お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

粘土で作る紫陽花のレシピ

nendopark

雨の日が続くこの季節に楽しめるお花といえば「紫陽花」ですね。ご自宅の中に飾れるかわいい紫陽花を、粘土で作れるレシピをご紹介します。

材料(紫陽花の鉢3つ分)

  • 紙粘土または樹脂粘土(白・黄色・ピンク・水色・緑・茶色) ※このレシピでは紙粘土と樹脂粘土が混ざったクレイマジックを使用しています。
  • 陶器製ミニ植木鉢 3個 ※テラコッタの豆植木鉢など

道具

  • 定規
  • ねんどスケール(A~Iのサイズが入っているもの)
  • ボンド
  • 爪楊枝
  • 付箋(ボンドを少量置いて使います)
  • ウエットティッシュ
  • 紙のカードや厚紙など

所要時間

約30分

できあがりサイズ

高さ7cm × 幅5cm

nendopark

作り方

  1. ねんどスケールを使って、ねんどを計り取ります。AとFとIのサイズを使って、この図の通りに粘土を用意します。

    nendopark

    nendopark

  2. 計り取った粘土を丸めます。

    nendopark

  3. 乾かないように、ウエットティッシュをかぶせておきます。

    nendopark

  4. 植木鉢に茶色の粘土を詰めます。

    nendopark

  5. 緑の粘土で葉っぱを作ります。先をとがらせて、定規を使って平たいしずく型にします。

    nendopark

    nendopark

  6. カードや厚紙を使って、葉脈をつけます。

    nendopark

    nendopark

  7. 紫陽花の花の部分のベースを作ります。Iの大きさの粘土を丸めます。 

    nendopark

  8. 上から軽く押して、少しだけ山型にします。

    nendopark

  9. 小花を作ります。Aの大きさの4つの粒を集めて、真ん中に黄色の粒をのせます。

    nendopark

  10. ボンドで、紫陽花のベースに貼りつけます。

    nendopark

  11. 土の上に葉っぱをボンドで貼り付けます。

    nendopark

  12. 葉っぱの上に紫陽花をボンドで貼り付けて、できあがり!

    nendopark

ぜひ、玄関に飾ったり、窓辺に並べて置いたりして、楽しんでくださいね。

nendopark

nendopark

このレシピデザイナーのワークショップ

ねんどパーク代表 さくまともこ
親子向け、子ども向けねんど教室をオンラインで開催中。簡単にねんど作品が作れるキットも販売。自宅で幼児教室を運営しつつ、子どもたちが楽しく簡単に作れるレシピを考案しています。元保育士、元幼稚園教諭。Craftie登録講師。
ワークショップ instagramwebsite 

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。