量
  • 毛糸 適量
    ※今回は並太のコットン糸を使用
  • 飾り付け用の糸(たこ糸など)

道具

  • ラップ 適量
  • ワセリンまたはハンドクリーム 適量
  • ハサミ

作り方

  1. ゴム風船を膨らませます。これがコットンボールを形成する時の「芯」になります。作りたいボールのサイズに合わせて膨らませたら、口をしばります。
  2. 風船全体にワセリンまたはハンドクリームを塗り、ラップをすき間なく巻いていきます。
  3. ラップの表面に毛糸を巻いてボールを形作ります。ラップの上から、風船全体にでんぷんのりを塗り、毛糸にもでんぷんのりをつけながらランダムに巻き付けていきます。
  4. 巻き付け終わったら、仕上げとして全体に薄くでんぷんのりを塗りましょう。塗り終えたら、ラップなどの上に置き、乾燥するまで1日置いておきます。
  5. 風船とラップを取り出して仕上げます。でんぷんのりが乾いていることを確認し、風船とラップを毛糸のすき間からそっと取り出します。

    1日経てば風船もしぼみ、ワセリン(ハンドクリーム)で滑りも良くなっているので取り出しやすくなっていると思われます。もし、風船が十分にしぼんでいない場合は、針で風船を割ってから取り出しましょう。
  6. 最後に、飾り付け用のひもをつけたら完成です。オーナメントのように一つずつ紐をつけても、ガーランドのように一本の紐にたくさんのボールをつけても。

ポンポン型のコットンボールの作り方

次は毛束で作るコットンボールの作り方をご紹介します。

材料

  • 正方形の厚紙(作りたいコットンボールのサイズ)作る個数分
  • 毛糸 適量
    ※今回は並太のコットン糸を使用
  • 毛糸より少し細めで同系色の糸 (飾り付け用) 少々

道具

  • ハサミ
  • クシ

作り方

  1. 厚紙をカットし、毛糸を巻く芯を作ります。この写真を参考に、厚紙の真ん中をだいたい1.5cm幅で3分の2ほど切り取り、コの字型の芯を作ります。
  2. コの字にカットした部分の上から、ぐるぐると毛糸を巻きます。
  3. 写真は80回ほど巻いたものです。巻き終わったら、コの字の凹部分を使って糸で真ん中をしばり、毛糸が抜けないようしっかりと固結びして、余った糸をカットします(写真ではわかりやすいように、別色の糸を使っています)。
  4. 毛糸を芯から外します。

    両端の「わ」になった部分をハサミで切ります。

  5. この時、中心の糸に飾り付け用のひもをつけておきましょう。
  6. 毛糸を手でもんで束をほぐし、形を丸く整えたら、さらにフワフワになるようクシで毛糸そのもののより合わさった糸を1本ずつにほぐしていきます。
  7. ハサミで飛び出た毛糸をカットして整えたら完成です。

使う毛糸を変えてアレンジ!

アレンジ案①

上記の作り方では並太のコットン毛糸を使いましたが、太いウールの毛糸を使うと、クシでほぐさなくてもフワフワに仕上がります。

この8cmサイズのポンポンは、太いウールの毛糸を120回巻いて作っています。サイズの小さいポンポンは、毛糸を巻く回数が多いほど扱いづらくなるので、太い毛糸を使うことでボリュームを出しながら、巻く回数を少なめにするのがおすすめです。

アレンジ案②

素材や色、太さの違う毛糸を一度に巻くことで、異なる質感をミックスすることができます。1個でもカラフルなポンポンを作ることができますよ。

色や素材を変えて、オリジナルのインテリアやデコレーションに

サイズや飾る場所にもよりますが、カラフルで数多くなればやっぱり楽しいものです。余った毛糸などを活かして作ることもできます。

クリスマスのオーナメントにする場合は、同じ作り方でも使う色を白、ゴールド、赤、緑などにするとツリーにぴったりの色づかいになります。

大人っぽい雰囲気を出したいのであれば、同系色のオーナメントで揃えるのもおすすめです。ぜひ、いろいろな色や素材、太さの毛糸を集めてたくさんのオーナメントを作ってみてください。

編み物をワークショップで学ぼう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

編み物のワークショップを探す

このレシピデザイナーのワークショップを見る

i8mai8main
毎月違う植物で染めた毛糸でかぎ針編みを楽しむワークショップを開催。身近な植物の秘める色に驚くはずです!草木染の話と編み物の話をしながらゆったりとした時間を過ごしましょう。

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。