お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

夏休みの工作におすすめ!オリジナル本棚を工作しよう

rino

夏休みの工作の定番のひとつ「本棚」。シンプルな本棚も魅力的ですが、既製のトレイを使えば、なにかと便利な引き出しをつけた本棚も簡単に作れます。今回は、1×4(ワンバイフォー)材を使った引き出し付き本棚の作り方をご紹介します。

☆このレシピは印刷用PDFもご用意しています。
レシピを印刷しておけば、いつでも手軽に作って楽しめる上、書き込みも可能なので便利です。以下のボタンからCraftieの無料ユーザー登録(1分程度)が完了すればすぐに印刷可能です。

印刷用PDFレシピをダウンロード

夏休みの自由工作は、木工デビューのチャンス

子どもに木工を体験させたいけれど、大人と同じ工具を使うとなると、子どもだけでやらせたり、大勢のグループに少人数の大人で……というのはちょっと不安ですよね。一方、親御さんとお子さんがマンツーマンで取り組める夏休みは、お子さんの木工デビューのまたとないチャンス!自由研究や工作の課題としてはもちろん、木工の楽しさを知るチャンスとして、ぜひ挑戦してみてください。

引き出し付きの本棚の作り方

それではさっそく、引き出し付き本棚を作ってみましょう。

本棚の作り方

rino

今回は、「1×4(ワンバイフォー)材」と呼ばれる共通サイズ規格の木材をメインで使用しますが、手に入りやすい素材に合わせてサイズを調整してもOK。どう調整すればいいか親子で一緒に考えるのも、良い自由研究になりますよ。

材料

  • 木材(1×4材 幅89×高さ1820×厚み19mm)
  • 9mm厚ベニヤ(幅600×高さ300×厚み9mm)
  • 赤松角材(幅45×高さ900×厚み15mm)
  • 木製トレイ 2個(今回は約148×198×35mmのトレイを使用)
  • 引き出し用ハンドル(100円ショップやホームセンターなどで購入)
  • 釘(長さ25〜30mm)30本ほど
    本棚の材料

    rino

道具

  • 木工用ボンド
  • 手鋸(自宅で木材をカットする場合)
  • 金槌
  • 紙ヤスリ

まずは、下準備として木材を下記の通りにカットします。ホームセンターなどでカットしてもらってもよいですし、自分たちで手鋸を使ってカットするのも良い経験になるでしょう。

木材のカット寸法

1×4材のサイズと、トレイのサイズを基準に算出しています。同じサイズの木材がない場合は、作り方を参考にサイズを調整してみてください。

<1×4材>
側板: 高さ230mm × 6枚切り出します

<赤松角材>
引き出し前板: 高さ300mm × 1枚切り出します

rino

<9mm厚ベニヤ>
底板: 300 × 267mm
中板: 300 × 252mm
背板: 30 × 338mm(底板、中板の残材から切り出します)

rino

木材をカットした端には、繊維がギザギザに飛び出したいわゆる「バリ」が残っていますので、紙やすりをかけて滑らかにしましょう。

rino

作り方

  1. 引き出しを組み立てます。まず、ボンドでトレイ2つの長辺どうしを貼り合わせます。

    rino

  2. 次に、トレイの短辺が2つ連なったところにボンドを塗り、引き出し前板をトレイの下側と揃えて貼り合わせます。引き出し前板とトレイを釘で固定しておくと、より丈夫になります。

    rino

    rino

  3. 引き出し前板の中央に、釘などでハンドルを取り付けます。これで、引き出し部分の完成です。

    rino

    rino

  4. 棚本体を組み立てます。底板の左右に側板を3枚ずつすき間なく並べます。

    rino

  5. 接着面にボンドをつけてから釘を打ち、固定していきます。

    rino


    固定されるとこのようになります。

    rino

  6. 底板の上に引き出し部分を置き、引き出しの上に中板を載せます。

    rino

  7. 引き出しと中板がぴったり収まる位置から上に1~2mm余裕を持たせて側板に印をつけます。

    rino

  8. この印を元にして、底板と平行に直線を引き、中板をつける位置の印とします。

    rino

  9. 中板を側板の奥側へ揃えて、ボンドをつけてから釘を打ち固定します。

    rino

  10. 引き出しがスムーズに動くか確認できたら、中板部分の完成です。

    rino

  11. 背板をつけて仕上げます。棚の奥に、側板と側板をつなぐように背板を渡し、ボンドをつけてから釘を打ち固定します。

    rino

  12. 完成!

    rino

    材料には挙げていませんが、お好きな色を塗ったり、模様を描いたり、ニスを塗ってつやを出したりしても良いですね。

Craftieにユーザー登録すると、こちらの印刷用レシピをダウンロードできます。印刷したレシピをじっくり読んで、ものづくりを楽しんでくださいね!

印刷用PDFレシピをダウンロード

大きなサイズの本も置けて、使い方のバリエーションも広がる

今回作ったサイズは奥行きがあるので、絵本などの大きな本も置けますし、奥に本を置き、手前にオブジェなどを置いてディスプレイするのもおすすめです。

引き出しがあることで、ハサミやペン、しおり、ブックカバーなど、本と一緒にしまっておきたい文房具類も収納できて便利ですよ。

rino

机上サイズの本棚ですが、木材に厚みがあって本棚自体が頑丈なので、ブックエンド代わりにしたり、間仕切りに使ったりとインテリアに合わせてさまざまに応用できるのがうれしいところ。

手作りの本棚

rino

ペイントしたり、ハンドルを付け替えればまた違った雰囲気も楽しめます。お子さんと一緒に作るのであれば、木工の楽しさを感じてもらえるよう、自由な発想を活かしてあげてくださいね。

最初はキットで手軽に工作を楽しむのもおすすめ

「おうちでの工作にチャレンジしてみたいけど、材料や道具を買いに行く時間がない…」という方は、まず必要な材料が入っているキットから始めてみませんか?Craftieのハンドメイドキットサービス「Craftie Home」では、手軽にお子さんと工作に取り組めるオリジナルキットをご用意しています。

ハンドメイドキットを見る

おうちで楽しむものづくり特集公開中!

Craftieでは、お家の中で気軽に楽しめるものづくりレシピを多数ご用意しました。詳しくはこちらのバナーをクリック。


Craftieのおうちものづくり特集

このレシピのデザイナー

rino
モノづくりの仕事をしてきた経験を生かし、”作れそうなモノは作ってみよう”の気持ちで手軽に出来るハンドメイドを楽しんでいます。ほっこり石粉粘土ブローチ作家norinoとして活動中。Instagram: @rinonori3

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。ご好評につき、2期生の募集を開始しました!9月Boxはボタニカルキャンドル作りとおしゃれなハンドレタリングが楽しめるお得なキット♪
昨年は売切れてしまったBOXなので気になる方はお早めに♪

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【9月30日(金)17:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。