お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

シックなユーカリとドライフラワーのスワッグの作り方

Craftie

今だけの特別価格でお届け!初夏にぴったりなボタニカルグリーンの手作りキット

Craftie Homeでは、初夏にぴったりなボタニカルグリーンのハンドメイドキットを今だけの特別価格でご用意しています。グリーンとの相性抜群なマクラメや、お花を入れて作るフレグランス、ボタニカルなおそろいセットなど。グリーンとの暮らしを楽しめるキットが満載です。とっておきの手作りアイテムで、初夏のインテリアを演出してみませんか?

グリーンのおすすめキットを見る

グリーンとしても人気のユーカリで、花飾りを手作りしよう

シルバーがかったグリーンがニュアンスのある、ユーカリの葉。主にユーカリが自生しているオーストラリアでは、一口にユーカリと言っても実は600もの種類があるそうです。日本でも、観葉植物や庭木、フラワーアレンジメントの花材として人気があります。メジャーな品種は、ユーカリグニー、もしくはユーカリポポラスと呼ばれる種類で、丸くころんとした歯が特徴。ボリューム感もありカラフルなお花を引き立てるのはもちろん、グリーン同士を合わせても程よいアクセントになります。

自然が持つ、エネルギッシュなパワーを暮らしにもたらしてくれるユーカリ。そのままベースに活けて飾っても素敵ですが、せっかくならひと手前かけて、簡単なスワッグやリースなどの作品にアレンジしてみませんか?初心者さんでも気軽にささっと作れて、おしゃれなインテリアになるユーカリのアレンジメント。ぜひ、ゆったりとした週末のひとときにお試しくださいね。

スワッグの材料

Craftie

すぐにできる、シンプルなユーカリのスワッグ

まずは、ユーカリだけでシンプルに仕上げたスワッグの作り方をご紹介します。ナチュラルなユーカリの表情を引き立てるには、麻ひもやリネンでできたリボンを使うのがおすすめです。

材料

  • ユーカリグニー、もしくはユーカリポポラス 2本
  • 麻ひもまたはリネン素材のリボン
  • 花切り鋏

作り方

  1. 麻ひも(またはリボン)は輪になるよう一回結んでおき、壁掛け用のフックとして使います。
  2. ユーカリの枝を切り分けます。25㎝~15㎝くらいまで、ランダムに色々長さの小枝を作ります。根元付近の葉は多すぎると束ねる時に邪魔になるので、適宜取り除いておいてください。
  3. まず一番長いユーカリの枝をテーブルに置き、少しずつずらしながら、先の尖った形をイメージして短めのユーカリを重ねていきます。
  4. 全て重ねて終わったら、しっかりと麻ひもまたはリボンで結びます。
  5. 完成です!ユーカリ特有の爽やかな香りが楽しめる、オリジナルなスワッグの出来上がりです。

おしゃれなインテリアになる、ユーカリのリースを作ろう

次にユーカリで作ったフレッシュなグリーンのリースをご紹介します。ボリュームたっぷりでふんわりと、少ないユーカリですっきりと、お好みに合わせて作ってみてくださいね。

材料

  • ユーカリグニー 1本
  • 蔓でできたリース (直径18㎝のもの) 1個
  • 麻ひも
  • 花切り鋏

作り方

  1. ユーカリの枝を7cm~8cmくらいに切り分けます。
  2. 麻ひもの端を土台になるリースに巻きつけ、しっかりと結びます。
  3. ユーカリの枝をリースに刺して絡ませ、適宜麻ひもできつく巻きつけながらユーカリを追加していきます。向きが一定方向になるよう注意します。
  4. きれいな輪になるようにユーカリを巻きつけたら完成です!テーブルの中心に置いたり、玄関のドアの飾りとしても楽しめます。壁掛けにする場合は、あらかじめ麻紐をリースの土台に通し、フックに固定するための輪っかを作っておきましょう。

ユーカリのスワッグ、リースともに時間が経つとドライになっていき、また違った趣きを味わえるのも魅力。綺麗な状態でドライにするには、

・なるべくフレッシュなユーカリを使う
・風通しの良い場所に飾っておく

以上の2点がポイントです。

アンティークな色合いの花材で。ドライフラワー&ユーカリのスワッグの作り方

ユーカリのスワッグやリースを作りたいけれど、忙しくてなかなかお花屋さんに行けない…。そんな方には、ドライになったユーカリや、ドライフラワーを使ったアンティークな色合いが素敵なスワッグはいかがでしょうか?ドライ花材は、ネット通販などでも手に入る上、鮮度を気にしなくてもいいのがポイント。時間がある時に取り寄せておけば、いつでもスワッグ作りに取りかかれますよ。今回は、主に秋~冬がシーズンの実ものや花材を使い、季節感を出してみました。

材料

  • ケイトウ3本
  • センニチコウ 4本
  • カスミソウ 2本
  • ピンクペッパーベリー 2本
  • ユーカリ 2本

(花材は全てドライ)

  • 輪を作った麻ひも(ドライユーカリのスワッグを参照)
  • 花切り鋏

作り方

  1. ユーカリを25cmほどの長さに切り、残りはランダムに切り分けます。根元付近の葉は持ちやすい程度に取り除いておきます。カスミソウは、25cmのユーカリの長さに合わせてカットします。
  2. 25cmのユーカリをテーブルに置き、上にカスミソウを重ね、次にまたユーカリを重ねて、カスミソウと交互に置いていきます。
  3. ピンクペッパーベリーと、センニチコウを加えます。
  4. 最後にケイトウを一番短くなるよう手前に加えます。
  5. 麻ひもでしっかりと結んで、完成です!ユーカリの落ち着いたグリーンとカスミソウのフワフワ感に、赤系の差し色を加えることで、華やかに仕上がります。

フレッシュなままでも、ドライにしてもインテリアとして長く楽しめるユーカリ。ぜひスワッグやリースで、その魅力を存分に味わってみてください。

最初はキットを使って作るのもおすすめ

「チャレンジしてみたいけど、材料や道具を買いに行く時間がない・・・」という方は、まず必要な材料が入っているキットから始めてみませんか?Craftieのハンドメイドキットサービス「Craftie Home」では、手軽にクリスマスアイテム作りができるオリジナルキットをご用意しています。

こちらは「Craftie Home」で販売中の「森のしずく ユーカリとヒムロスギのスワッグ」のキット。クリスマス時期ならではのエバーグリーン(常緑樹)を盛り込んだこちらのスワッグは、豊かな森から落ちてきた恵みのしずくをイメージしてデザインしました。キットには紙のレシピもついていて初心者の方にも分かりやすくなっています。

キットを見る

ワークショップで作ろう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

Craftieのワークショップはこちら

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。12月のBoxは、日本の伝統工芸である水引を使ったお正月飾りです。
松や稲穂、南天など、お正月にふさわしい縁起のよい花材に加え、ヒメワラビやユーカリといったトレンド感のあるプリザーブドフラワーもプラス。スペシャルギフトとして、お正月に出番の多い箸袋とぽち袋が作れる水引と折り紙がついています!

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【12月26日(月)10:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。