お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

初心者でも楽しめるハンドレタリング。基本のやり方ときれいに書くコツ

Craftie Home

おしゃれな文字を書くのが楽しい、ハンドレタリング。技能検定や講座もあり注目されていますが、最近では自由なデザインで楽しむ人が増えています。趣味として取り入れるのはもちろん、メッセージカードや手紙、インテリアとして楽しむのもおすすめですよ。
この記事では、初心者でも楽しめるハンドレタリングのやり方や、準備しておきたい道具、デザインの見本などを紹介します。

ハンドレタリングとは?

ハンドレタリングとは、ペンを使いデザイン文字を書く技法のこと。文字を美しく見せる手法であるカリグラフィーの一種で、気軽におしゃれな文字を書けると近年人気を集めています。カリグラフィーでは専用のペンを使うの対して、ハンドレタリングはおうちにあるペンで書くことができるため、その気軽さも大きなポイントと言えるでしょう。

アルファベットや数字だけでなく、ひらがなもハンドレタリングで自由にデザイン可能で、一度マスターすればいろいろなシーンでおしゃれな文字を楽しむことができますよ。

ハンドレタリングの道具と選び方

ハンドレタリングを始める際には、道具の準備から始めましょう。ご自身で準備するのも良いですが、Craftie Homeのキットなら全てセットになっているので、初心者の方や道具の準備をスムーズに行いたい方におすすめです。
Craftie Homeのレタリングキットは、カリグラフィーアーティスト島野真希さん監修。
島野さんの美しいレタリング見本や動画レシピもついているので、初心者でも簡単に素敵な文字が書けます。

ハンドレタリングのキットを見る

ペン

ハンドレタリングを始める際には、専用のペンを準備しましょう。まずお試しで挑戦したい場合には、ボールペンや筆ペンなどでも代用できます。ご自身の手にフィットして、動かしやすい軽めのものがおすすめです。

ハンドレタリングには、表面がなめらかな紙が書きやすいですよ。インクと紙の相性によっては、にじんでしまう紙もあるので、試し書きをするのがおすすめです。

デザインやフォントの見本

ハンドレタリングを始める際、必須ではありませんがあると便利なのがデザインの見本です。特に初心者の方は、まず真似をすることから、自由な発想が思い浮かびやすいもの。色々なデザイン見本を真似して書いていくうちに、オリジナルのデザインが徐々に書けるようになるはずです。他にも、フォントはSNSや雑誌の広告、色々なお店や商品のロゴなど、身近なものを見本にすることができます。

まずは基本の練習から。ストロークのやり方

それではさっそく、ハンドレタリングの基本の動きであるストロークの練習をしてみましょう。

道具

  • ペン
  • デザイン見本

道具を揃えるのが大変、という方は、Craftie Homeのキットを使うのもおすすめです。基本的な道具が全て揃っているので、すぐにハンドレタリングを始めることができます。

ハンドレタリングのキットを見る

準備

  1. 紙は、右利きの場合は少し反時計回りに、左利きの場合は少し時計回りにします。ご自身が心地良く書ける位置に紙を置きましょう。
  2. ペンは普段通りの持ち方をします。力を入れすぎないよう注意し、手指でペンを優しく支えるイメージで行ってください。ペンの角度は45度くらいにしましょう。

ダウンストロークのやり方

ダウンストロークとは、ペンを上から下に動かしながら文字を書く方法です。太い線で筆圧をかけながら書くイメージで行ってください。

手順

  1. 上から下に書くダウンストロークは、太い線で書きます。筆圧をかけて、ペンの腹まで使って真っ直ぐ下におろします。
  2. 最後まで同じ筆圧で、一定の太さになるように練習しましょう。

アップストロークのやり方

アップストロークとは、ペンを下から上に動かしながら文字を書く方法です。ダウンストロークと比べ、細い線で、筆圧を弱めながら書くイメージで行いましょう。

手順

  1. 下から上に書くアップストロークでは、細い線を書きます。筆圧をかけずに、筆先だけ使って下から上へと動かしましょう。
  2. 最後まで同じ筆圧で、一定の細さになるように練習してみてください。

フレーズを書いてみよう

アップストローク、ダウンストロークの動きを練習した後は、フレーズを書いてみましょう。今回は「Smile Everyday」「Happy Days」の書き方をご紹介します。ベースラインを引くための、鉛筆と定規を準備してください。
今回のレシピでは印刷して使って頂ける見本と練習も用意しました。
見本をダウンロードする>>

「Smile Everyday」の書き方

手順

  1. フレーズを書く位置を決めたら、定規を使って鉛筆で薄くベースラインを引きます。今回は斜めに文字を入れるので、ベースラインを斜めに引きました。
  2. 紙を少し斜めに傾けて書き始めます。「S」の大きなループも、ベースラインに合わせ傾けて書きましょう。
  3. 「l」と「e」を繋ぐときは、字間が広がりやすいので気を付けましょう。
  4. 「v」と「e」を繋ぐときは、文字1つ分くらい「v」の最後のストロークを伸ばすとバランスよく仕上がります。  
  5. 「y」や「d」のループは大きめに書くと綺麗に仕上がります。丸くなりすぎないよう注意しながら書きましょう。  
  6. 完成です。アップストロークとダウンストロークを意識することで、バランスの良いデザイン文字を書くことができます。

「Happy Days」の書き方

手順

  1. 紙を書きやすい位置で、斜めに置きましょう。先程と同様、ベースラインを薄く鉛筆で引きます。
  2.  「H」の横線は、最後にのびのびと伸ばしてこなれ感を出します。
  3. 「pp」のように同じ文字が続くときは、同じ大きさで同じように書きましょう。
  4. 「D」はループを大きくのびのびと書いて、バランスを計ります。
  5. 完成です。太い線と細い線が重なり合い、美しいですね。

ハンドレタリングキットでもっと練習しよう

Craftie Homeのハンドレタリングキットなら、カリグラフィーアーティスト島野真希さんの見本を使った基本のアルファベットの練習シートや、今回のレシピで紹介した言葉以外にも暮らしを彩る素敵なフレーズが書けるようになります。
おしゃれなポストカードやシールもついているのでインテリアを飾るにもぴったり。動画レシピが付いているので初心者でも素敵な文字が書けるようになります。
さらに今ならCraftie Homeで大人気のボタニカルキャンドルキットと、キャンドルをグレードアップするキャンドルラベル付き。

8月20日までの期間限定販売なので、この機会をお見逃しなく!

ハンドレタリングキットを見る

ハンドレタリングを上手に描くコツ

なぞり書きから始めてみる

初心者の方は、文字をどう書けば良いのか悩みがちなので、まずはなぞり書きから始めてみるのがおすすめです。いくつかのデザインをなぞり書きしてみると、徐々に慣れてきて下絵がなくても自由に書けるようになります。Craftie Homeのキットにもなぞり書きの道具が含まれているので、少しずつ感覚を掴んでみてください。

ハンドレタリングのキットを見る

色の組み合わせを楽しむ

ハンドレタリングでは、黒インクだけでなく、いろいろな色を使い、組み合わせを楽しめることも魅力です。紙の色との組み合わせも含めて全体をデザインすれば、ハンドレタリングの楽しみ方の幅が広がりますよ。

普段から文字のデザインに注目する

実は私たちの生活の中には、たくさんの文字フォントやデザインがあります。いつも目にしている物や使っている道具にも、ハンドレタリングのヒントがあるかもしれません。気になるフォントやデザインを見つけた際には写真を撮っておくなどし、日頃からデザインのヒントを探してみると楽しいですよ。

ハンドレタリングで自由なデザインを楽しもう

ハンドレタリングは、意外と身近な存在で、生活のあらゆる場所で活用されています。いつも目にしている本や物にも、ハンドレタリングのデザイン文字が隠れているかもしれません。
初めての方は身近にあるデザイン文字を参考にしたり、Craftie Homeのキットを活用すると、素敵な文字を書くことができますよ。プレゼントに添えるカードや手紙、インテリアなど、幅広いシーンでオリジナルのハンドレタリングを楽しんでみてください。

ハンドレタリングのキットを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。