毛糸と針金で作る『ウールレター』のかんたんな作り方 

i8mai8main

お友達が家に遊びに来る時やお子さまのお誕生日会など、ゲストを招く時に、楽しいコーディネートが簡単にできたら素敵ですよね。

今回は、お部屋におしゃれな文字が飾れる『ウールレター』の作り方をご紹介します。

ウールレターとは?

英語だと”wool letter”と表記します。ウールレターは文字通り、毛糸で作った文字のことです。筒状に編んだ毛糸の中に針金を通しているので、自由自在に形を作ることができます。海外で子供部屋のディスプレイなどとして人気となり、近年は日本でも目にする機会が増えています。

ウールレターを作るのにおすすめの毛糸

初めてウールレターを作る方には、扱いやすい並太の毛糸をおすすめします。慣れてきたら、毛糸の太さはお好みのもので大丈夫です。

レース糸や、かぎ針2/0~4/0号程度で編む細めの毛糸で編めば、作品は繊細で華奢なものが出来上がります。かぎ針5/0~8/0号で編む並太の毛糸ならポップでカジュアルなイメージに。

また、同じ太さであっても素材を変えればイメージが変わります。

リリアンで簡単に編もう

今回は、編み機(ニッチング)を使った「リリアン編み」でウールレターを作ります。並太の毛糸ならリリアン編み機でもサクサク編みやすく、時間もあまりかかりません。

ウールレターの作り方

それでは、ウールレターを作ってみましょう!

今回は、編みやすい素材でどの季節にも合うコットン糸を使用して”Welcome”の文字作成に挑戦します。

材料

  • コットン素材の毛糸(並太)

道具

  • リリアン編み機(ニッチング。手芸用品店などで購入できます)
  • リリアン編み機の付属針(ない場合はかぎ針3/0号)
  • 針金(2〜3mmの太さがあり、手で曲げられるもの)
  • とじ針
  • マスキングテープ
  • 紙とペン

①リリアン編みの編み方

  1. “Welcome”という文字の下書きを作ります。ここではA4の紙を横にして書いています。下書きを書く際は英語の筆記体を参考にすると書きやすいです。
  2. Welcomeの文字を書いたら、このようにして毛糸で文字をなぞり、必要だった糸の長さを計ってみてください。その長さの分リリアン編みをする必要があるということになります。今回は1mのリリアンが必要だとわかりました。
  3. 糸を編み機の口から筒の中に通して、マスキングテープ等で本体に留めておきます。
  4. こちらの図の通り、リリアン編み機の突起部分を使って星を描くように糸をかけていきます。糸の掛け方は以前こちらのページでも詳しくお伝えしていますが、改めて写真で説明します。

    それでは順番に糸をかけていきましょう。
  5. 糸を順番に掛け終わり①に戻ったら、1周ぐるりと突起の外側に糸を掛けます。この時、星形を描いた糸よりも上(高い位置)に糸を掛けます。
  6. 編み機の付属針(またはかぎ針)を使って、最初に星を描くようにかけた糸をかぎ針ですくい、上にある糸(1周ぐるりと掛けた糸)の上からかぶせるようにして、編み機の爪から内側に向かって外します。これを5つの爪すべてに行います。
  7. このようになります。
  8. また周りに糸をぐるりとかけて、爪にある糸を引っかけて、爪の内側に向かって外す、を繰り返していきます。すると蜘蛛の巣のような模様になります。
  9. ある程度リリアン編みが長くなってきたら最初に固定したマスキングテープを外して、時々下の糸を引っ張ってください。編み目がぎゅっと引き締まり、紐状になっていきます。
  10. 何周か編むごとに引っ張ると、このように編んだ紐がリリアン編み機の下から出てきます。
  11. 必要な長さ(1m)まで編めたら毛糸をカットし、その糸をとじ針の穴に通します。
  12. とじ針に毛糸を通したら、編み機の隣の突起部分に掛かっている毛糸に、下から針を通します。とじ針を通せたら掛かっている糸を突起から外します。
  13. 同じようにしてすべての突起から糸を外します。
  14. 針金をリリアン編みと同じ長さ分(ここでは1m)カットして、このリリアン編みの紐の空洞の中に通していきます。毛糸の間から針金が出ないように慎重に通しましょう。
  15. ワイヤーを通したら糸端をぎゅっと縛ります。これでウールレターの土台が完成です。

     

ウールレターの土台が出来上がったので、ここからは編み上げたリリアンを使って文字を作っていきましょう。

②文字の作り方

  1. Welcomeと書いておいた紙を机に固定します。
  2. 文字の上からなぞるように、ワイヤーを入れたリリアン編みで形作っていきます。もし曲げにくい場合はペンチを使っても良いですが、その際は編んだリリアンを傷つけないよう、ペンチに当て布をして使ってください。
  3. これでウールレターの完成です!

ウールレターの使い方はアイデア次第

ウールレターで他にもいろいろな文字や記号を作ることができます。

たとえば赤ちゃんのハーフバースデーなどの記念写真用として”Happy Birthday”の文字を作ったり、結婚式にウールレターで”Happy Wedding”と作って飾ったり、ハートや星などのマークを作るのも良いですね。

“Hello!”などの文字ならば、お部屋のインテリアとして日常使いすることもできますよ。

リリアン編みの応用レシピ

こちらのレシピでは、リリアン編みで作れるお花のブローチの作り方をご紹介しています。ぜひこちらもチャレンジしてみてくださいね!

リリアン編みで作れる、お花のブローチの編み方

編み物をワークショップで学ぼう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです!

編み物のワークショップを探す

このレシピデザイナーのワークショップを見る

i8mai8main
毎月違う植物で染めた毛糸でかぎ針編みを楽しむワークショップを開催。身近な植物の秘める色に驚くはずです!草木染の話と編み物の話をしながらゆったりとした時間を過ごしましょう。

ライター

i-mai-main コーダチヒロ
i-mai-main コーダチヒロ
カルチャーセンターやワークッショプで編み物を教えたり、i-mai-main(あいまいまいん)という名前で活動しているクリエーターです。Craftie登録講師。Instagram: @i8mai8main