お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

1枚の紙で作るちょうちょのペーパークラフト

pa-pe-ra

一枚のシンプルな紙を、切ったり曲げたり折ったりすることで立体的なモチーフが作れるペーパークラフト『パペラ』。今回はその入門編として、ちょうちょの作り方をご紹介します。

pa-pe-ra

材料(出来上がりサイズ 横7.5cm × 高さ6cm)

  • 折り紙よりやや厚めの紙(色紙、包装紙など)縦7.5cm × 横7cm 1枚

道具

  • はさみ
  • 定規
  • (お好みで)筆記具、彩色具

所要時間

5~10分

pa-pe-ra

作り方

  1. 7cmの辺を二分割するように紙を半分に折ります。上部に1.5cmの空きをとり、このように折り目の手前1cmの地点まで直線を引きます。その下に、蝶の半身の輪郭線を描きます。触覚から描き始め、続けて羽根へ、一筆描きです。ここも最後は折り目の手前でペンを止めます。

    pa-pe-ra

  2. 蝶の形にそって触覚からハサミで切り込みます。最後は切り落とさず、ペンで線を引いたところまでで止めます。同様に上の直線も切り込みます。こちらも切り落とさないように注意しましょう。

    pa-pe-ra

  3. 紙を開きます。中心が谷折りになっているこの面が表になります。

    pa-pe-ra

  4. 蝶の形を奥に押し込みます。左右の辺をしごいて軽く曲げるようにカーブをつけておくと、この後の作業が楽になります。

    pa-pe-ra

  5. そのまま蝶をぐっと裏に押し出します。

    pa-pe-ra

  6. 蝶の下側の左右の角も、一緒に押し込むようにひっくりかえすと、蝶が飛び出します。この時、どこにも折り目は付けないようにしてください。

    pa-pe-ra

  7. 星の部分を引っぱり出し、しっかり立たせます。

    pa-pe-ra


    直線状にカットした部分がスタンドになるので、角度を調整しながら、自立するように全体の形を整えます。

    pa-pe-ra

  8. 立ちを安定させるために、スタンド部分を、蝶の触覚の向きと反対側に折ります。これで完成です!

    pa-pe-ra

いろいろな使い方アイデア

スタンド部分を壁に貼って、飾ることもできます。

pa-pe-ra

pa-pe-ra

またスタンド部分のスペースを大き目にとっておくと、メモとしても使えますね。

pa-pe-ra

もっと細長い紙を使って作れば、高さのあるスタンドも作れます。

pa-pe-ra

このレシピデザイナーのワークショップ

ペーパークラフト教室パペラ
ペーパークラフト&ブック・デザイナー。切る、曲げる、折るなど紙の特性を生かした1枚使いきりペーパークラフトPA-PE-Raで、ワークショップ、イベント参加、展覧会、展示会などで活動中。著書に『パペラ 1枚の紙から作って遊べる動物たち』2015年、大日本絵画。『パペラ 1枚の紙でつくる はらぺこあおむしとなかまたち』2017年、偕成社。
ワークショップ instagramwebsite / YouTube

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。