お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

編んで結ぶ楽しさを。マクラメの基本「平結び」と人気アイテムの作り方

Craftie Home

マクラメ編みとは?

マクラメとは、アラビア語で「交差して結ぶ」という意味。日本では70年代にブームになりましたが、今再び人気を集めています。マクラメは編み棒などを使わず、手で編んだり結んだりして作るのが特徴です。最近ではミサンガなどのアクセサリーやインテリア、バッグなど幅広く使われています。

マクラメ編みの種類について

そんなマクラメには、色々な編み方・結び方があり、単品で取り入れたり、いくつかを組み合わせて作品を作ることもできます。初心者の方は簡単な編み方から挑戦したり、手芸経験者は少し難しい編み方に挑戦するなど、その人のペースに合わせて楽しめるのが、マクラメの魅力とも言えるでしょう。

マクラメの紐の選び方

マクラメの紐には色々な種類があり、素材や太さによって編んだときの雰囲気がガラリと変わるのが特徴です。アクセサリーを作るなら細い紐を、インテリアとして楽しむならしっかりとした紐を選ぶのが良いでしょう。また、紐を結ぶ力加減で仕上がりの表情が変わるのも面白さのポイントです。

初心者の方は、材料が全て揃っているキットを選ぶのがおすすめ。「Craftie Home」のキットなら、制作に適した紐が用意されており、動画で確認しながら作ることができるので安心ですよ。
※Craftie Homeのマクラメキットはメルヘンアートスタジオの監修に基づき製作しています。

生成りとグレーのマクラメコースターのキットを見る

マクラメの基本「平結び」をマスターしよう

マクラメ編みに初心者の方が挑戦するのなら、まずは平結びをマスターするのがおすすめです。色々なアイテム作りに活用できるので、覚えておくとレパートリーが広がります。

基本の平結び(平編み)のやり方

まずは、マクラメの基本とも言える平結びのやり方をご紹介します。分かりやすいよう紐の色を3つに分けて制作していますが、お好みの色を使っていただいてOKです。

材料

  • 紐4本

道具

  • ボード
  • ピン
  • はさみ

やり方

  1. 4本1組に紐を分け、先端をひと結びし、ボードにピンでとめます。ここでは分かりやすいよう、左の結び紐1本(グレー)、芯紐2本(ベージュ)、右の結び紐1本(ピンク)に分けています。
  2. 数字の4を書くように、左紐を芯紐の上にのせます。右紐は、左紐の上にのせましょう。
  3. 右紐を芯紐の下にくぐらせ、左紐に通して引き出します。
  4. 左右の紐を真横に引きます。ここまでで平結びの半分ができました。
  5. 次に、右紐を芯紐の上にのせます。数字の4を反転させた形になるようなイメージです。左紐は、右紐の上にのせましょう。
  6. 左紐を芯紐の下にくぐらせ、右紐に通して引き出します。
  7. 左右の紐を真横に引いて、結び目を引き締めます。
  8. これで平結びが1回できました。基本の平結びは、結び目のこぶが必ず左側にできます。
  9. 平結びを同じように続けて結ぶと、このような形になります。これが基本の平結びのやり方になるので、覚えておきましょう。

存在感たっぷり。マクラメコースターの作り方

基本の平結びを使い、コースターを作ってみましょう。今回は、Craftieのハンドメイドキットサービス「Craftie Home」 で販売しているキットを用いて作っています。キットなら必要な材料や道具が簡単に揃いますので、手軽に挑戦できますよ。
※Craftie Homeのマクラメキットはメルヘンアートスタジオの監修に基づき製作しています。

また、紐はキットに合わせてモップコードという甘撚りの紐を使用します。シャリ感のあるリネンをブレンドした紐で、端をほどくと、ふさふさしたフリンジを簡単に作れるのが特徴です。

■制作時間:約60分(※個人差がありますので、目安としてください。)

■完成サイズ:約8×12cm(※フリンジを含む)

材料

  • 紐(モップコードがおすすめです)約10m

道具

  • ボード
  • ピン
  • はさみ
  • メジャー、または定規
  • 仕上げ用のクシ、またはブラシ

材料を揃えるのが大変、という方はキットを使って作るのもおすすめです。

生成りとグレーのマクラメコースターのキットを見る

作り方

  1. 55cmにカットした紐を20本作ります。そこから4本1組にし、合計5組作りましょう。
  2. 4本1組の束の先端を、ひと結びします。

    5組全て同じように作りましょう。
  3. 2で作った束をそれぞれ、ボードにピンで打ち込みます。

    結び目に斜め45度の角度でピンをとめ、ボードに固定していきましょう。
  4. ここから、平結びを1回半していきます。左端の束を残し、他の束をよけておきましょう。
  5. 基本の平結びの手順んで、数字の4を書くように、左の紐を真ん中2本の紐の上にのせます。
  6. 下から紐をくぐらせ、左右真横に引っ張ります。続いて、反対側も基本の平結びの手順で続けます。
  7. 最後に、もう一度同じ結び方をします。これで1回半の平結びが終わりました。
  8. 続いて、2番目の束をとり、5束同じように平結びを1回半ずつしていきます。
  9. これで、1段目ができあがりました。
  10. いったんピンをはずし、束を上にずらします。
  11. 1段目の結び目に、ピンを打ち直します。
  12. 続いて2段目を結びます。左端の2本を残し、次の4本で1組を作ります。残りはよけておきましょう。
  13. 同じ手順で、平結びを1回します。
  14. 平結び1回ができたら、次の4本1組で平結びを1回しましょう。
  15. 続けて2段目を4組結びます。右紐の2本が残ればOKです。このとき、高さが合っていない結び目を整えておきましょう。
  16. 3段目は、左端の2本を加えて4本1組で作ります。いちばん左端の紐と、その隣の紐を入れ替えます。
  17. 平結びを1回します。
  18. 3段目の平結びが1組できました。続けて次の4本1組で平結びを1回作ります。最後の1組は、右端の2本のひもを入れ替えてから平結びをします。
  19. 4段目~10段目は2段目と3段目の結び方を繰り返します。(偶数段が2段目と同じ結び方、奇数段が3段目と同じ結び方です。)
  20. 11段目の平結びは、3段目と同様、両端のひもを入れ替えてから、1回半ずつ結びます。
  21. これで、11段目まで結び終わりました。
  22. ピンをはずし、最初に作った結び目をほどきます。

    このようになればOKです。
  23. 両端の紐を、お好みの長さにカットします。全体のバランスを見ながら少しずつ行いましょう。
  24. クシでほぐしていきます。裏表面、どちらからも丁寧に行うときれいに仕上がります。
  25. 全体の長さをそろえて、クシで整えたら完成です。

    Craftie Homeの専用キットなら、生成り、グレー、そして生成りとグレーのコンビネーション合計3種類のコースターを作ることができます。動画を見ながら作れるので、初心者の方にも分かりやすくなっていますよ。

    生成りとグレーのマクラメコースターのキットを見る

マクラメハンキングの作り方

平結びやコースターを作れるようになったら、ハンキングの制作にも挑戦してみませんか?シンプルなデザインなので、どんなお部屋にも合う素敵なインテリアアイテムとして活躍してくれますよ。リビングやダイニングを、マクラメのハンキングでおしゃれに演出してみましょう。Craftie Homeオリジナルのキットもあるので、初心者の方はキットを活用するのもおすすめです。

マクラメハンギングの作り方を見る

生成りのマクラメタペストリーもおすすめ

マクラメの基本的な編み方や、ハンギング、コースターなどを楽しんだ後は、タペストリーを作ってみるのもおすすめです。平結びと巻結びのシンプルなデザインで、どんなお部屋もおしゃれに演出してくれます。CraftieHomeのキットなら作り方を動画で丁寧に解説するので、安心して挑戦できますよ。

生成りのマクラメタペストリーを見る

マクラメで色々なアイテム作りに挑戦しよう

マクラメは、ご紹介したようなコースターやハンギングだけでなく、天然石をあしらうアクセサリー、タペストリーなど、多くのアイテム作りに活用できます。編み道具がいらないので、最低限の準備で気軽に作れるのも魅力のひとつですね。基本の編み方ができるようになったら、さらに自分だけのマクラメアイテム作りに挑戦してみてください。

毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」受付中♪

Craftieでは、毎月届くハンドメイドのサブスク定期便「Craftie Home Box」を受付中です。12月は、紅白水引のしめ飾りキットをお届けします。松や稲穂、南天など縁起のよい花材に加え、トレンド感のあるプリザーブドフラワーもプラス。華やかなお正月アイテムで、清々しい新年の幕開けを迎えてくださいね。

お申込みは【2021年12月20日(土)】まで、お見逃しなく! ※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。