お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

押し花の作り方と活用アイデア

rino

自然の美しさを色鮮やかに閉じ込める押し花。素朴な色合いや、標本のような佇まいは、押し花だけが醸し出せる魅力です。今回は昔ながらの押し花の作り方と、しおりにしたり額縁に入れて飾ったりといった、活用方法をご紹介します。

時間をかけて自然を閉じ込める、押し花の魅力

押し花は、花や草を平面にならして乾燥させたもの。しおりにしたり額縁にしたり、メッセージカードに添えたりして楽しみます。

昔ながらの押し花は、家にあるもので簡単に作ることができ、また、1輪だけの小さい作品からはじめられるのが魅力。たくさん作って配置して、絵画のように見せることもできます。

rino

季節の花だけでなく、プレゼントでもらった花や、お祝いやブーケなどの記念の花など、ずっと持っていたい花を、ずっと保存しておけます。

押し花を作ってみましょう

押し花には厚みがあまりなく、花びら同士が重なりすぎていないもの、水分量が少ないものが向いています。今回は「ミヤコワスレ」「カタバミ」を使いました。

材料

  • 生花
  • 新聞紙
  • ティッシュペーパー
  • セルフラミネートフィルム(押し花をしおりにする場合)
  • お好みで、額縁や写真立てなど

道具

  • ハサミ
  • 重り用の本

所要時間

3日〜2週間ほど(花の種類によってかわります)

rino

押し花の作り方

  1. お花屋さんで買った花や、お庭の花などを、新鮮な状態で摘みます。

    rino

  2. 仕上りイメージを持ちながら要らない部分をカットします。茎や葉を残しても良いですし、花の根元で切ってもOKです。

    rino

  3. 新聞紙を敷いてその上にティッシュペーパーを重ね、花を並べます。

    rino

  4. 花びらや葉の形を整えて、さらにその上にティッシュペーパー・新聞紙の順に重ねます。

    rino

  5. 花の種類によって厚みが違うので、2〜4の工程は花の種類ごとに行ってください。

    rino

  6. 重りになる本を重ねてプレスします。花がずれないように気をつけてください。花びらの薄いものは3日〜1週間ほど、厚みのある花は1〜2週間ほどそのままにします。

    rino

  7. ときどき重しを外して、水分が抜けているか確認します。画像は1週間ほどプレスしたところです。

    rino

  8. 水分が抜けていることを確認できたら、押し花を丁寧に剥がします。特に薄い花びらは破れやすいので注意が必要です。これで押し花は完成です。

    rino

押し花の「しおり」の作り方

可憐な押し花でしおりを作ってみましょう。

作り方

  1. セルフラミネートフィルムを使って、押し花を閉じ込めます。定規などを使うと空気が入りにくくなります。

    rino

  2. 好みの形にカットして完成です。

    rino

ラミネートした押し花のしおりを、本にはさんでみました。本を開くのが楽しみになりますよ!

rino

額縁に入れて、押し花をインテリアに

額縁や写真立てに押し花を入れると、ナチュラルな雰囲気のインテリアに。季節ごとに中のお花を入れ替えても素敵ですね。

rino

花を摘んだ時の想いや日付を書いても。

rino

日々の暮らしに、小さな花をちりばめて

紙の上に花を並べて整えていく作業は、心癒やされるひとときです。昔ながらの押し花は、なんだかノスタルジーを誘う可愛らしさがあります。できあがった押し花をどう使うかはあなた次第。押し花が目に入るたびに、やさしい気持ちになれそうです。

このレシピのデザイナー

rino
モノづくりの仕事をしてきた経験を生かし、”作れそうなモノは作ってみよう”の気持ちで手軽に出来るハンドメイドを楽しんでいます。ほっこり石粉粘土ブローチ作家norinoとして活動中。Instagram: @rinonori3

ライター

ときよし
ときよし
銭湯と猫を愛する編集&ライター。ハンドメイドはとつぜん始めてとつぜん休む、浅く広く、今日ものんびりやっています。