お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

ガラス絵具でおしゃれなステンドグラス風アイテムを作ろう

rino

みなさんは「ガラス絵具」をご存知でしょうか。気軽におしゃれなアイテムやシールを作れると、DIYや工作で活用されています。雑貨屋やホームセンター、100均などでも手軽に手に入るのも魅力です。

そんなガラス絵具を使って、おしゃれなオリジナルアイテムを作ってみましょう。まるでステンドグラスのようなキラキラとした仕上がりを楽しめますよ。身近な材料で簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

ガラス絵具とは

rino

ガラス絵具とは、ガラスの表面やプラスチックの表面に描けるよう作られた、特殊な絵具のことを言います。手軽に購入することができて、DIYや工作に取り入れる人が多いようです。通常の絵具よりもドロっとしており、筆などを使わず容器からそのまま絵を描くことができます。

ガラス絵具の使い方

手軽に手に入るガラス絵具は、ガラス面やプラスチック、ペットボトルなどの表面に直接着色して使います。塗った直後はドロっとしているままなので、時間をおいて乾かしましょう。

お店によって色の種類は異なりますが、お気に入りの色が見つからない場合は、通常の絵具のように色を混ぜて作ることもできます。

また、ガラス絵具の多くは、塗った直後はマットな色合いですが、乾くと透明になります。色合いが難しい場合は、一度試しに色を出してみて、乾いた状態を確認してから作品を作るのもおすすめです。

ステンドグラス風カップの作り方

透明グラスにガラス絵具で着色して作る、ステンドグラス風カップの作り方をご紹介します。この記事ではお花のデザインで作りますが、動物や星や月のモチーフなど、お好みでアレンジできますよ。

■所要時間:約50分(+乾燥時間)

材料

rino

  • ガラス絵具
  • お好みの透明グラス

道具

  • 爪楊枝

作り方

  1. お好みの透明のグラスを用意します。ガラス絵具を塗りやすいよう、表面がデコボコしていないものを選ぶのが良いでしょう。

    rino

  2. 今回はポコポコとしたお花のミモザをイメージして制作します。まず茎を描きましょう。

    rino


    細かい部分を描く時は、直接塗りよりも爪楊枝が使いやすいですよ。

    rino

  3. 黄色いガラス絵具を、ぽんぽんと丸く色をのせていきます。

    rino

  4. ここでは直接塗りで、ぽんぽんと色をのせるだけでお花のように仕上がりますよ。

    rino

  5. 反対側はリースをモチーフにしました。

    rino

  6. このまま8時間以上、しっかりと乾かしたら完成です。ゴシゴシ洗いすぎると剥がれやすいので、気をつけてくださいね。インテリアとして飾っておくのも素敵です。

    rino

ガラス絵具のシールの作り方

ガラス絵具で、オリジナルのシールを作ることもできます。どんな絵でも挑戦できるので、親子で楽しむのもおすすめ。ぷっくりと存在感のあるシールは、どこに貼っても素敵に演出してくれます。

■所要時間:約60分(+乾燥時間)

材料

  • ガラス絵具
  • クリアファイル
  • 下絵用の絵

道具

  • プラスチック製の容器(色を混ぜる時用)
  • 爪楊枝
  • 鉛筆

作り方

  1. 下絵を用意します。お好きなイラストを描いても良いですし、塗り絵などを使っても良いです。

    rino

  2. 下絵をクリアファイルに挟みます。

    rino

  3. 下絵に合わせてガラス絵具でなぞります。一般的なステンドグラス風だと、黒のガラス絵具でフチを取り、乾燥後(60分以上)、中の色を塗りつぶしていきますが、今回は黒フチなしのナチュラルな仕上がりを目指します。

    rino

  4. 細かい部分は、爪楊枝を使って整えましょう。

    rino

  5. 中も塗りつぶして、乾かします(8時間以上)。乾くと薄くなるので、たっぷりと厚みが出るようにガラス絵具を乗せてください。

    rino

  6. ガラス絵具は、混ぜてお好きな色を作ることもできます。

    rino


    空き容器にガラス絵具を出して爪楊枝で混ぜてください。

    rino

  7. 混ぜた色は爪楊枝ですくい、色をのせます。激しく混ぜて気泡ができないように気をつけましょう。

    rino

  8. ぷっくりと厚みが出るように、色を乗せていきます。

    rino

  9. 全ての色を乗せたら、8時間以上乾かします。

    rino


    完全に乾くまで、触らないようにしてください。

    rino

  10. 完全に乾いたら、ゆっくりクリアファイルから剥がします。剥がしにくい時は、冷やしてから行ってください。

    rino

  11. 貼る面のホコリなど汚れをきれいに拭き取り、貼り付けます。

    rino

  12. ガラス、鏡、タイルなどに貼り付けられます。剥がしてもまた別の場所に貼り付けられるので、色々な場所で楽しんでくださいね。

    rino

  13. 影がキラキラと透けて幻想的。影のシルエットもかわいいです。光の差す場所に貼るのがおすすめですよ。

    rino


     

ガラス絵具のアレンジアイテム

ガラス絵具は、お好きなガラスアイテムに直接絵を描くことで、どんなアイテムにも応用できます。お好みの空き瓶に絵を描いて、手作りのキャンドルホルダーを作ったり、フォトフレームのガラス面に絵を描いて、ステンドグラス風の置物を作るのもおすすめです。

ガラス絵具のシールは、クリスマスや七夕など、季節ごとに新しい絵で作れば、おうちの窓を季節に応じて気軽にアレンジできます。お好みに応じて、ガラス絵具のオリジナルアイテムを作ってみましょう。

ガラス絵具でお部屋をおしゃれに

rino

ガラス絵具は、身近なアイテムを自分好みの絵やデザインで演出できる、楽しいアイテムです。DIYに慣れていないという人でも、気軽に挑戦できるのが嬉しいですね。ぜひ、お好きなデザインでお部屋をおしゃれに演出してみてください。

このレシピのデザイナー

rino
モノづくりの仕事をしてきた経験を生かし、”作れそうなモノは作ってみよう”の気持ちで手軽に出来るハンドメイドを楽しんでいます。ほっこり石粉粘土ブローチ作家norinoとして活動中。Instagram: @rinonori3

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。