お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

一輪差しで季節を先取り。クレイ(粘土)で作るフラワーベース

Craftie

季節に合わせて楽しめるインテリア雑貨を、自分で手作りできたら素敵です。成形しやすく、絵や文字も書けるクレイ(粘土)は、そんなDIYにぴったり。季節の花の一輪差しが楽しめるフラワーベースを作ってみませんか?

雑貨づくりにおすすめなのは石塑粘土

子どもの頃、誰でも一度は遊んだことがある粘土。ひとくちに粘土といっても、素材や成分によってさまざまな種類があります。雑貨づくりにおすすめなのが、乾燥すると陶器のように固くなる石塑(せきそ)粘土です。

石塑粘土は石の粉からできている粘土で、石粉粘土ともいわれています。柔らかいので成形しやすく、固まると表面に絵や文字が書けるのも魅力です。

おうち空間や季節に合わせて手作りできる

Craftie

暮らしの空間を彩るインテリアオブジェに目がない、と語るのは、ジャカルタ在住のカリグラファー、ヴェロニカ・ハリムさん。仕事柄、撮影のスタイリングを手がけることも多く、常にスタイリング小道具を探しているのだそう。

「思い描くシチュエーションにぴったりの小物がいつも見つかるとは限りません。そこで、なければ自分で作ってしまおう! という感じで、クレイを使って小さなオブジェを作ってみました」(ヴェロニカさん)

今回、ヴェロニカさんが作ったのは2種類のフラワーベース。一輪差しとしてテーブルや棚上にディスプレイするのにちょうどいい大きさです。

「クレイを使ったオブジェは誰でも簡単に作れます。今回の2つのフラワーベースは、ミモザの季節に合わせて、Spring、Mimosa、 Be Happyの言葉をあしらいました。一輪差しとしてお花を活けるほか、ペンレストやお香立てなど、おうちのインテリアに合わせて自由に楽しめます」(ヴェロニカさん)

クレイのフラワーベースで使う材料と道具

クレイのフラワーベース

Veronica Halim

材料

  • クレイ(石塑粘土) 500g 

道具

  • めん棒(クレイを伸ばすため)
  • 定規
  • カッティングマット(プラスチックシートでもよい)
  • 水を入れる容器
  • 布(ふきん)
  • 割り箸または鉛筆(一輪差しを作る場合は、穴をあけるために用意しましょう)
  • スケッパー (一輪挿し、フラワーベースの2つを同時に作る場合)

クレイのフラワーベースの作り方

作り方

  1. クレイを袋から取り出して、カッティングマットの上に出し、めん棒で伸ばします。2個いっぺんに作る場合は、スケッパーなどでクレイを2つに分けておきます。

    クレイは空気に触れると乾燥し、固くなります。余ったクレイはそのまま放置せずに、袋に入れるか、ラップで包んで密閉して保管しましょう。

    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  2. 石ころのフラワーベースを作ります。両手でクレイをはさみながら、ボール形に丸めます。裂け目ができたり、クレイが乾いて固くなったりしたら、表面にほんの少し水をつけてなめらかにします。濡らしすぎると手にくっついてしまうので注意しましょう。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  3. クレイがボール形になったら、手のひらや指の腹で形を整え、四角く成形していきます。きちんとしたブロックではなくて、石ころのように自然な形をイメージしながら成形していきましょう。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  4. 形ができたら、天板(テーブル)に置いて、側面がなめらかになっているか確認します。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  5. 筋や穴を見つけた側面は、少量の水をつけてなめらかにします。水をつけすぎないよう注意しましょう。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  6. 花を挿す位置に箸や鉛筆で穴をあけます。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  7. 成形後、一晩そのままにして乾かし、固めます。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  8. 次に葉っぱのフラワーベースを作ります。オーガニックでナチュラルな葉っぱのイメージです。石ころのフラワーベースと同様にめん棒で伸ばし、丸めたら、手で楕円形にして、表面をなめらかにします。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  9. 親指の腹を使って側面を押して少し曲げ、葉っぱのような形にします。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  10. 花を挿す位置に箸や鉛筆で穴をあけます。こちらは高さがないので、穴は底まで貫通させます。成形後、一晩そのままにして乾かし、固めます。これでフラワーベースの完成です。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

クレイの表面に絵や文字を書くタイミング

クレイの表面に文字を書いたり、ペイントしたりする場合は、一晩そのままにして乾かしてから行いましょう。クレイの表面が乾き、固くなったらペイントできます。クレイがまだ湿っていたり、柔らかかったりすると、カリグラフィーのペン先がクレイに突き刺さってしまうので注意しましょう。

カリグラフィー&ドローイングで使う材料と道具

クレイのフラワーベース

Veronica Halim

材料

  • カリグラフィー見本 こちらから印刷してください 
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  • ブラックインク (万年筆用のインク、書道や習字で使う墨汁でもOK)
  • ホワイトペースト(ブリードプルーフ) (ガッシュ/不透明水彩の白色でもOK)
  • メタリックカラーパレット(ゴールド) (アクリル絵の具のゴールドでもOK)
  • アクリル絵の具

道具

  • カリグラフィーペン
  • 絵の具用のパレット
  • 小さな容器(ホワイトペーストを混ぜるため)
  • 水入れ
  • 水(筆をゆすぐため)
  • スポイト(ブラックインクを容器に移す際にあると便利です。)

カリグラフィー&ドローイングの方法

作り方

  1. ホワイトペーストを筆にとり、小さな容器に入れます。ブラックインクをスポイトで少量ずつ容器に入れていきます。

    クレイの表面に文字を書くときは、インクがにじまないようミルクくらいの粘度にする必要があります。ブラックインクとホワイトペーストを混ぜながら、インクの粘度を調整します。色はグレーになります。

    ブラックインクにホワイトペーストを混ぜる方法のほか、ガッシュ(不透明水彩)を使うこともできます。ガッシュを使う場合は少量の水を加えます。

    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  2. 筆を使ってインクを混ぜます。混ぜながらちょうどよい粘度になるまで、ホワイトペーストやブラックインクを少しずつ足しながら調整していきます。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  3. カリグラフィーのペン先に工程2のインクをつけて、石ころのフラワーベースの側面に“Spring”を書きます。“Spring”が乾いたら、反対側の側面に“Mimosa”を書きます。

    クレイの表面に書くコツは、ペン先の角度をやや低くして、ペン先をそっとクレイに触れるようにすること。こうするとペン先がクレイに刺さらず、スムーズに書くことができます。
    クレイの表面に書く前に、底面に試し書きして、にじまないかをテストしておくといいでしょう。下書き用にクレイを1つ固めておくのもおすすめです。

    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  4. 葉っぱのフラワーベースの表面に“Be Happy”を書きます。
  5. 文字が乾いたら、筆にアクリル絵の具をつけて文字のそばに葉っぱを描きます。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  6. メタリックカラーパレットのゴールドは、水を加えてパレットの上で混ぜます。表面が液体になったら筆にとり、直接クレイに描いていきます。パレットが乾いてしまったら、再び水を加えます。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  7. アクリル絵の具で描いたところに、メタリックカラーパレットのゴールドで重ね塗りをします。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  8. 筆にアクリル絵の具をとり、表面全体に模様をつけます。ところどころホワイトペーストで描き加えてテクスチャーを出したり、全体のバランスを見てゴールドのハイライトを入れたりします。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

  9. ペイントが乾くまで20〜30分待ちます。すっかり乾いたらリビングのお気に入りコーナーやテーブルに飾りましょう。
    クレイのフラワーベース

    Veronica Halim

一輪差しから暮らしに季節を取り入れる

クレイで作ったフラワーベースに花一輪を飾ってみる。そんな小さな一歩から季節を感じる日常が始まります。

早春の花といえば、ミモザ。ほわほわの黄色い花はこの季節の人気者ですが、おうちに活けても1日か2日で少しずつしぼんできてしまいます。

クレイのフラワーベース

Craftie

ほわほわのお花はしぼんでも、まんまるい黄色は健在。そんなミモザは一輪差しにぴったり。クレイのフラワーベースにひと枝挿して、少しずつドライになっていく姿を楽しみましょう。お水は入れずにそのままポンと挿すだけ。いつもの食卓に飾ったら、いち早く春の気配に。新しい何かが始まりそうな、明るい気持ちになります。

クレイのフラワーベース

Craftie

クレイのフラワーベース

Craftie

 

このレシピのデザイナー

ヴェロニカ・ハリム
ヴェロニカ・ハリム

インドネシア・ジャカルタ在住のデザイナー&カリグラファー。流れるような美しい書体とセンスあふれるアイデアとスタイリングは「ヴェロニカ・スタイル」と呼ばれ、多くのファンを魅了。シャネルやカルティエ、BMW、グッチ、ペンハリガン、TWGなどトップブランドとのコラボレーションも多数。
著書に『カリグラフィー・スタイリング』『カリグラフィー・ライフスタイル』(ともに主婦の友社)がある。Instagram:@truffypi  
※書籍名をクリックすると楽天市場のページが開きます。

ヴェロニカさん著書

ヴェロニカさん書籍

本を見る
※楽天市場のページが開きます

ヴェロニカさん書籍

本を見る
※楽天市場のページが開きます

 

春いちばんのミモザ体験をお届け!

Craftie

Craftieでは、ミモザの季節に楽しみたい情報をお届け中です!ミモザでつくるハンドメイドキットやこの時期ならではのワークショップ、おうちで楽しめるミモザのハンドメイドなどなど、もりだくさん。ぜひご覧ください!

ミモザ特集を見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。