赤ちゃんとのお出かけに必須! おむつポーチの作り方

rino

赤ちゃんとのお出かけは、細々したアイテムを一式そろえる準備が必要ですよね。こちらのおむつポーチは、おむつにゴミ袋におしりふきと、おむつ関連グッズをまとめて入れられる便利アイテム。今回は、ミシンで作る手作りおむつポーチの作り方をご紹介します。

お出かけの必須アイテム「おむつポーチ」

おむつ・ごみ袋・おしりふきと、おむつ周りをひとつにまとめるおむつポーチは、赤ちゃんとのお出かけに必須のアイテム。使用済みおむつを捨てられない場面も多々ありますから、ゴミ袋もまとめておけるように、ゴミ袋や肌着を入れられる内ポケットもついています。ゴミ袋はたたんでおくと、取り出しやすくて便利です。

複雑な作りに見えますが、作ってみると意外とかんたん。レシピの順番通りに進めていけば、悩まずに作れます。

おむつポーチの作り方

それではさっそく、おむつポーチを作ってみましょう。
rino

完成サイズ 

幅23cm×奥行10cm×高さ15cm

材料

  • ラミネート生地 約55cm×55cm
    ビニールコーティングされたラミネート生地は、通常の生地より汚れにくいのでおむつポーチにぴったり。切りっぱなしでOKなので、短時間でかんたんに作れます。生地が硬いので、手縫いだとちょっと大変です。ファスナー付けもあるのでミシンで作るのをおすすめします。

    赤ちゃんのおむつ卒業まで使うものですから、ママの気分が上がる柄の布地を選んで作ってみてください。

    おむつポーチの作り方

    rino かわいいデザインもいっぱいのラミネート生地

  • ファスナー 約40cm×1本

道具

  • ミシン
  • ハサミ
  • ミシン糸
  • まち針

所要時間

約1時間(個人差があります)

作り方

  1. 画像のサイズを参考に型紙を作ります。赤い斜線は縫い代で、1cmの幅をとっています。
    おむつポーチの作り方

    rino

  2. 「わ」部分が輪になるように、型紙を生地で挟んでカットします。輪にした部分を切らないように注意しましょう。
    おむつポーチの作り方

    rino

  3. 持ち手とポケットになる生地もカットします。
    持ち手は横14cm×縦7cmにカットして、筒状に縫い、約3cm幅のテープ状にします。同じくらいの幅のゴムバンドやアクリルテープでもOKです。
    おむつポーチの作り方

    rino



    ポケット用に布を横25cm×縦13cmほどにカットし、ポケット上のみ(口になる部分)三つ折りして縫います。

     
  4. 型紙でカットした生地を広げて、写真のようにポケットとファスナーを縫い付けます。
    おむつポーチの作り方

    rino


    ポケットは三つ折りして縫ったほうを上にして、下は内側に織り込んでコの字に縫いましょう。
    おむつポーチの作り方

    rino

  5. 型紙の形になるよう「わ」のところを折り、ファスナーのもう片方も縫い合わせます。
    おむつポーチの作り方

    rino

  6. ファスナーをセンターにして写真のようにやっこ型にたたみ、両脇(赤点線)を縫います。
    おむつポーチの作り方

    rino

  7. 両サイドを立ち上げます。
    おむつポーチの作り方

    rino

  8. まち針を使って、写真のように仮止めをします。
    おむつポーチの作り方

    rino

  9. ファスナーが閉まる側に持ち手を挟んでマチ針でとめ、サイド4か所を縫います(赤点線)。
    おむつポーチの作り方

    rino


    ここで注意! 表に返す時の返し口になるように、ファスナーは少し開けて縫ってください。
    おむつポーチの作り方

    rino

     
  10. 縫い終えたら、ファスナーの開いた所から表にひっくり返します。
    おむつポーチの作り方

    rino

  11. ポーチの形を整えて完成です!

    rino

    rino

収納力抜群!おしりふきもゴミ袋も入る手作りおむつポーチ

おむつポーチの作り方

rino

新生児サイズのおむつなら10枚ほど、パンツタイプのおむつも6枚ほど入る大容量です。一緒にお尻拭きも入れたら、お出かけの時のトイレセットが完成です。

手作りおむつポーチをお出かけに連れていこう

おむつポーチの作り方

rino

持ち手付きなので、ベビーカーのフックにかけても便利です。布の色柄を変えて、使用済みのおむつを入れるポーチとしてもう1つ作るのもいいですね。また、型紙を大きく作れば、おもちゃやお菓子などのグッズをまとめるポーチを作ることもできます。

ぜひ作ってみてくださいね!

手芸アイテムをワークショップで作ろう!

一人で作るのは難しい……! まずは体験してみたい! と感じたら、Craftieでワークショップを探してみませんか。専門家によるクラフト体験のワークショップが見つけられます。初心者の方、気軽にものづくりにチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

Craftieでワークショップを探す

このレシピのデザイナー

rino
モノづくりの仕事をしてきた経験を生かし、”作れそうなモノは作ってみよう”の気持ちで手軽に出来るハンドメイドを楽しんでいます。ほっこり石粉粘土ブローチ作家norinoとして活動中。Instagram: @rinonori3

ライター

ときよし
ときよし
銭湯と猫を愛する編集&ライター。ハンドメイドはとつぜん始めてとつぜん休む、浅く広く、今日ものんびりやっています。