お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

造花で作る小花のブローチのレシピ

hanahi-workshop

造花やアーティフィシャルフラワーを使って作れる、爽やかなブルーのお花を集めたブローチの作り方です。

材料(直径約10cm)

  • メインにする造花(空色) 3輪
  • 小花の造花(青色) 2本
  • 小花の造花(白) 3本
  • 広葉樹の葉 3枚 
  • 花びら(白) 4枚程度 ※土台用と処理用に使います。

道具

  • コサージュピン
  • ハサミ
  • グルーガン
  • グルーガンスティック 2本程度

所要時間

約40分

hanahi-workshop

hanahi-workshop

作り方

  1. コサージュピンのお皿の真ん中にグルーガンを付けて、白い花びら(処理用)を1枚貼り付けます。

    hanahi-workshop


    こちらは裏からみた写真です。

    hanahi-workshop

  2. 空色のお花をまず1輪、グルーガンでつけます。土台から2cmほど高めにつけると、後からその隙間に花材が入れやすくなります。

    hanahi-workshop

  3. 空色の残りの2輪も最初に付けたお花の下に入るようにつけます。

    hanahi-workshop

  4. 青色の小花をお花の隙間に付けます。

    hanahi-workshop

  5. 白い小花をつけていきます。中心に向かって3方向から付けると良いです。

    hanahi-workshop

  6. 広葉樹の葉3枚をお花の下につけます。こちらも中心に向かうように3方向からつけるとよいでしょう。

    hanahi-workshop

  7. お花の隙間をチェックします。横から見ると、隙間が見えて汚い所が見えてしまっていることが多々あります。

    hanahi-workshop


    そのような時は、隙間に白の花びら(処理用)を付けていきます。

    hanahi-workshop

  8. 完成です!

    hanahi-workshop

花材を配置するときのポイント

花材の配置のポイントは3つです。

・大きい花材から付ける。
・小花、葉は中心に向けて3方向からお花を付ける。
・隙間からグルーガンや汚い所が見えてしまったら小花で隠す。

花材選びに迷ったら、自分の好きな色や同系色で花材を集めるとまとまりが良くできます。

使い方アイデア

お洋服のアクセントとして身につけるのはもちろん、バッグに付けたり、帽子のワンポイントとしても可愛いです。

hanahi-workshop

このレシピのデザイナーのワークショップ

お花で笑顔☆アクセサリー・リース講座
お花が好きでフラワーアレンジ、生け花を習い、現在誰でも簡単に素敵な作品が出来上がるアーティフィシャルフラワーを使用したお花の講座を開催中。
ワークショップ instagramwebsite

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。