フェルトで作るハロウィンのかぼちゃガーランドの作り方

rino

秋のイベントといえばハロウィン。お部屋にも、ユーモラスで楽しいハロウィンの飾りつけをしてみませんか?カボチャのランタンを手作りするのはちょっとハードルが高いけれど、フェルトをチョキチョキして作るカボチャなら、手軽に作れて飾った後の収納にも困りません。今回は、ハロウィンの雰囲気たっぷり、フェルトで作るガーランドの作り方をご紹介します。

お部屋をハロウィンの雰囲気に変えられる「ガーランド」

そもそもガーランドとは、ツル性の植物や花などをロープ状に編んだ飾りのこと。最近は、紐に造花や旗などのモチーフをつけた形状の飾りもガーランドと呼ばれています。

三角旗のガーランドなどは、雑貨店でもよく見かけるのではないでしょうか。布や紙、造花など身近な材料で作ることができ、お部屋の雰囲気をがらりと変えてくれるガーランドは、ハロウィンイベントの演出にもピッタリ。キッズの仮装コスチュームと併せて、ぜひ手作りしたいグッズのひとつです。

ハロウィンモチーフのガーランドの作り方

ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

rino

それではさっそく、ガーランドを作ってみましょう。

材料

ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

  • ハロウィンカラーのフェルト(黒、オレンジ、黄色、白、紫、グレー、カーキなど)
  • 厚手フェルト(3mm厚、黒) 適量
  • 麻ひも 適量
  • フェルトボール(あれば)

道具

  • 紙と鉛筆
  • ハサミ
  • ボンド
  • テープ(メンディングテープやマスキングテープがおすすめ)
  • 反りハサミ(手芸用の先が細く反り返ったハサミです。細かい作業がやりやすくなります)

作り方

  1. まず紙に下絵を描いて、型紙を作ります。定番のかぼちゃ・オバケ・黒猫・コウモリ・お城・空飛ぶ魔女や「HELLOWEEN」「TRICK OR TREAT」の文字など、お好きなモチーフを描いたら、輪郭に沿ってハサミで切り抜きましょう。お子さんと一緒にお絵かきしながら考えるのも楽しいですよ。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino

  2. 型紙をテープでカラーフェルトに固定し、型紙に合わせてテープごとフェルトを切り抜きます。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino


    目鼻や口、文字など中をくり抜く図案の場合は、先が細く反っている「反りハサミ」を使うと切りやすいです。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino


    まず、くり抜く部分の真ん中に少し切り込みを入れ、そこへ反りハサミの刃を差し込んでカットしていきます。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino

  3. 厚手フェルトで裏打ちし、パーツを完成させるます。2のモチーフと、厚手フェルトを重ね、ボンドで貼り合わせます。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino


    カラーフェルトの輪郭に合わせて、厚手フェルトをカットします。厚手フェルトを使って裏打ちすることで、しっかりしてヨレたりしにくくなります。これでパーツが完成です!
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino


    切り抜いた部分から下の黒いフェルトが見えるのも、奥行きが出て面白いですね。
  4. 他のデザインも1〜3と同じように作ります。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino

  5. 次は、飾るための糸や紐を通し、ガーランドを仕上げていきましょう。針に糸をかけ、パーツの上側を通して針を外しましょう。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino


    この糸を使って、パーツをガーランドの紐(麻ひも)にくくりつけます。すべてのパーツに糸を通したら、紐に下がった状態をイメージしながら並べてみて、レイアウトを決めましょう。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino


    パーツとパーツの間に、ハロウィンカラーのポンポンなどをつけてアレンジするのも、かわいらしくておすすめです。最後に、糸の長さのバランスを見ながら、各パーツを麻ひもにくくりつけて完成です。
    ハロウィンのフェルトガーランドの作り方

    rino

切りっぱなしでOK!扱いやすいフェルトの魅力

フェルトはハサミで簡単に切ることができ、ほつれ止めもいりません。小さな切れ端も思わぬ彩りになることもありますよ!ハロウィンの絵本やアニメなど、お好きなものを参考にしながら、我が家だけのモチーフを作ってみてください。

コンパクトに収納できるガーランド

ハロウィンなどの季節イベントのアイテムは、できれば来年のために保存しておきたいすよね。今回ご紹介したガーランドは、フェルトで作っているため、重ねてコンパクトに収納することができます。

フェルトで我が家だけのハロウィンガーランドを

ハロウィンイベントを盛り上げてくれるガーランド。ゆらゆらと揺れる姿は、まるで宙をふわふわ舞うかわいいオバケたち!照明を工夫して、壁にモチーフの影を映し出したり、紐にハロウィンカラーのモールを絡めたりすると、よりハロウィンらしく、楽しい雰囲気になりますよ。

ハロウィンテーマのワークショップでハンドメイドを楽しみましょう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

ハロウィンのワークショップを探す

このレシピのデザイナー

rino
モノづくりの仕事をしてきた経験を生かし、”作れそうなモノは作ってみよう”の気持ちで手軽に出来るハンドメイドを楽しんでいます。ほっこり石粉粘土ブローチ作家norinoとして活動中。Instagram: @rinonori3

ライター

丸田カヨコ
丸田カヨコ
アンテナショップと銭湯と和の意匠や素材にめっぽう弱い編集ライター。モダンな民芸雑貨に目がない。