お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

シンプルな平面マスクの作り方 フィルターポケットも付けられます

Craftie

マスクにも色々な形がありますが、お裁縫が初めての方や、簡単にさっと作りたい方におすすめしたいのが、シンプルな平面マスクです。

今回はガーゼ布を使って作り方をご説明しますが、ガーゼがない場合はコットンなど肌触りの良い布を代わりに使っていただいてもOKです。

それでは、作ってみましょう!

手作りマスクの材料

★大人女性用サイズの場合

  • ダブルガーゼ(48cm × 19cm)1枚
     ※ポケットを付けたい方は、さらに26cm × 15cmのガーゼを1枚
  • ゴム紐(35cm程度)2本

★大人男性用サイズの場合

  • ダブルガーゼ(52cm × 20cm)1枚
     ※ポケットを付けたい方は、さらに29cm × 16cmのガーゼを1枚
  • ゴム紐(35cm程度)2本

★子ども用サイズの場合

  • ダブルガーゼ(35cm × 15cm)1枚
     ※ポケットを付けたい方は、さらに19cm × 13.5cmのガーゼを1枚
  • ゴム紐(25cm程度)2本

用意する道具

  • はさみ
  • 定規
  • チャコペンまたはフリクションペン
  • ミシン
  • 紐通しまたはヘアピン
  • クリップまたはまち針

マスクの作り方

作り方

  1. まず、ガーゼ生地を横半分に折り、折り目をつけます。

    Craftie

  2. 一度開いて、ついた折り目に向かって上下をたたみます。

    Craftie

  3. 布の長さが3等分になるところを定規ではかり、三つ折りになるよう右側、左側を折りたたみます。

    Craftie

    Craftie

  4. 布の切れ端は、少し内側に折り込んで隠します。

    Craftie


    横から見るとこのようになります。

    Craftie

  5. ここからは、ポケットなしのマスクのレシピが続きます。ポケット付きを作る場合は、ここでポケット付きの工程に進んでください。
  6. ミシンがけをします。ずれないようにクリップまたはまち針で布をとめて、左右両側の端から約1cmの部分(赤い線の部分)を、直線縫いします。

    Craftie


    縫い始めと縫い終わりは忘れずに返し縫いをしましょう。

    Craftie

  7. 両側が縫えたら紐通しまたはヘアピンでゴム紐を通し、長さを合わせて結びます。

    Craftie

  8. ゴム紐を引っ張って結び目を隠したら、完成です。

    Craftie

ポケット付きのマスクにする場合

作り方(※ポケットなしレシピ工程4まで同じです)

  1. 上のポケットなしマスクの作り方の工程4までを行います。
  2. ポケットになる部分を作ります。まず、ポケット用のガーゼ布を中心揃えでマスクの上からかぶせます。

    Craftie

  3. マスクの高さに合わせて上下を折りたたみます。

    Craftie

  4. 両端の布は、マスク本体よりも左右1cmずつ短くなるよう中にたたみます。たたんだら、ポケットの布部分のみ裏返します。

    Craftie

  5. クリップやまち針で布を固定し、ミシンで以下の青線→赤線の順に4箇所縫います。※赤線の部分はポケット布部分のみを縫います。青線の外側はゴム紐が通りますので、縫ってしまわないよう気をつけてください。青線を縫う際には、ポケット布を縫わないようにしましょう。

    Craftie


    不安な場合はフリクションペンや、消えるタイプのチャコペンで予め縫う線のガイドを書いておくと安心です。

    Craftie

  6. 縫えました。ポケットがトンネル状になっているか確認してください。

    Craftie

  7. 紐通しやヘアピンでゴム紐を通し、付ける人のサイズに合わせて結びましょう。

    Craftie

  8. ゴム紐を引っ張って結び目を隠したら完成です!

    Craftie


    ポケットは両サイドが開いているのでフィルターを入れやすくなっています。

    Craftie

マスクの作り方アイデアいろいろ

他にも、簡単に色々な形のマスクが作れるレシピをご紹介しています。

≫型紙つき・直線縫いで簡単!立体マスクの作り方
≫まっすぐ縫いで簡単!プリーツマスクの作り方
≫子ども用マスクのレシピ

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。