お気に入りに追加しました

お気に入りを解除しました

ベビーオイルを使った、お手軽ハーバリウムの作り方

allish

ハーバリウムを手軽にハンドメイドしよう

ハーバリウムはドライフラワーやプリザーブドフラワー等を専用オイルでガラス瓶等に漬けて保存する植物標本です。光や水を与える必要がないため、お好きな場所に置くことができます。

本物のお花を使用しているので、綺麗に長く保存するためには専用のオイルなどを使うことをおすすめしますが、「ちょっと試しに作ってみたい」という方は、簡単に手に入るベビーオイルで練習してみましょう。

ハーバリウムのオイルについての詳しい記事はこちら→ハーバリウムを長く綺麗に楽しむためのオイル選び

ベビーオイルを使った、ハーバリウムの作り方

一般的にハーバリウムで使われるオイルは流動パラフィンというものですが、ここでは代用品としてポピュラーなベビーオイルを使った作り方をご紹介します。

材料

  • ベビーオイル
  • エタノール(消毒用)
  • ドライフラワーやプリザーブドフラワー
  • 密封可能なガラス瓶
  • 長めのピンセット

材料を揃えるのが大変、必要な量だけ欲しいという方はキットを使って作るのもおすすめです。
Craftieオリジナルのハーバリウムキットでハーバリウム作りを始めてみませんか。

ハーバリウムのキットを見る

作り方

  1. 容器を洗剤で丁寧に洗い、しっかり乾かします。 
  2. エタノールをコットンにしみ込ませ、容器内を消毒します。消毒し終わったら再度乾燥させます。 
  3. 容器の中にお好きなドライフラワーもしくはプリザーブドフラワーをピンセットで入れ、ゆっくりとベビーオイルを注ぎ入れます。ピンセットで微調整しながらベビーオイルを注ぎ終えたら密封して完成です。

ドライフラワー・プリザーブドフラワーの種類を変えればアレンジ無限大

中に入れるお花の種類や色で様々なテイストのデザインを作ることができます。プリザーブドフラワーやドライフラワーはオンラインの通販で購入することも出来ますし、大手の手芸店や花材専門店でも購入できます。また、プリザーブドフラワーはセットで少しずつ色々なお花を楽しめるものも販売されています。まずはセットを購入して少しずつお好みのお花を集めていくのもおすすめです。

容器の形でもイメージが変わります

容器の形のデザインによっても雰囲気がガラッと変わります。色々なハーバリウムのボトルの形を見てみましょう。イメージに近いものを探す際の参考にしてくださいね。

オーバル型
下がぷっくり膨れていて可愛らしいフォルムのガラス瓶です。

スタッグ型
太めの円柱型のボトルのようなガラス瓶です。

スリムボトル型
スタイリッシュな細身のボトルです。茎が長めのお花を入れる時にもおすすめ。

最初はキットを使って作るのもおすすめ

「チャレンジしてみたいけど、材料や道具を買いに行く時間がない・・・」という方は、まず必要な材料が入っているキットから始めてみませんか?Craftieのハンドメイドキットサービス「Craftie Home」では、手軽にハーバリウム作りを始められるオリジナルキットをご用意しています。

こちらは「Craftie Home」で販売中の「ふわりと香る ハーバリウムのルームフレグランス」のキット。ハーバリウムとして目で見て楽しむだけでなく、ルームフレグランスとして香りも楽しめる”二刀流”が魅力のキットです。キットには紙のレシピもついていて初心者の方にも分かりやすくなっています。

キットを見る

ハンドメイド好きなあなたへ、毎月届くハンドメイドキット「Craftie Home Box」2期生受付中♪

毎月異なるハンドメイド体験をお届けしているサブスク定期便「Craftie Home Box」。今月Craftie Homeがお届けするのは、お花も楽しめて、好みのラベルでカスタムできるディフューザーです。その香りは、スッキリとしたフローラルベースで多くの人に好まれるカクテルブーケ。顔を近づけるとほのかに爽やかさも漂い、春の訪れを感じさせます。

スペシャルギフトは、ディフューザーボトルを彩る11種類のCraftie Homeオリジナルデザインラベルシール♪ 早春を告げるミモザのリードディフューザーで、一足早い春をおうちに迎えてみませんか?

Craftie Home Boxは1回からのお試し購入も大歓迎です♪お申し込みは【2月28日(火)15:00】まで。お見逃しなく!※受付状況により、早く締め切る場合がございます。

Craftie Home Boxを見る

ライター

Craftie Style編集部
Craftie Style編集部
アート・クラフト・ものづくりを通して、日々の暮らしの楽しさ、彩り、新たなコミュニティを生み出すこと。そのきっかけを作るためのコンテンツをお届けします。